2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 拡声器を使う灯油の巡回販売車への行政処分請求 | トップページ | 「だんじり」の練習・21時以降も拡声器使用 »

2011年1月11日 (火)

体育会系気質と拡声器騒音

「年報・死刑廃止2007」(2007年10月、インパクト出版会、29ページ)より引用します。

 

安田好弘弁護士<マスメディアが、文学青年ではなく体育会系の人たちに支配されてしまったという気がする。>

 

1)私はマスメディアだけではなく、日本社会全体が体育会系の人たちに支配されていると確信しています。

“だんじり”、運動会などの拡声器騒音・文化騒音には、日本に特有の“体育会系気質”が関係している場合があるように思います。

 

2)日本では、軍隊(旧日本軍)を薄めた物として、自衛隊・警察・暴力団・珍走団・刑務所・自動車免許の教習所・だんじりなどの祭り・(運動系の)クラブ活動・運動会・体育などがあります。

これらにある“体育会系気質”が、濃度の程度の差はあるのでしょうが、人間を支配するための道具として利用されていると思います。

そして、この人間の頭の中を支配するための道具として、拡声器が利用されているような気がします。

 

3)本来なら、団結して国家権力に立ち向かうべき一般大衆が、だんじりなどの祭り・(運動の)クラブ活動・運動会・体育などを喜んで行うのです。

日本の多くの人は(国家)権力・強い者・大きなものに支配されたいのでしょうか?

不思議です。

 

4)なお、この本は「年報・死刑廃止」ですが、死刑廃止について書かれているのは半分くらいで、残りの半分は「死刑」についての資料集になっています。

よって、死刑存置派の方にとっても、批判するために読むだけではなく、資料としての価値があります。

 

おわり

« 拡声器を使う灯油の巡回販売車への行政処分請求 | トップページ | 「だんじり」の練習・21時以降も拡声器使用 »

拡声器騒音・文化騒音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/38424777

この記事へのトラックバック一覧です: 体育会系気質と拡声器騒音:

« 拡声器を使う灯油の巡回販売車への行政処分請求 | トップページ | 「だんじり」の練習・21時以降も拡声器使用 »

ウェブページ

無料ブログはココログ