2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 八尾空港・セスナやヘリコプターの低空飛行による騒音 | トップページ | 統合失調症:救えた命では…13病院受け入れられず »

2011年1月12日 (水)

統合失調症:腸閉塞の男性患者 受け入れ先なく死亡 東京

毎日jp20101226日)より

http://mainichi.jp/select/science/news/20101226k0000m040112000c.html

 

(引用始め)

 

統合失調症:腸閉塞の男性患者 受け入れ先なく死亡 東京

 東京都東久留米市で昨年2月、体調不良を訴えた統合失調症の男性(当時44歳)が救急搬送されずに腸閉塞(へいそく)で死亡した。救急隊は2時間 半にわたり受け入れ先を探したが、13病院に受け入れられず搬送を断念した。「精神科などの専門医がいない」「病床がない」などが病院側の理由だった。高 齢化や自殺未遂で精神障害者が身体疾患にかかるケースが増えているが、両方の症状を診られる病院が少ないため搬送が難航している。精神と身体の合併症患者 を受け入れる体制の不備が浮かび上がった。

 心身合併症 減る受け皿

 男性の家族が情報公開請求して開示された東京消防庁の記録や家族の証言によると、男性が死亡するまで次のような経緯をたどった。

 昨年2月14日(土)20・00すぎ 男性が母親に「具合が悪いから医者に連れていってくれる?」と訴える。病院は医師などの配置が手薄な休日・夜間体制

 21・55 母親が119番通報

 22・00ごろ 東久留米市消防本部(現在は東京消防庁に編入)の救急車が自宅に到着

 22・40 母親の呼びかけに応答なし。救急隊員はすぐに生命にかかわる重症ではないが、意識障害があるとみて2次救急医療機関への搬送が必要と 判断。自宅前に救急車を止めたまま内科や脳外科がある救急病院に対し、両親から聞いた本人の病歴を伝えた上で、受け入れを要請する電話をかけ始める

 翌15日(日)1・10 13カ所目の病院に受け入れを断られ、搬送を断念。救急隊は容体に変化がないとして3次救急医療機関には受け入れ要請せず、男性を自宅へ運び入れる

 9・00ごろ 母親が同じ消防本部に「病院を探してほしい」と連絡し、消防も探したが見つからない。その後、父親が男性の通院先の精神科病院へ行 き、治療を頼んだが「休日で対応できない」と断られる。両親はほかに2カ所の病院に電話で受け入れを依頼したが、これも断られる

 14・00 男性の心臓が動いていないことに気づいた両親が119番通報したが、すでに死亡。大学病院での解剖の結果、死因は腸閉塞と判明

 東京消防庁の記録によると、救急隊員が受け入れ要請した13病院の内訳は総合病院5大学病院4精神科病院3都立病院1。断った理由は「専門外」(精神科などの専門医がいない)5理由が不明確な「受け付けられず」4「満床」4--だった。

 このうち要請記録が残っていた2病院が取材に応じ、当時の状況を説明した。

 多摩地区の精神科病院は救急隊が連絡した患者の容体から「脳などの疾患が疑われる」と判断。検査設備や医療機器がないため受け入れを断り、検査ができる他の病院へ運ぶよう頼んだという。

 多摩地区の大学病院は救急隊から連絡があった時、すでに他の救急患者の治療をしていた。「対応できるベッドが空いていなかった」という。

 このほか複数の病院が今回のケースではなく、一般的な事情を説明した。総合病院や大学病院によると休日や夜間はスタッフが少なく、治療後も目が 離せない精神疾患に対応するのは困難当直医が精神障害者の診療で苦労した経験がある--などの理由で受け入れられないという。【江刺正嘉、奥山智己、堀 智行】

 2次救急医療機関

 入院が必要な救急患者に対応する医療機関。交通事故や脳卒中などで命にかかわる患者は3次救急医療機関(救命救急センター)で入院治療する。精神 障害者は自覚症状が乏しかったり、正確に伝えられないことが多いため、2次救急医療機関への搬送後、重篤と判明することもある。

 

毎日新聞 20101226日 235

 

(引用終わり)

 

<体調不良を訴えた統合失調症の男性(当時44歳)が>、<当直医が精神障害者の診療で苦労した経験がある>等の理由で、<救急搬送されずに腸閉塞(へいそく)で死亡した。>そうです。

精神障害(統合失調症)という自分の意思ではどうすることも出来ない「属性」により、病院に拒否(社会的排除)され、その結果、死亡してしまいました。

 

ここで、<搬送>されていても助からなかったかもしれない、という反論がありそうですが、ここでは“医療機関による治療を受ける権利”(憲法13条前段、25条)、および法の下の平等(憲法14条1項)の侵害を問題にしたいのです。

 

仮に、<当直医が精神障害者の診療で苦労した経験がある>としても、それはその特定の<精神障害者>だからでしょう。

この事件の男性とは無関係です。

 

その病院が国立・公立なのか私立なのかは分かりませんが(私立の場合は私人間効力となります)、日本国憲法の最高の価値である個人の尊重(憲法13条)、すなわち、一人ひとりが皆違い、その一人ひとりを大切にするということが実現出来ていないのです。

 

おわり

障害は心にはないよ社会にあるんだ―精神科ユーザーの未来をひらこう

« 八尾空港・セスナやヘリコプターの低空飛行による騒音 | トップページ | 統合失調症:救えた命では…13病院受け入れられず »

精神科医療・福祉・自殺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/38438834

この記事へのトラックバック一覧です: 統合失調症:腸閉塞の男性患者 受け入れ先なく死亡 東京:

« 八尾空港・セスナやヘリコプターの低空飛行による騒音 | トップページ | 統合失調症:救えた命では…13病院受け入れられず »

ウェブページ

無料ブログはココログ