2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 間違いだらけの復興支援「無神経なヘリの騒音」 | トップページ | 掲示板での匿名批判を糾弾する »

2011年3月18日 (金)

防災行政無線・<(-_-)>氏への反論

(-_-)>氏より、以下のご批判を頂きましたので、引用します。

 

(引用始め)


この非常時にあら探し、本当に呆れた団体ですね
この団体の慈悲のなさは皆に伝えますし忘れません。

被災地では餓死や凍死寸前の人がたくさんいて。
1
日二食で。
しかも一食がパン1つとか芋1つで。
それでも奪い合うこともなく、みな助け合い、わけあいながら過ごしています。
そんな被災者よりも、騒音に悩まされる方が大変ですか?
防災無線の粗を探す方が大事ですか?
仮にそうだとしても、今やることですか?

涙が止まりません

 

(引用終わり)

 

1)まず、<やっと電気が通った被災地の者>氏、<東北のとある避難所から>氏、<(-_-;)>氏、<(-_-)>氏は、同じ方でしょうか?

ペンネームでも良いのですが、一つに固定して頂けませんでしょうか。

どの投稿が、どなたの投稿なのかが分からないので、回答の仕様がありません。

また、宜しければ、他にホームページ等を運営されている場合には、お教えください。

 

2)私は、被災地の方々のことを思うからこそ、防災行政無線の濫用やヘリコプターによる騒音を出すべきではない、と言っているのです。

 

現在の所、区内で、被害の報告は、ありません。」との放送や「ゲリラ攻撃の可能性がある」との誤った放送は被災地の方々の混乱を増幅するだけではないでしょうか?

 

また、<行政から住民に伝える、ほぼ唯一の通信手段>である(戸別式にすべきかどうかはともかく)<防災無線>の音をかき消すヘリコプターによる騒音を出すべきではない、と言っているのです。

 

あら探し、><防災無線の粗を探す>とのことですが、どの辺りのことでしょうか?

具体的にご指摘ください。

 

3)<被災者>の方々が、<被災地では餓死や凍死寸前の人がたくさんいて。1日二食で。しかも一食がパン1つとか芋1つで。それでも奪い合うこともなく、みな助け合い、わけあいながら過ごしています。>という事について、私は、被災地に親しい知人はいませんが、同じ日本国民の一人として大変心を痛めております。

(ただし、本掲示板は「静かな街を考える会」の掲示板ですので、あまり触れないだけです。)

しかし、そのことと、私が<騒音に悩まされる>という事は無関係・別次元であり、どちらが<大変><大事>という問題ではありません。

両者が両立する場合について検討しているのです。

 

なお、真偽を確認する方法はありませんが、以下の情報もあります。

探偵ファイル「報道されない火事場泥棒

http://www.tanteifile.com/diary/2011/03/16_04/index.html

 

4)<仮にそうだとしても、今やることですか?>とのことですが、被災者の混乱を招かないためにも、防災行政無線の濫用やヘリコプターによる騒音を出すべきではない、ということについて、出来るだけ迅速に伝えるべきだと考えます。

(伝わっているかどうかは、分かりませんが。)

 

また、今後、他の地域でも地震が起こる可能性があり、防災無線が聞こえにくいならば、戸別式の受信機を早急に配布すべきだと考えています。

 

仮に、私の投稿があら探し、>、<防災無線の粗を探す>だとすれば、以下の記事もあら探し、>、<防災無線の粗を探す>となると思うのですが、どのようにお考えでしょうか?

議会なら良くて、個人の場合は駄目なのでしょうか?

 

「市議会で地震対策特別委員会」(わかやま新報 2011年3月16日)

http://sky.geocities.jp/bunka_so_on/shinbun131.html

 

4)ただし、私は、投稿自体は歓迎しております。

少し落ち着いてからでも、防災無線が役に立った・役に立たなかったという体験談等をお待ちしております。

 

5)余談ですが、テレビ放送や以下のサイト等によると、被災地では、ガソリンが足りず、救助活動が出来ないそうです。

 

探偵ファイル「東京人がとても憎い!」

http://www.tanteifile.com/diary/2011/03/18_02/index.html

 

それにもかかわらず、関西方面の私の所では、地震後においても、(恐らく八尾空港の)ヘリコプターがほとんど毎日ガソリンを浪費して飛び回り、騒音をまき散らしています。

また、2011年3月12日の24時頃には、珍走団が来ていました。

さらに、家電回収・バイク回収業者、包丁研ぎ屋等がガソリンを浪費し、騒音をまき散らしながら巡回しています。

これらについては、普段以上に激しく糾弾するべきであると考えています。

 

6)私は、本件について、本会の存在意義を問う問題であると考えます。

よって、本会会長や本ホームページの管理人氏のご意見をお聞かせ願えませんでしょうか。 

 

おわり

« 間違いだらけの復興支援「無神経なヘリの騒音」 | トップページ | 掲示板での匿名批判を糾弾する »

拡声器騒音・文化騒音」カテゴリの記事

防災行政無線放送」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/39274459

この記事へのトラックバック一覧です: 防災行政無線・<(-_-)>氏への反論:

« 間違いだらけの復興支援「無神経なヘリの騒音」 | トップページ | 掲示板での匿名批判を糾弾する »

ウェブページ

無料ブログはココログ