2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« PL花火芸術:夜に輝く2万5000発、新作「造形」披露も 来月1日に開催 | トップページ | 河内長野市と富田林市へのメール(2011年7月26日) »

2011年7月27日 (水)

「PL花火の中止申し入れについて」(2011年7月25日)

PL教団に以下の電子メールを送りました。

回答があれば良いのですが。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2011年7月25日

 

「PL花火の中止申し入れについて」

 

PL教団様

 

毎年8月1日にはPL教団主催の花火を実施なされますが、今年もなされるそうですね。

 

1)PL教団hpのトップページより一部を引用します。

http://www.perfect-liberty.or.jp/

 

東日本を襲った巨大地震によって亡くなられた方々のみたまに謹んで哀悼の意を表しますと共に、被害を受けられた方や怪我をされた方々に、心からお見舞いを申し上げます。

 

「謹む」の意味

http://dic.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&dtype=2&ei=utf-8&p=%E6%85%8E%E3%82%80

 

あやまちや軽はずみなことがないように気をつける。慎重に事をなす。「行動を・む」「言葉を・みなさい」 度をすごさないようにする。控えめにする。節制する。「酒を・む」「暴飲暴食」

 

「謹む」とは、<控えめにする>という意味だそうです。

それならば、東日本大震災の死者の慰霊のために静かにする(花火を中止する、または規模を小さくする)べきだと思うのですが、静かにするどころか「造形」という名前の新しい爆薬を追加するそうですね。

この矛盾についての合理的な理由付きの説明を求めます(質問①)。

 

2)大阪府や富田林市役所によると、花火には規制は無いそうですが、規制が無いからと言って、何をしても良いのでしょうか?

違法ではないから他人の権利を侵害しても良いというのは悪徳商法と同じ発想です。

社会的な影響力のある宗教法人には社会的責任・説明責任も伴います。

(一部の人達には「原爆花火」と呼ばれているそうですね。

ふさわしい表現です。)

例えば、「大阪府の生活環境の保全等に関する条例」に準じるべきです。

 

「大阪府生活環境の保全等に関する条例」

http://www.epcc.pref.osaka.jp/kotsu/oto/speaker/speaker.html

 

ちなみに私の所では、規制値は「55デシベル」です。

もちろん法人にも人権は保障され、表現の自由(憲法21条1項)は保障されるべきですが、絶対無制約だはなく「公共の福祉」(憲法12条、同法13条)による制約に服します。

私も含めた近隣の住民に多大な損害(精神的損害、静穏権侵害、人格権侵害、生活・業務妨害)を被らせているにもかかわらず、「原爆花火」を行う理由を合理的な理由を付けてお答えください(質問②)。

 

社会的な常識が守れないのなら、どこか損害を与えないような場所・施設で行うべきです。

 

3)昨年度の花火の騒音等に反対する抗議のメールや電話は何件でしたか(質問③)。

仮に抗議をする人が私独りしかいなくても、私独りだけが反対している事にはなりません。

抗議したくても出来ないくらいの重病の方もいるかもしれません。

 

4)最後に私に損害(精神的損害、静穏権侵害、人格権侵害、生活・業務妨害)を及ぼすPL花火の中止を求めます。

仮に中止しない場合には、その理由をご教示ください(質問④)。

 

5)急な事で誠に申し訳ないのですが、以上の4点について、8月1日の花火が始まる前にお答え頂けますよう宜しくお願い致します。

なお、ご返事の有無および内容については、hp等に掲載する場合もございます。

 

以上

« PL花火芸術:夜に輝く2万5000発、新作「造形」披露も 来月1日に開催 | トップページ | 河内長野市と富田林市へのメール(2011年7月26日) »

拡声器騒音・文化騒音」カテゴリの記事

(PL教団)花火・騒音公害行為」カテゴリの記事

コメント

確かにあの規模だと迷惑だとお考えの方はいらっしゃるでしょう。

本当になにか申し入れに対する返答が欲しいなら、メールなんかではなく文書で行なわれたらいかがでしょうか?

電子メールだと効力薄いですよ

コメント、ありがとうございます。
<文書>で送ってみます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/40950372

この記事へのトラックバック一覧です: 「PL花火の中止申し入れについて」(2011年7月25日):

« PL花火芸術:夜に輝く2万5000発、新作「造形」披露も 来月1日に開催 | トップページ | 河内長野市と富田林市へのメール(2011年7月26日) »

ウェブページ

無料ブログはココログ