2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 国立住基ネット訴訟:離脱違法判決 | トップページ | 聾学校児童の口や手首に粘着テープ 愛知県教委が謝罪 »

2011年3月 5日 (土)

自殺:就活難航で大学生の自殺者が倍増 10年警察庁統計

毎日jp201133日)より、記録として保存するために引用します。

http://mainichi.jp/photo/archive/news/2011/03/03/20110303k0000e040037000c.html

 

(引用始め)

 

自殺:就活難航で大学生の自殺者が倍増 10年警察庁統計

 

 警察庁は3日、2010年の自殺統計を公表した。自殺者総数(確定値)は前年より3.5%減少したものの、3万1690人で13年連続の3万人超え。「就職失敗」が原因・動機の一つと判断された人が、前年より2割多い424人に上り、うち大学生は46人で前年の2倍になった。「超氷河期」と言われる厳しい就職環境を反映したとみられる。一方、「負債」は改正貸金業法の完全施行を背景に減少した。

 自殺者が、3万2000人を下回るのは、01年以来9年ぶり。警察官の聞き取りなどによって、原因・動機を、家庭問題健康問題経済・生活問題勤務問題男女問題学校問題その他--の七つに区分。さらに52項目に分けて、推定される項目を三つまで選択して集計している。

 「経済・生活問題」のうち、「就職失敗」を原因に含むとされた自殺者は、07年180人、08年253人、09年354人と増加傾向が続き、10年は70人(19.8%)増となった。

 このうち大学生は、07年13人、08年22人、09年23人だった。高校生や専修学校生も含めると10年は53人となった。これら就職失敗に絡む自殺者は、年代別では20代が最も多く153人で、未成年者は6人だった。

 一方、「経済・生活問題」のうち「負債」関連の3項目については、「多重債務」1306人(前年比19.9%減)「連帯保証債務」47人(同34.7%減)「その他」1287人(同17.4%減)--でいずれも前年から大きく減少した。昨年6月に貸金業者からの借入残高を年収の3分の1までに制限する「総量規制」を盛り込んだ改正貸金業法が完全施行されたことの反映とみられる。

 「事業不振」や「失業」も前年を下回り、「経済・生活問題」関連全体では、計7438人で前年より11.2%減となった。

 半面、家庭問題関連は、計4497人で前年比9.2%の増加。このうち「子育ての悩み」は157人で、前年からの増加率が44%と目立った。全項目を通して最も多かったのは健康問題に含まれる「うつ病」で7020人に達した。【鮎川耕史】

 

毎日新聞 201133日 1113分(最終更新 33日 1316分)

 

(引用終わり)

« 国立住基ネット訴訟:離脱違法判決 | トップページ | 聾学校児童の口や手首に粘着テープ 愛知県教委が謝罪 »

労働問題・社会政策」カテゴリの記事

精神科医療・福祉・自殺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/39112255

この記事へのトラックバック一覧です: 自殺:就活難航で大学生の自殺者が倍増 10年警察庁統計:

« 国立住基ネット訴訟:離脱違法判決 | トップページ | 聾学校児童の口や手首に粘着テープ 愛知県教委が謝罪 »

ウェブページ

無料ブログはココログ