2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 心身合併症、搬送・転院要請 都内の総合病院、患者3割入院できず | トップページ | 心身合併症、受け入れ 救急現場「体制に限界」 »

2011年3月 9日 (水)

「火の用心」呼びかけるはずが… 消防団の車が火災

朝日コム(201138日)より

http://www.asahi.com/national/update/0308/TKY201103080467.html?ref=goo

 

(引用始め)

 

「火の用心」呼びかけるはずが 消防団の車が火災

201138206

>> 利用規約 >> 使い方はこちら 

 

 春の全国火災予防運動最終日だった7日夕、横浜市旭区を走っていた消防団の車が突然燃え上がった。ぼやで済んだが、車は消火器の粉まみれに。

 街を巡回し「火の取り扱いに注意してください」と放送で呼びかけている最中、荷台から炎が上がるのをパトカーが見つけた。乗っていた団員が慌てて消し止めた。

 消火栓から水をくむポンプからガソリンが漏れ、引火した可能性がある。消火にかかった時間は3分。旭消防署は「立場がないですが、団員の素早い対処が救いです」。

 

(引用終わり)

 

1)正にマッチポンプ、本末転倒です。

<春の全国火災予防運動>というものがあるという事を初めて知りました。

そもそも<街を巡回し「火の取り扱いに注意してください」と放送で呼びかけ>るということ自体が無意味どころか有害なのです。

この記事には、この点についての指摘はありません。


2)拡声器を使い騒音をまき散らすものの中には運動会・だんじり・珍走団・消防団・右翼等がありますが、これらの根本の発想は同じなのです。

伝統や安全という表向きの理由を掲げていますが、本当はただ騒ぎたいだけ、音により人を支配したいだけなのです。

 

おわり

 

関連記事

「体育会系気質と拡声器騒音」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-017b.html

 

「消防署の拡声器騒音(2010年11月11日)」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-3058.html

 

« 心身合併症、搬送・転院要請 都内の総合病院、患者3割入院できず | トップページ | 心身合併症、受け入れ 救急現場「体制に限界」 »

拡声器騒音・文化騒音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/39167233

この記事へのトラックバック一覧です: 「火の用心」呼びかけるはずが… 消防団の車が火災:

« 心身合併症、搬送・転院要請 都内の総合病院、患者3割入院できず | トップページ | 心身合併症、受け入れ 救急現場「体制に限界」 »

ウェブページ

無料ブログはココログ