2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 「砂浜:都会のビーチで水遊び 大阪・毛馬桜之宮公園に完成、家族連れら笑顔 /大阪」(橋下徹大阪府知事) | トップページ | 橋下知事:9月訪米延期を説明…米国総領事と会談 »

2011年9月22日 (木)

「橋下徹大阪府知事が良く使う手法について」

「橋下徹大阪府知事が良く使う手法について」

 

11月27日に行われると言われている大阪府知事・大阪市長選挙まで後およそ2カ月です。

時間がありません。

私は(特に大阪の)政治の事をほとんど知らないので、全世界に自分の無知をばら撒き、恥をかくだけかも知れませんが、ここで何も言わない訳にはいきません。

少しでも私の生活を良くするために、(多少)間違っていても、批判されても、橋下氏についてどんどん書くしかありません。

橋下徹大阪府知事が良く使う手法について、気になる事があるのでいくつか書いてみます。

既に他の所で言われているのかも知れませんが、自分なりにまとめてみました。

 

1)二者択一について

 

橋下氏は、本来様々な選択肢がある問題について二択であるかのように装い、選択を迫ります。

例えば、ある問題について、AまたはBという選択肢を設定し、Bを滅茶苦茶に非難し、Bが駄目だからAが良い、とするものです。

悪(B)を退治する正義の味方(A)のような感じです。

ここでAに当たるのが橋下氏自身や大阪都構想で、Bに当たるのが、平松邦夫大阪市長・(行政)公務員・朝日新聞・関西電力などです。

橋下氏の場合、この非難は大衆の感情に訴えかけるものであり、多くの場合、合理的な理由はありません。

また本当は、CやDやEなど他の選択肢もあるので、Bが駄目だからAが良いとはならないはずですよね。

 

2)論理構造について

 

通常、論理というものは、「AならばB、そしてBならばC、よって、AならばC」、となりますよね(3段論法)。

橋下氏の記者会見等の話し言葉に多いのですが、A(その①)、そしてA(その②)、そしてA(その③)、と同じ様な事を形を変えて繰り返します。

(具体例を挙げて説明しているのかもしれませんが。)

ぼ~っと聞いていると、同じような内容が刷り込まれて、「橋下さんはハキハキと喋って分かり易いわ~、さすが弁護士やわ~」と思ってしまいます。

しかし、良く聞くと同じような事を繰り返しているだけなのです。

(事前の打ち合わせのない記者会見での話し言葉なので仕方が無い面もあるのでしょうが。)

この点については、小泉純一郎元首相にも当てはまるそうです。

 

3)ワンフレーズについて

 

広告用語で言ういわゆる「B層」からの人気を得るためにワンフレーズを使う政治家がいます。

B層の方が数は多いでしょうから、無党派のB層の票を取り込めば選挙では勝てると言う事です。

 

Wikipediaより「B層」

http://ja.wikipedia.org/wiki/B%E5%B1%A4

 

(引用始め)

 

Bそう)とは、郵政民営化の広報企画にあたって小泉政権の主な支持基盤として想定された、「具体的なことはよくわからないが小泉純一郎のキャラクターを支持する層」のこと。広義には政策よりもイメージで投票を行うなどポピュリズム政治に吸引される層を意味する[要出典]

 

(中略)

 

B層」 [編集]

現状では郵政への満足度が高いため、道路などへの公共事業批判ほどたやすく支持は得られない。郵政民営化への支持を取り付けるために、より深いレベルでの合意形成が不可欠。「IQ」が比較的低く、構造改革に中立的ないし肯定的。

構成

主婦層、若年層、シルバー(高齢者)層など。具体的なことは分からないが小泉総理のキャラクター・内閣閣僚を支持する。

 

(引用終わり)

 

本当に馬鹿にされたものですね。

「B」は「馬鹿」の頭文字でしょうか?

 

さて、小泉純一郎元首相もワンフレーズと言われていましたが、小泉氏はある種の独特の感性でワンフレーズを使用しているような感じでした。

下記の栗本慎一郎氏の話にあるように、本当に馬鹿だからワンフレーズしか話せなかったという説もあります。

詳しい事は分かりませんが、栗本慎一郎氏は小泉純一郎氏の大学時代の家庭教師だそうです。

 

<「彼(引用者注・小泉純一郎氏の事)には表現力と語彙力が欠けていて、物事を丁寧に説明する能力が無いのです。彼は相当頭悪いですから」>(「国家とメディア」(魚住昭、ちくま文庫、2006年)のP68の栗本慎一郎氏の話より)

 

それに対して、橋下氏は意図的にワンフレーズを使用しているような感じがします。

感性と意思のどちらが良い(マシ)のかは分かりませんが、どちらにしても大阪府民の大多数は圧政に苦しめられそうです。

 

「苛政は虎よりも猛し」(孔子の言葉です。)

http://homepage1.nifty.com/kjf/China-koji/P-053.htm

 

酷い政治に苦しめられるくらいなら、虎に食べられた方がマシだと言う意味です。

橋下徹氏が大阪府知事になってから3年半が経ち、そろそろ政策の結果が出ても良さそうですが、皆さんの生活は少しでも良くなっていますか?

 

4)最後に、橋下氏を批判する事で大阪府民が一つになれそうです。

これが本当の「ワン・大阪」でしょうか?

おわり

« 「砂浜:都会のビーチで水遊び 大阪・毛馬桜之宮公園に完成、家族連れら笑顔 /大阪」(橋下徹大阪府知事) | トップページ | 橋下知事:9月訪米延期を説明…米国総領事と会談 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/41876667

この記事へのトラックバック一覧です: 「橋下徹大阪府知事が良く使う手法について」:

« 「砂浜:都会のビーチで水遊び 大阪・毛馬桜之宮公園に完成、家族連れら笑顔 /大阪」(橋下徹大阪府知事) | トップページ | 橋下知事:9月訪米延期を説明…米国総領事と会談 »

ウェブページ

無料ブログはココログ