2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 東日本大震災:幼稚園児ら9人犠牲 情報途絶で遅れた避難 | トップページ | PL花火「ナイアガラ」中止 半世紀の歴史に幕 »

2011年6月 2日 (木)

NHKのテレビ番組「震災・首都圏で何が▽津波から住民救った防災無線」

NHK

http://www.nhk.or.jp/

 

2011年3月25日の20時から放送された(教育ではない方の)NHKのテレビ番組「震災・首都圏で何が▽津波から住民救った防災無線」を録画して観ました。

番組によると屋外式の防災無線が住民の命を救ったように描かれていました。

海岸地域では役に立つのでしょう。

その地域では、戸別式の受信機(ラジオの受信機のような物)が配布されていたようです。

 

拙ブログの防災無線(カテゴリ)にあるように、今回の東日本大震災において防災無線は、一部の海岸地域以外ではほとんど役に立っていません(津波や停電で使用不能、使用出来ても聞きとり難いなど)。

役に立たないどころか、誤放送により混乱を招いただけという地域もあったそうです。

この番組では、役に立っていた地域だけを放送した可能性はあります。

 

この番組は生放送だったようで、先程まで穏やかに話していた男性アナウンサーがVTR明けに、「俺の原稿が無いっ!」とスタッフに怒鳴っている所も放送されていました。

 

おわり

« 東日本大震災:幼稚園児ら9人犠牲 情報途絶で遅れた避難 | トップページ | PL花火「ナイアガラ」中止 半世紀の歴史に幕 »

拡声器騒音・文化騒音」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

防災行政無線放送」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/40220369

この記事へのトラックバック一覧です: NHKのテレビ番組「震災・首都圏で何が▽津波から住民救った防災無線」:

« 東日本大震災:幼稚園児ら9人犠牲 情報途絶で遅れた避難 | トップページ | PL花火「ナイアガラ」中止 半世紀の歴史に幕 »

ウェブページ

無料ブログはココログ