2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 片田珠美(精神科医で神戸親和女子大教授),中尾英司(家族カウンセラー) | トップページ | 大迷惑・騒音公害・灯油巡回販売について »

2010年11月27日 (土)

受動喫煙:死者は毎年6800人

毎日jpより

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100928k0000e040046000c.html

 

 

(引用始め)


 

受動喫煙:死者は毎年6800人…厚労省研究班推計

 

 受動喫煙が原因で肺がんや心臓病で死亡する成人は、国内で毎年約6800人に上るとの推計値を厚生労働省研究班が28日、発表した。女性が約4600人と被害が大きく、半数以上の約3600人は職場での受動喫煙とみられる。主任研究者の望月友美子・国立がん研究センタープロジェクトリーダーは「年間の労災認定死が約1000例であることを考えると、甚大な被害だ。行政と事業者は、労働者の健康を守る責任を認識すべきだ」と話している。

◇「半数は職場で」

研究班は、2005年に実施された受動喫煙状況に関する調査を基に、たばこを吸わない成人約7600万人のうち、女性(約4800万人)の約30%と男性(約2800万人)の約6%は家庭で、女性の約20%と男性の約30%は職場でそれぞれ受動喫煙にさらされていると推定(重複あり)。受動喫煙により、肺がんや虚血性心疾患などの病気になる危険性が1.2~1.3倍になることが国際機関や同センターの疫学調査により明らかになっており、受動喫煙によって増えるリスクから死者数を推計した。

 その結果、肺がんで死亡した女性(年間約1万8000人)の約8%と男性(同約4万9000人)の約1%、虚血性心疾患の女性(同約3万4000人)の約9%と男性(同約4万2000人)の約4%の計約6800人は受動喫煙が原因と判断した。

◇受動喫煙◇

健康増進法は「室内かそれに準ずる環境で、他人のたばこの煙を吸わされること」と定義。喫煙者がフィルターを通して吸った「主流煙」よりも、たばこの先端から立ち上る「副流煙」に、より多くの有害物質が含まれるとされる。健康被害を防ぐため厚生労働省は2月、飲食店やホテル、百貨店など多くの人が利用する公共的な施設に対し、建物内での全面禁煙実施を求める通知を出した。神奈川県は4月、全国初となる受動喫煙防止条例を施行した。

毎日新聞 2010928日 1257分(最終更新 928日 1309分)


 

(引用終わり)


 

どういう計算なのかいまいち良く分かりませんが、喫煙者達は<国内で毎年約6800人>を死なせているそうです。

 

今の日本では、<厚生労働省>が2010年<2月>に出した「飲食店やホテル、百貨店など多くの人が利用する公共的な施設に対し、建物内での全面禁煙実施を求める通知>は全く守られていません。

おわり

« 片田珠美(精神科医で神戸親和女子大教授),中尾英司(家族カウンセラー) | トップページ | 大迷惑・騒音公害・灯油巡回販売について »

嫌煙権」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/37340926

この記事へのトラックバック一覧です: 受動喫煙:死者は毎年6800人:

» ふるさと青汁 [ふるさと青汁]
マイケアのふるさと青汁を飲んでいる主婦によるふるさと青汁の口コミサイトです。 [続きを読む]

« 片田珠美(精神科医で神戸親和女子大教授),中尾英司(家族カウンセラー) | トップページ | 大迷惑・騒音公害・灯油巡回販売について »

ウェブページ

無料ブログはココログ