2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 災害情報:携帯で「避難せよ」 和歌山県が全国初、ドコモにメール一斉配信 | トップページ | 大阪府の「君が代起立条例」が施行 「大阪維新の会」の“強行”に批判と不満 »

2011年9月 7日 (水)

「橋下徹氏と平松邦夫氏の台風への対応」

「橋下徹氏と平松邦夫氏の台風への対応」

 

ご存知の通り、2011年9月2日頃から4日頃まで関西地方に台風が来ていました。

大阪府全域に大雨警報が出されていた時もありました。

奈良県では民家が流され、死亡した方もいるそうです。

地方自治体の非常時における危機管理という点について、11月27日の大阪市長選挙に立候補すると言われている橋下徹大阪府知事と平松邦夫大阪市長を比べてみようと思います。

本来は二者択一ではないのでしょうが、他に比べるのにふさわしい人がいないので、この二人にしました。

 

1)産経新聞hp2011.9.4 21:49)「橋下日記」より

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110904/lcl11090421490001-n1.htm

 

< (4日)公務なし  終日 公務はなし。

 

2日から5日まで<公務なし>です。

台風が来て大きな被害が出ているのに、広域行政の首長として何かする事は無いのでしょうか?

自宅でメールで指示を出しているのかもしれませんが。

 

橋下徹大阪府知事のツイッター(2011年9月3日)より

色変えは引用者です。

http://twitter.com/#!/t_ishin/status/109927896344297472

 

大阪市の区役所には、教育委員会もない。危機管理対応の部署もない。道路や公園の補修をするよな部署もない。何もないのです。大阪市の区役所のメインの業務は住民票や戸籍の窓口業務。いざ大規模災害が発生しても区役所が危機管理を行うことができない。

 

2011年9月3日に橋下氏の(いつもの)連続ツイートがありました。

約30ツイートです。多すぎて数える気もしません。

(いつも思うのですが、ブログやhpで公開すれば一度で済むと思うのですが、なぜ時間と手間を懸けてツイッターでつぶやくのでしょうか?)

内容ですが、台風とはほとんど無関係なものでした。

唯一関係がありそうなのが上記のものです。

大阪市の区役所の危機管理について批判しておいて、自分は平松市長への批判と大阪都構想についてのみです。

このような非常時こそ府と市町村が協力して災害対策に取り組むべきだと思うのですが。

選挙の事しか頭にないのでしょうか?

橋下氏は、広域行政の長としてふさわしくないと思います。

 

また、橋下氏は大阪市の区長が公選ではない事を批判していますが、公選の市長が選任した区長を通じて区をコントロール出来れば、議院内閣制のように、間接的とはいえ行政権の民主的コントロールという点で特に問題は無いと思います。

橋下氏は、議員内閣制が気に食わないので首相公選制を目指しているそうなので、このような事を言っても仕方が無いのでしょうが。

 

2)次に、産経新聞hp2011.9.4 21:47)「大阪市長日記」より

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110904/lcl11090421480000-n1.htm

 

(4日)防災訓練を視察

午前9時5分 西淀川区で総合防災訓練を視察。

 10時 西区地域防災フォーラムをサプライズ訪問。

 11時 大阪クラシックのオープニングコンサートに出席。

 午後1時10分 此花区民ホールでこのはな区民まつりに参加。

 4時10分 登庁。市長執務室で執務。

 7時45分 退庁。

 

公務なしの橋下氏に対して、日曜日なのに(日曜日だから?)スケジュールがびっしりと詰まっています。

細かい事を言いますが、なぜ、産経新聞では、「橋下日記」と「大阪市長日記」としているのでしょう?

「橋下日記」に対して「平松日記」で良いでしょう。

この辺りも産経新聞の橋下氏への肩入れを感じてしまいます。

 

平松邦夫大阪市長のツイッター(2011年9月4日の朝)より

http://twitter.com/#!/hiramatsu_osaka/status/110118604061679616

 

皆さん、おはようございます。現在、南港では雨が上がっています。大雨、洪水警報は午前4時20分に解除となりました。しかし、注意報は現時点で継続中です。西淀川区佃連合の防災訓練は予定通り開催されます。雨が降った場合は体育館に場所を移し、別メニューで実施と連絡がありました。

 

これが首長としてのあるべきツイッターでしょう。

首長としての普通の対応なのでしょうが、橋下氏が酷過ぎるので立派な対応に思えてしまします。

特別区に<危機管理対応の部署>が無くても市長からの指示が区長を通じて行政の末端まで届けば、それで良いと思うのですが。

また、下記関連記事のようにも、平松市長は危機管理対策を行っています。

 

3)橋下氏と平松氏の行動を対比しましたが、どちらが今後の大阪を背負うリーダー(大阪市長)にふさわしいでしょうか?

 

おわり

 

関連記事

携帯に災害時の緊急情報 大阪市、きょうからメール配信」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-3f44.html

« 災害情報:携帯で「避難せよ」 和歌山県が全国初、ドコモにメール一斉配信 | トップページ | 大阪府の「君が代起立条例」が施行 「大阪維新の会」の“強行”に批判と不満 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/41525979

この記事へのトラックバック一覧です: 「橋下徹氏と平松邦夫氏の台風への対応」:

« 災害情報:携帯で「避難せよ」 和歌山県が全国初、ドコモにメール一斉配信 | トップページ | 大阪府の「君が代起立条例」が施行 「大阪維新の会」の“強行”に批判と不満 »

ウェブページ

無料ブログはココログ