2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« なるほドリ:だんじり祭りの歴史は? | トップページ | 千葉刑務所、心神喪失被告人を16年拘置、目にはし刺し死亡 »

2010年11月29日 (月)

福井刑務所・トイレ許可せず

朝日comより

http://www.asahi.com/national/update/0929/OSK201009290082.html

 

(引用始め)

トイレ許されず受刑者失禁…国に5万円賠償命令

20109291410

 

福井刑務所(福井市)の男性受刑者(32)が作業中にトイレの利用を許可してもらえずに失禁し、精神的、肉体的苦痛を受けたとして、国に慰謝料など計90万円の損害賠償を求めた訴訟で、福井地裁(坪井宣幸裁判長)は29日、国に慰謝料など5万円を支払うよう命じる判決を言い渡した。

 判決によると、男性は2008年3月31日午前11時50分ごろ、同刑務所内の洗濯工場で作業中、トイレに行きたいと刑務官に訴えたが、許可されず、作業を続けさせられて正午過ぎに失禁した。国は「男性からの申し出は作業終了の5分前で、作業を終えてから食堂へ移動する際に用便をすることができた」などと主張していた。

 判決は「当時用便に行くことを許可しても、工場内の規律の維持、受刑者の更生に障害が生じる一定程度の可能性があったとは認められない」と指摘。トイレの利用を許可しなかったことと男性の失禁の因果関係は認めなかったが、「我慢を余儀なくされたことで精神的苦痛を受けたと認められる」と判断した。(笹川翔平)


(引用終わり)

一人の受刑者がトイレに行くぐらい何の問題があるのでしょう。

<トイレの利用を許可しなかったことと男性の失禁の因果関係>を認め、損害額を増やすべきです。


« なるほドリ:だんじり祭りの歴史は? | トップページ | 千葉刑務所、心神喪失被告人を16年拘置、目にはし刺し死亡 »

憲法・人権」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/37020356

この記事へのトラックバック一覧です: 福井刑務所・トイレ許可せず:

« なるほドリ:だんじり祭りの歴史は? | トップページ | 千葉刑務所、心神喪失被告人を16年拘置、目にはし刺し死亡 »

ウェブページ

無料ブログはココログ