2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 住居侵入:警視庁の警部補逮捕 のぞき目的 千葉・船橋 | トップページ | 「うるさい日本の私」(中島義道、日経ビジネス人文庫、2011年1月、700円) »

2011年1月18日 (火)

アニメ「RAINBOW 二舎六房の七人」

1)現在、アニメ「RAINBOW 二舎六房の七人」(原作・安部譲二、柿崎正澄、小学館ヤングサンデーコミックス)を少しずつ観ています。

一年くらい前のテレビ放送(日本テレビ系・マンデーパーク)を録画していたものです。

雑誌・週刊ヤングサンデーでかなり昔(10年ほど前)に連載されていたと記憶していますが、最近アニメ化されたようです。

 

公式サイト

http://www.ntv.co.jp/rainbow/

 

2)初めの舞台は、戦争直後の少年院です。

敗戦直後の混乱した日本社会、社会の矛盾は弱者である子供達に襲いかかります。

貧しさや貧しさによる人間不信ゆえに犯罪を犯してしまった7人の少年達の物語です。

初めのうちは、アンちゃん(桜木六郎太)と他の6人が対立するのですが、様々な事件を経て信頼関係が出来上がります。

(自分の身を犠牲にして仲間を助けるのが主なのですが、基本は暴力です。)

その後、それぞれの特技を活かし、医務官や教官や他の収容者からの暴力(殺人未遂です)に立ち向かいます。

 

3)林原めぐみの極力感情を入れないナレーションが、少年たちの孤独感・絶望感を引き立てます。

エヴァンゲリオンの綾波レイに近いのかも知れませんが、女になった時のらんま(らんま2分の1)と同じ声優だとは思えません

4)少し時代が違いますが、元死刑囚の永山則夫氏もこのような感じなのでしょう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B8%E5%B1%B1%E5%89%87%E5%A4%AB

 

また、医務官による虐待は、最近の徳島刑務所での事件を思わせます。

http://www.news.janjan.jp/government/0712/0712040673/1.php

良くあることなのでしょうか?

 

5)なお、私は、野本龍次(通称バレモト)に感情移入しています。

彼は、いろいろな知識があり、作戦を立てたりするのですが、その作戦は多くの場合失敗し、バレてモトモトなので、「バレモト」と呼ばれているそうです。

 

6)この7人は、何かある度に煙草を回して吸うところが少し気になります。

全員が煙草好きという前提なのでしょうが、一人でも煙草が嫌いな人がいたらどうするのかな、と思ってしまいます。

また、においで刑務官に知られそうな気がするのですが、刑務官も黙認しているのでしょうか?

 

7)私は、まだ真理雄(声・小栗旬)達が少年院を脱走(「うさぎ」と言うそうです)した所までしか見ていませんが、これからどうなるのか楽しみです。

 

是非観てみて下さい。

お勧めします。

 

おわり

« 住居侵入:警視庁の警部補逮捕 のぞき目的 千葉・船橋 | トップページ | 「うるさい日本の私」(中島義道、日経ビジネス人文庫、2011年1月、700円) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/38518736

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ「RAINBOW 二舎六房の七人」:

« 住居侵入:警視庁の警部補逮捕 のぞき目的 千葉・船橋 | トップページ | 「うるさい日本の私」(中島義道、日経ビジネス人文庫、2011年1月、700円) »

ウェブページ

無料ブログはココログ