2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 「多くの人が橋下氏を支持する理由について」 | トップページ | 「“だんじり”についての質問および要求について(2011年9月24日)」 »

2011年9月29日 (木)

「だんじり・PL花火の騒音についての法務省への人権相談(2011年9月16日)について」

「だんじり・PL花火の騒音についての法務省への人権相談(2011年9月16日)について」

 

「法務省」に人権相談のメールを送りました。

ご返事があると良いのですが。

http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken113.html

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2011年9月16日

 

法務省様

 

「だんじりの騒音・PL教団の花火による騒音について」

 

毎年10月頃に「だんじり」を行うそうです(主催者は不明です)。

現在私の自宅の周りでは週に3日くらいの割合で20時頃から「ドンドン」という練習の太鼓の音が響き渡っています。

本番の日には、深夜の0時近くまで拡声器を使って訳の分からない掛け声や雄たけびを上げています。

 

また、毎年8月1日にPL教団(パーフェクト・リバティー教団)が「花火芸術」と勝手に称して花火を打ち上げ近隣住民に騒音による苦痛を被らせます。

 

1)これは私の静穏権(憲法13条、19条、25条、人格権等)を侵害しています(囚われの聴衆)。

 

2)また、これらの音を強制的に聞かされることになり、「宗教的上の行為・・・に参加する事を強制」される事になります。

よって、これらは、私の信教の自由(憲法20条2項)を侵害しています(「2項」という所が重要です)。

 

日本国憲法<第20 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。

 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。

 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。>

 

これらについて、私の人権侵害の救済を求めます。

 

以上

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

おわり

 

« 「多くの人が橋下氏を支持する理由について」 | トップページ | 「“だんじり”についての質問および要求について(2011年9月24日)」 »

だんじり・祭り騒音」カテゴリの記事

拡声器騒音・文化騒音」カテゴリの記事

(PL教団)花火・騒音公害行為」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/41737893

この記事へのトラックバック一覧です: 「だんじり・PL花火の騒音についての法務省への人権相談(2011年9月16日)について」:

« 「多くの人が橋下氏を支持する理由について」 | トップページ | 「“だんじり”についての質問および要求について(2011年9月24日)」 »

ウェブページ

無料ブログはココログ