2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 実際は40%台!? 文科省、厚労省が発表した就職内定率「57・6%」の大ウソ | トップページ | 中国の子供は「世界一うるさい」 »

2011年3月27日 (日)

「生活利益を侵害せず」 防災無線放送で控訴審判決

47news2005/03/11・共同通信)より、少し前の記事ですが、記録用に引用します。

http://www.47news.jp/CN/200503/CN2005031101001445.html

 

(引用始め)

 

「生活利益を侵害せず」 防災無線放送で控訴審判決

 

 愛知県西枇杷島町が毎日、防災無線のテストで音楽を放送するため、静かな生活が侵害されているとして、同町に住む評論家の呉智英さん(58)が放送中止 を求めた訴訟の控訴審判決で、名古屋高裁の熊田士朗裁判長は11日、請求を棄却した1審判決を支持し、呉さんの控訴を退けた。呉さんは上告する方針。  判決理由で熊田裁判長は、放送の頻度は市町村の判断に委ねられているとした上で「(放送は)一般の生活利益をそれほど侵害するとはいえず、呉さんが苦痛 を感じるとしても差し止めを求めることはできない」と指摘した。  判決などによると、西枇杷島町は2000年9月の東海豪雨で、住民へ避難勧告などの情報が十分に伝わらなかったため、町内に26基の放送塔を設置。毎日 午後6時にドボルザークの「新世界より」をテスト放送している。

2005/03/11 05:00 【共同通信】

 

 

(引用終わり)

 

この判決から6年ほど経過していますが、最高裁はどうなっているのでしょうか。

ドボルザークの「新世界より」をテスト放送している>とのことですが、自分の曲をこのように使われて<ドボルザーク>はどのように思っているのか聞いてみたい所です。

今回の地震の後も、このような防災無線の試験放送の濫用が日本中で増えるのではないかと心配です。

他の国では、どのように防災無線を運用しているのでしょうか。

そもそも他の国で防災無線なんて聞いたことがありません。

 

おわり

« 実際は40%台!? 文科省、厚労省が発表した就職内定率「57・6%」の大ウソ | トップページ | 中国の子供は「世界一うるさい」 »

拡声器騒音・文化騒音」カテゴリの記事

防災行政無線放送」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/39373412

この記事へのトラックバック一覧です: 「生活利益を侵害せず」 防災無線放送で控訴審判決:

« 実際は40%台!? 文科省、厚労省が発表した就職内定率「57・6%」の大ウソ | トップページ | 中国の子供は「世界一うるさい」 »

ウェブページ

無料ブログはココログ