2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 週刊ストーリーランド 「殺意を生む騒音」 | トップページ | 京都、「犬うるさい」と切りつけ »

2010年12月10日 (金)

近所の子供の騒音を止めたい女性、トップレスで外に出たら静かになる

らばQより、海外(カナダ)からのニュースを投稿します。

http://labaq.com/archives/51471362.html

 

(引用始め)

 

近所の子供の騒音を止めたい女性、トップレスで外に出たら静かになる

20100628 07:42

 

カナダのトロントに住む女性マリカ・デ・フロリオさん(56歳)は、近所の5歳の子供が静かな通りをおもちゃの4輪バギーで走り回るため、爆音に悩まされていました。

騒音に耐えられなくなった彼女は、そこである解決策を思い付きます。

それはなんと、上半身裸のトップレスになって表に出るというものでした。

どういう効果があったかというと、子供の祖父母であるマイク・ベリーさんとナンシーさん夫婦が、あわてて子供を家の中に連れて帰るようになったそうです。

マリカさんはこの手は使えると、子供もがバギーに乗る度にトップレスになって外に出るようになりました。

以前の平穏を取り戻すためなら何でもするというマリカさんによると、警察が何もしてくれないから自分で解決するためトップレスになったとのことで、自分がした行動の中では一番勇気が必要だったとも伝えています。

子供の祖父母はこの件で警察に通報したそうですが、カナダでは女性がトップレスになることは許されていることから違法ではないそうで、トップレスになったという理由で起訴されたケースは1996年以降ないとのことです。

もっとも2年前に子供の祖父母が引っ越してきてから、近所同士の争いへと発展していたようで、何かにつけお互い苦情を申し立てている関係のようですが……

欧米にはトップレスになる理由や権利を主張する人は少なくないですが、子供を静かにさせるためというのも面白い理由ですよね。

もちろん子供の祖父母は、子供の前でトップレスになるのは正しいことではないと憤慨しているようで、問題はしばらく続きそうです。

とりあえず効果があったということで良いんだか、悪いんだかよくわからないニュースでした。

Woman flashes breasts for peace and quiet

 

(引用終わり)

 

恐らく日本では公然わいせつ罪などが成立しそうです。

よって、あまり参考にならないかもしれません。

 

ただし、<以前の平穏を取り戻すためなら何でもする>、<警察が何もしてくれないから自分で解決する>という<勇気>は、学ぶものがあります。

 

このような近隣騒音は日本でも海外でも同じなのですね。

日本から脱出すれば何とかなると思っていたのですが、がっかりです。

 

おわり

« 週刊ストーリーランド 「殺意を生む騒音」 | トップページ | 京都、「犬うるさい」と切りつけ »

近隣騒音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/38029946

この記事へのトラックバック一覧です: 近所の子供の騒音を止めたい女性、トップレスで外に出たら静かになる:

« 週刊ストーリーランド 「殺意を生む騒音」 | トップページ | 京都、「犬うるさい」と切りつけ »

ウェブページ

無料ブログはココログ