2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 京都・製菓工場損賠訴訟 | トップページ | 再生工房(グローバルマネジメント)・行政処分 »

2010年11月29日 (月)

U2、音量が大きすぎてスペインで罰金

Yahooニュースより

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100827-00000739-bark-musi

 

 

(引用始め)


 

U2、音量が大きすぎてスペインで罰金

8281125分配信 BARKS

 

U2がスペインで騒音が大きすぎたことから罰金を科せられた。バンドは360°ツアーのリハーサル中に騒音のレベルを超えたことで地元住民の怒りを買い、18000ユーロ(190万円)の罰金を請求されたと報じられている。

地元当局が発表した声明文によると、バンドは「深夜までリハーサルを行ない、予定時間を2時間も延長し、音量は当局が設定したものを超えていた」ことから罰金を命じられたのだという。

バンドは20096月に騒音に対しての苦情を受けた際は、地元サッカースタジアムでリハーサルを行なっていた。またバンドは2009年、出身地であるアイルランド、クローク・パークでのコンサートの後、地元住民から苦情を受けたことで騒音のレベルを超えていたことが発覚し、36000ユーロ(380万円)の請求をされている。

一方バンドは昨夜825日にロシアでの初となるコンサートを首都モスクワで行ない、観客の中には元大統領のミハエル・ゴルバチョフも姿を現していた。今回の公演では、ボブ・ディランの「天国への扉」をロシア人歌手ユリ・シェブチャクとのパフォーマンスを含むセットを行なっている。

モスクワでボノがロシアのドミトリー・メドベージェフ大統領と会談している際、ギタリストのジ・エッジはロシア人宇宙飛行士たちと時間を過ごしていたそうだ。

BANG Media International


 

(引用終わり)


 

<音量は当局が設定したものを超えていた>

 

これは、何デシベルくらいだったのでしょうか。

 

億単位の収益があるU2側からすると、<190万円の罰金>ぐらい簡単に払えるのでしょう。

あまり抑止力になっていません。

ただ、無いよりはマシです。

日本でも、罰金刑を科して欲しいです。

日本では、盆踊りや花火に(恐らく)規制が無く(仮にあっても取り締まる気が無く)、無法状態になっています。

地球音楽ライブラリーU2

« 京都・製菓工場損賠訴訟 | トップページ | 再生工房(グローバルマネジメント)・行政処分 »

拡声器騒音・文化騒音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/36417315

この記事へのトラックバック一覧です: U2、音量が大きすぎてスペインで罰金:

« 京都・製菓工場損賠訴訟 | トップページ | 再生工房(グローバルマネジメント)・行政処分 »

ウェブページ

無料ブログはココログ