2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« マイノリティを生み出す認識の社会的構造,拡声器騒音被害をめぐって(大門信也) | トップページ | 橋下・大阪府知事、弁護士業務停止2カ月の処分 »

2010年11月30日 (火)

広島県 海田町 訃報の無線放送を再開

2010/07/07 (Wed) 19:41:30

中国新聞より
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201005260034.html

(引用始め)

訃報の無線放送を再開 海田

 広島県海田町は6月、防災行政無線の訃報(ふほう)放送を再開する。個人情報を流すことへの疑問や苦情を受けて3月末で中止、防災情報の放送に特化していた。今度は中止への苦情や抗議を受け、再開を決めた。
 町によると、4月以降「葬儀があるのを知らなかった」などの苦情が町役場に6件あった。町議会全員協議会や自治会長会議でも再開を求める意見が出た。町は放送中止に先立つ住民説明で反対はなかったというが、止めると再開を望む声が出てきたという。
 訃報を流していた3月以前には、音量が大きいとの苦情や、放送への慣れで緊急度の高い情報に反応しなくなるとの指摘があった。このため再開にあたっては、防災関連など緊急度の高い情報は音量を上げたりサイレンを鳴らしたりする。

(引用終わり)

<「葬儀があるのを知らなかった」などの苦情が町役場に6件あった。>

この苦情は、町役場にするべきものでしょうか。
葬儀の主催者にすべきです。
電話や電子メールなど他に知らせる方法があるでしょう。

« マイノリティを生み出す認識の社会的構造,拡声器騒音被害をめぐって(大門信也) | トップページ | 橋下・大阪府知事、弁護士業務停止2カ月の処分 »

拡声器騒音・文化騒音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/36226270

この記事へのトラックバック一覧です: 広島県 海田町 訃報の無線放送を再開:

« マイノリティを生み出す認識の社会的構造,拡声器騒音被害をめぐって(大門信也) | トップページ | 橋下・大阪府知事、弁護士業務停止2カ月の処分 »

ウェブページ

無料ブログはココログ