2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« ヘリコプターの騒音(2011年1月13日) | トップページ | 『「松本」の「遺書」』「いっそのことオレも立候補しようか!? と思う今日このごろ」 »

2011年1月14日 (金)

佐賀県警:人身交通事故1033件隠蔽 歴代部長が指示

毎日jp2011113日)より

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110114k0000m040093000c.html

 

(引用始め)

 

佐賀県警:人身交通事故1033件隠蔽 歴代部長が指示

 

 佐賀県警は13日、09年2月~10年6月の間に、県内で発生した人身交通事故件数を意図的に少なくしていたと発表した。09年に当時の交通部長 2人が相次いで各警察署に通達を出し、組織ぐるみで事故発生件数を隠蔽(いんぺい)。統計上1033件少なくしていた。県警は「当時、人身事故抑止策の効 果が上がっていなかったことから指示した」と説明している。

 県警によると、通達は09年2月14日~4月1日付で計3回出されており、現在から2代前の交通部長(09年3月退職)が2回、前部長(10年3月退職)が1回出していた。

 通達内容は「駐車場など道路外で起きた軽微な人身事故と、物損事故として取り扱った後に人身被害の届け出があった軽微な交通事故については、交通 事故の統計に人身事故として計上しない」とされ、文書の形で県内全10署に出されたという。この結果、人身事故件数は、09年は実際には8548件あった が7762件とされ、10年は1~6月に4147件発生したが3900件とされた。

 県警監察課と交通企画課の説明によると、「通達内容はおかしい」という声が交通部内ではくすぶっていたが、「交通部長が最終的には責任を持つこと だから」と是正の動きは起きなかったという。10年3月に前交通部長が定年退職したため、これを契機にやっと内部調査など是正への動きが始まった。

 実態については、6月8日に交通部から鈴木三男・県警本部長に報告された。発表がずれ込んだ理由を県警は「精査していた」としている。

 人身事故件数を少なく計上していた理由について、加茂賢治監察課長は「当時、県警では人身事故抑止に重点を置いていたが、効果が上がらず、人身事故件数を減らす方法として誤った判断をした」と断定。

 鈴木本部長は「交通統計に対する信頼を損ねたのは遺憾であり、おわび申し上げる。今後、再発防止に万全を期したい」とコメントを出した。

 今回の問題で、当時の県警本部長が警察庁長官注意、当時の県警交通企画課長が県警本部長注意を受けるなど、計6人が処分された。【田中韻】

毎日新聞 2011113日 2102分(最終更新 113日 2341分)

 

(引用終わり)

ポチの告白 [DVD]

« ヘリコプターの騒音(2011年1月13日) | トップページ | 『「松本」の「遺書」』「いっそのことオレも立候補しようか!? と思う今日このごろ」 »

警察の犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/38462964

この記事へのトラックバック一覧です: 佐賀県警:人身交通事故1033件隠蔽 歴代部長が指示:

» 地震保険 [地震保険で震災の備えを!]
突然のご案内、大変失礼致します。こちらのブログをお読みの方へお役に立てればと思い勝手ながらトラックバックをさせていただきました。 不要な情報であれば、大変恐縮です。お詫び申し上げます。... [続きを読む]

« ヘリコプターの騒音(2011年1月13日) | トップページ | 『「松本」の「遺書」』「いっそのことオレも立候補しようか!? と思う今日このごろ」 »

ウェブページ

無料ブログはココログ