2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 宮崎刑務所・受刑者虐待・不起訴処分 | トップページ | 京都・製菓工場損賠訴訟 »

2010年11月29日 (月)

発達障害児

毎日jpより

http://mainichi.jp/kansai/news/20100714ddn012040050000c.html

 

 

(引用始め)


 

発達障害児:もう大声を出すことない 光の色で声量調整 発光ダイオード活用新装置

 

 ◇国内初、愛媛大准教授開発

 

 周りの状況に応じて声の大きさを調整することが苦手な発達障害児らのため、LED(発光ダイオード)の明かりで自分の声量を認識できる教育支援ツール「光る声の物差し」を愛媛大教育学部の苅田知則准教授(37)=特別支援心理学=が国内で初めて開発した。光を見て声の大きさを自分でコントロールすることができ、場の雰囲気を把握できる効果がある。今秋から特別支援学校などで実証研究し、商品化を目指す。

 

 発達障害は脳の機能的な障害で、周囲とのコミュニケーションがうまく図れないことがある。

 

 苅田准教授によると、健常者も興奮すると声が大きくなるが、周囲の反応を見て声量を調整することはできる。一方、発達障害者は調整が苦手なため、教室や乗り物内などで大声を出してしまい、注意されたりいじめを受けるなどの体験が重なり、ストレスで精神疾患を発症するなどの2次障害を起こすこともある。

 

 小学校や特別支援学校では現在、声の大きさを5段階に色分けした紙「声の物差し」を使い、教師が指で示して発達障害児に適正な声量を教えている。苅田准教授は、教師がいなくても1人で訓練でき、リアルタイムで自分の声量が分かる装置を2年がかりで開発した。

 

 装置は縦8・6センチ、横12・5センチ、幅3・2センチのプラスチック製の箱で、声量をセンサーが感知し、横に並んだLEDが声の大きさに応じて発光する仕組み。人がうるさいと感じる90デシベル以上は赤色、適切な範囲なら緑色に光る。LEDの下に「耳をふさぐ」「笑顔」「聞こえない」のポーズの絵も張り、子供に分かりやすいよう工夫している。

 

 02年の文部科学省の調査では、発達障害の可能性がある人は小中学生で6・3%と推計されている。

 

 苅田准教授は「社会生活を考えると、声量の調整の訓練は大きな課題。子供のうちに体得することが大切だ」と話している。【栗田亨】


 

(引用終わり)


 

<社会生活を考えると、声量の調整の訓練は大きな課題。子供のうちに体得することが大切だ>

 

<社会生活を考えると、>拡声器による<声量の調整の訓練は大きな課題。子供のうちに体得することが大切だ>

 

<子供のうちに体得>出来ずに、大人になってしまった選挙の立候補者・家電回収業者に何を言っても無駄なのでしょうか。

発達障害の子どもたち (講談社現代新書)

« 宮崎刑務所・受刑者虐待・不起訴処分 | トップページ | 京都・製菓工場損賠訴訟 »

拡声器騒音・文化騒音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/36577724

この記事へのトラックバック一覧です: 発達障害児:

« 宮崎刑務所・受刑者虐待・不起訴処分 | トップページ | 京都・製菓工場損賠訴訟 »

ウェブページ

無料ブログはココログ