2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 一人一票実現国民会議(2011年4月17日) | トップページ | 選挙カー NO運動 »

2011年4月20日 (水)

東日本大震災:沿岸部自治体、防災無線「壊滅」状態 岩手・大槌7割、宮古4割使えず

毎日jp(2011年4月18日)より

http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110418ddm041040103000c.html

 

(引用始め)

 

東日本大震災:沿岸部自治体、防災無線「壊滅」状態 岩手・大槌7割、宮古4割使えず

 

 東日本大震災の被災地の広い範囲で、津波被害のため防災行政無線が使えない状態が続いている。管理する市町村は復旧を急いでいるが、資材不足などで難航。今後、余震などで津波が発生する恐れがあるため、各自治体は情報伝達手段の確保を進めている。

 岩手県によると、大槌町は7割、宮古市は4割弱が機能していない。大槌町では中心街などの57局中40局が破損し、同町の平野公平総務課長は「早く復旧したいが、めどが立たない」と説明する。

 約70局が使えなくなった宮古市は、無線が聞こえなくなった地域の避難所に受信機を設置したが、避難所の外にいる人には音声が届かない状態。市は近く復旧作業を始めるが、地域の中で津波の到達しなかった場所を選んで設置するという。

 岩手県内では釜石市と山田町で約3割、大船渡市でも1割強が被害を受けた。各自治体は使える無線を最大音量にするほか、無線を積んだ消防車両が拡声機で伝えるなどの工夫を実施。県総合防災室の小山雄士室長は「対応は急いでいるが、地震があれば、すぐに避難することを心がけてほしい」と呼びかける。

宮城県でも大きな被害が出た。女川町では無線の基地局となる役場が流された上、町内各所で拡声機のついた支柱も全て破壊され、復旧作業中だ。津波の情報が出た場合は、広報車が町内を巡回し、避難所には衛星電話で伝えるという。

 福島県の沿岸部でも同様の状況。南相馬市は、市の広報車などを使って防災無線の情報を流し、16日からは臨時FM局を設置して情報を伝達している。市の担当者は「車両の拡声機ではすみずみまで音が届かず、『今の放送は何だったのか』と市に電話が相次いでいる」と話した。【清藤天、木村文彦、川口 裕之】

 

(引用終わり)

 

女川町では無線の基地局となる役場が流された上、町内各所で拡声機のついた支柱も全て破壊され、>とのことですが、このようなことは事前に予相出来るはずです。

このような事態を回避するために各自治体に災害課・防災課があるのでしょう。

南相馬市は、・・・・臨時FM局を設置して情報を伝達している。>とのことですが、事前に<FM局を設置して情報を伝達>出来るようにしておくべきだったのです。

各自治体の災害課の職員は、毎日何をしていたのでしょうか。

 

各自治体は使える無線を最大音量にする>とのことですが、これにより、体調を崩す人もいるかも知れません。

 

「車両の拡声機ではすみずみまで音が届かず、『今の放送は何だったのか』と市に電話が相次いでいる」>とのことですが、このことは防災無線塔からの放送についても当てはまるはずです。

この点についても戸別式にすべきと言えます。

 

衛星電話>とはどのようなものか分かりませんが、<衛星電話>を利用した戸別式または個人用の防災情報の受信機を開発できないのでしょうか。

 

後は、下記の関連記事のコメントと同じです。

 

おわり

 

関連記事

「防災無線の半数故障 八戸沿岸域の18局」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-50ea.html

 

「防災無線の復旧急務=青森八戸は半数故障緊急時は消防スピーカー・被災地」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-da93.html

   

« 一人一票実現国民会議(2011年4月17日) | トップページ | 選挙カー NO運動 »

拡声器騒音・文化騒音」カテゴリの記事

防災行政無線放送」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/39670617

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災:沿岸部自治体、防災無線「壊滅」状態 岩手・大槌7割、宮古4割使えず:

« 一人一票実現国民会議(2011年4月17日) | トップページ | 選挙カー NO運動 »

ウェブページ

無料ブログはココログ