2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 死刑容認85%で過去最高 内閣府世論調査 | トップページ | 病院の待合のテレビ・とらわれの患者 »

2011年4月15日 (金)

選挙カー自粛 連呼・パフォーマンスも遠慮気味 震災配慮 選挙戦様変わり

産経jp2011.3.25)より

http://sankei.jp.msn.com/region/news/110325/tky11032523100010-n1.htm

 

(引用始め)

 

選挙カー自粛 連呼・パフォーマンスも遠慮気味 震災配慮 選挙戦様変わり

 

2011.3.25 23:06 1/3ページ)

 都知事選に立候補した各陣営は、

「知名度」が鍵を握る都知事選で候補者の派手なパフォーマンスは付きものだったが、現職の 石原慎太郎氏(78)は公務を優先させるなど、震災の影響で選挙戦の在り方が様変わりしている。

節電中

 飲食チェーン役員の渡辺美樹氏(51)の事務所では当初、大型テレビで渡辺氏の活動を紹介するビデオを流す予定だった。だが、「震災による節電でテレビはつけたことはない」(陣営幹部)という。室内の電気も極力消しており、「暗い部屋で仕事をしている」と苦笑する。

 2台あった選挙カーも使用は1台にした。走りながらマイクを握ることも控える。とはいえ、「他の候補者の動向をみながら」と複雑な胸中を明かした。

非常時

 「今までみたいに選挙カーできゃんきゃん言って回るような選挙戦は燃料の問題もあるし、選挙だけが優先される訳じゃない」

 石原氏は、様相が全く異なる選挙戦をこう語る。震災発生直後から東京の災害対策に危機感を募らせる一方で、被災地への復旧復興に向けた支援策で陣頭指揮を執る。

 

2011.3.25 23:06 2/3ページ)

 同陣営は「非常時ゆえ、公務優先となる経験のない選挙戦になった。結果として存在感を示せればいいが」と期待している。

省エネ

  元宮崎県知事、東国原英夫氏(53)の陣営は「公費を使わない、省エネの選挙戦をしたい」と話す。選挙カーも液化石油ガス(LPG)車を発注した。「この 状況下で選挙カーで回るのはふさわしくない」と頭を悩ませ、主に自転車と東国原氏が得意なランニングでアピールする。

 計画停電の実施地区も回る予定だが、「最低限のスピーカーは使うが、現実には難しい。1人1人と対面して話してという形になると思う」と話している。

乗車券

 共産推薦の医師、小池晃氏(50)の陣営では、街頭演説の回数を減らして、「音量は有権者の感情に配慮して小さくする」としている。

 移動についても選挙カーの使用を控えて、可能な限り電車を使う。小池氏はICカード乗車券を胸ポケットに入れているそうだ。

 従来の共産党推薦候補の街頭演説では支援者を動員する光景が一般的だが、「都民感情を考え、なるべく動員も押さえるつもり」(陣営)と配慮した。

 

2011.3.25 23:06 3/3ページ)

新燃料

 発明家のドクター・中松氏(82)は「選挙カーを使わないことが時代遅れ」として、自身が発明した環境に優しい「新燃料」を使用した車を使うという。被災者には「発明の愛の心で癒やしていく」と述べた。

 

(引用終わり)

 

1)既に結果が出ているので、後出しジャンケンになるのですが、コメントします。

 

2)<東日本大震災の被災者に配慮して選挙カーの使用を自粛し、 自転車や電車で移動したり、名前の連呼を控える動きが出ている。>とのことですが、<東日本大震災>があろうがなかろうが、<選挙カーの使用を自粛>し、<名前の連呼を控える>べきです。

 

3)<2台あった選挙カーも使用は1台にした。>(渡辺美樹氏)とのことですが、結局<選挙カー>を使うのですね。

「他の候補者の動向をみながら>(渡辺美樹氏)とのことですが、あなたには御自分の考えはないのですか。

 

4)<今までみたいに選挙カーできゃんきゃん言って回るような選挙戦>(石原慎太郎氏)との発言ですが、<きゃんきゃん言って回る>と“馬鹿”なことをしているという自覚はあるのですね。

 

5)<選挙カーも液化石油ガス(LPG)車を発注した。>(東国原英夫氏)とのことですが、<液化石油ガス(LPG)車>でもガソリン車でも、うるささには変わりはありません。

今後、<1人1人と対面して話してという形>(東国原英夫氏)を実践・実現すれば当選するかもしれません。

 

6)<街頭演説の回数を減らして、「音量は有権者の感情に配慮して小さくする」>(小池晃氏・医師)とのことです。

下記の関連記事をご覧ください。

小池晃氏は、<街頭演説の回数を減らして、「音量は有権者の感情に配慮して小さくする」>という発言を全く実行していないと言えるでしょう。

 

医師法<第1条 医師は、医療及び保健指導を掌ることによつて公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとする。

 

小池晃氏は医師とのことですが、<公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保>(医師法1条)するべき医師が、拡声器の騒音により有権者・住民の生活環境を害し、(恐らくですが、)健康を害しているのです。

こんな馬鹿なことって、あって良いのでしょうか?

 

7)<「選挙カーを使わないことが時代遅れ」>(発明家のドクター・中松氏)だそうです。

もう何も言いません。

 

おわり

 

関連記事

「都知事選立候補の小池氏にナイフ持ち接近、男を現行犯逮捕」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-1046.html


« 死刑容認85%で過去最高 内閣府世論調査 | トップページ | 病院の待合のテレビ・とらわれの患者 »

拡声器騒音・文化騒音」カテゴリの記事

選挙騒音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/39605782

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙カー自粛 連呼・パフォーマンスも遠慮気味 震災配慮 選挙戦様変わり:

« 死刑容認85%で過去最高 内閣府世論調査 | トップページ | 病院の待合のテレビ・とらわれの患者 »

ウェブページ

無料ブログはココログ