2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 避難所のペット 被災者から「どうにかしろ」などど怒声 | トップページ | 論文「人々は防災無線をどのように聞いているか」 »

2011年4月 5日 (火)

防災無線の半数故障 八戸沿岸域の18局

朝日コム(20110320日)より

http://mytown.asahi.com/aomori/news.php?k_id=02000001103190010

 

(引用始め)

 

防災無線の半数故障 八戸沿岸域の18局

20110320

 

       

 八戸市沿岸域に設置した市の防災行政無線の約半数が、11日の津波などで故障し、使えない状況になっていることが分かった。市によると、19日朝 までに沿岸域の39局のうち18局が海水をかぶって機能しておらず、他にも震災後の停電の影響で使えなくなった防災無線があるとみられる。すぐに使えるようにするのは難しく、市は緊急時には消防などを通じて通報するとしている。(大西史晃)

 市は、代替手段は整えており、混乱も避けたいとして、住民に広く伝えることはしていなかった。津波の恐怖が消えない中、海沿いの住民らは機能しない防災無線の下で生活していたことになる。

 市によると、防災無線は高さ十数メートルの柱の上部に設けられたスピーカーから流れるようになっている。だが、主要な機器は点検などをしやすいよう手が届く高さに取り付けてあり、その部分が11日の津波で海水をかぶって故障したとみられるという。

 故障に気づいたきっかけは14日。「津波が来る」との情報が寄せられたため、市が避難指示を出したが、住民から「防災無線から音が出ない」などと連絡があったという。そこで市が調べると、沿岸域の新湊や大沢など18局の故障が判明した。

 市は、機器が海水をかぶっていることからすぐに直すのは難しいとしている。津波注意報の解除後、被災した家屋や事業所などの片付けや復旧 作業のため、沿岸域に出ている住民もいることから、市は消防に協力を求め、緊急時には消防のサイレンなどで知らせるようにした。さらにパソコンや携帯電話 に津波などの情報を送る市の「ほっとスルメール」を積極的に活用するという。

 市内の防災無線は1985年から順次設置され、来年度から2カ年で交換予定だったという。市防災危機管理課の担当者は「機器が海水をかぶらないよう、設置場所などを改めて考えないといけない」と話した。

 防災無線の故障はおいらせ町や階上町でも確認されており、防災態勢上、今後の大きな課題になる可能性もある。

 

(引用終わり)

 

1)<海水をかぶって機能しておらず、他にも震災後の停電>との事ですが、<震災後の停電>や、地震の後に津波が来て、防災無線塔が海水を被ることなど、当然事前に予想できる事でしょう。

海沿いの住民らは機能しない防災無線の下で生活していたことになる。>との事ですが、防災無線って、一体何なのでしょう?

ただ、うるさいだけの物でしょう。

役所の災害対策課は、何億円もの税金を使って何をしていたのでしょうか。

震災後の処理が一段落したら、責任を追及するべきです。

 

2)防災無線は、原則として戸別式(携帯電話・スマートフォン等を含む)にして、例外的に海岸地域のみ「ウー、ウー」というサイレンで良いと思います。

そして、サイレンの試験放送は3カ月または半年に1回くらいで十分だと思います。

故障しない物を作って下さい。

 

おわり

« 避難所のペット 被災者から「どうにかしろ」などど怒声 | トップページ | 論文「人々は防災無線をどのように聞いているか」 »

拡声器騒音・文化騒音」カテゴリの記事

防災行政無線放送」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/39476591

この記事へのトラックバック一覧です: 防災無線の半数故障 八戸沿岸域の18局:

« 避難所のペット 被災者から「どうにかしろ」などど怒声 | トップページ | 論文「人々は防災無線をどのように聞いているか」 »

ウェブページ

無料ブログはココログ