2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 探偵ファイルより「働く人の憂鬱シリーズ ~廃品回収員~」 | トップページ | チョPD、ツイッターに選挙の風景を批判する新曲発表 »

2011年1月31日 (月)

【仏国ブログ】日本はマイクや拡声器を使う機会が多い?

Searchinaニュース(2009年10月1日)より、報道記事なので引用します。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=1001&f=national_1001_010.shtml


(引用始め)

 

【仏国ブログ】日本はマイクや拡声器を使う機会が多い?

 

社会ニュース2009/10/01(木) 11:16

   

  フランスでは、日常生活でマイクや拡声器の音に触れる機会は少ない。特にカラオケなどが普及していないこともあり、一般の人がマイクを持つ機会はほとんどない。フランス人のブログ、Japon Weirdでは日本でマイクや拡声器が使われる様子を綴っている。

  ブログでは「マイクや拡声器が使われる機会」として「通行客に宣伝をする販売員」や「選挙運動の際、候補者の宣伝をする選挙カーや候補者による演説など」を挙げている。

  また「日本では結婚式やお葬式などの冠婚葬祭の場でも、マイクを使って挨拶をすることがある」が、フランスではこのような形式がほとんど見られないため、独特な慣習と見られているようだ。

  そのほか、バスや電車などの公共交通機関でのアナウンスの多さについても記しており、「日本では、さまざまな場所でマイクや拡声器が利用されているようだ」と感想を述べている。

  またカラオケの場では「多くの日本人はマイクを渡される時は遠慮がちだが、一旦マイクを持つと人が変わったようになる」と説明し「このようにマ イクを持つことに違和感のない日本で、カラオケが成功しているのは偶然ではないであろう。収録されている歌や曲数の魅力はもちろんマイクを持てる機会自体 を楽しみ、利用している人も多いのかもしれない」と綴っている。(編集担当:山下千名美・山口幸治)

 

(引用終わり)


« 探偵ファイルより「働く人の憂鬱シリーズ ~廃品回収員~」 | トップページ | チョPD、ツイッターに選挙の風景を批判する新曲発表 »

拡声器騒音・文化騒音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/38675894

この記事へのトラックバック一覧です: 【仏国ブログ】日本はマイクや拡声器を使う機会が多い?:

« 探偵ファイルより「働く人の憂鬱シリーズ ~廃品回収員~」 | トップページ | チョPD、ツイッターに選挙の風景を批判する新曲発表 »

ウェブページ

無料ブログはココログ