2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 四国中央市の井原巧市長 | トップページ | 迷惑曲 »

2010年11月27日 (土)

ラブパレード(ドイツ)

Wikipediaより

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%91%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%89

 

(引用始め)

 

ラブパレード(LOVE PARADE)は、毎年7月にドイツ(過去はベルリン)で行われる世界最大規模のレイヴである。

ベルリン市内の617日通りを行き来する多数のフロート(サウンド・システムを積んだトレーラー)を中心に参加者が踊り、練り歩く。終盤には戦勝記念塔下に皆が集結し、ファイナルギャザリングでのDJプレイでクライマックスを迎える。「パレード」の名の通り、本来は政治的デモ行動として行政当局にも開催を認められていた。

開始は1989。当初はDJであるDr.Motteにより始められた150人程の小さなパレードであったが、毎年参加者が増え続け、ピークの1999には国内外から最高の150万人を動員した。しかしその反面、現在ではもはや単なる商業的・観光的イベントになったという批判もあり、パレード終了後の膨大なゴミ問題なども深刻化。行政当局もデモではなく商業イベントという判断から開催費用捻出を拒否するようになり、2004には資金難を理由に中止を余儀なくされた。その後、2005も開催を見合わされたが、フィットネス事業などを手がけるMcFit社をメインスポンサーに迎え"The Love is back and alive!"をキャッチコピーに20067月153年ぶりに開催された。 その後、ベルリン市が開催を拒否。2007年から2011年までは、エッセンドルトムントなどルール地方の各都市が毎年待ちまわりで開催されることとなったが、2009年度の開催は中止された(予定されていた都市はボーフム)2012年以降については未定である。

日本からはドイツ・テクノシーンと関係の深い石野卓球などがDJとして参加しており、特に石野は1998年にはパレードのフィナーレを飾るベルリン戦勝記念塔広場でのファイナル・ギャザリングでもDJプレイしている。

また近年では、名称がライセンスされ世界各地でラブパレードの名を冠したイベントが開催。ベルリンにおいては開催時期に「ラブウィーク」と称して多数のパーティ・イベントが行われている。

 

(引用終わり)

 

ラブパレードに参加するのは、一部の(若い)人だけなのでしょうか。

ドイツ人は、静寂を愛するようなイメージがあったのですが、、、

ドイツ人の方、ドイツに住んだことのある方、実際の所はどうなのでしょうか。

« 四国中央市の井原巧市長 | トップページ | 迷惑曲 »

拡声器騒音・文化騒音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/36185066

この記事へのトラックバック一覧です: ラブパレード(ドイツ):

« 四国中央市の井原巧市長 | トップページ | 迷惑曲 »

ウェブページ

無料ブログはココログ