2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 「君が代強制大阪府条例はいらん!全国集会(2011年9月24日)」 | トップページ | 「動画「なぜ日本では「一人一票」の権利がないのか」の感想」 »

2011年10月29日 (土)

「「中島岳志のフライデースピーカーズ」(2011年10月7日(金)」

「「中島岳志のフライデースピーカーズ」(2011年107日(金)放送 (16:0019:00))」

http://www.sankakuyama.co.jp/podcasting/nakajima.html

 

「中島岳志のフライデースピーカーズ」(2011年107日(金)放送 (16:0019:00))をネットで聴きました。

<テーマは「吉本隆明の原発推進論に挑む」大阪維新の会が提案している「教育基本条例」の問題>だそうです。

 

1時間位の所から、<橋下氏はアメリカで失敗した教育制度をまねしようとしている。>

 

北海道ローカルのCMも良いですね。

 

「社会の真実の見つけ方」堤未果氏の本の紹介。<アメリカ(ブッシュ氏)では、教師が学校の成績を上げるために生徒の成績を偽造。><試験中に答えを教えて回る教師も。><教師の離職率が上がった>そうです。

 

だからといって、「人間性」などという計測できないものを教育の目標にするのもどうかと思います。その前に教員や教育委員の人間性はどうなの?と思ってしまいます。

 

<貧困層が競争教育を支持した理由。親が教員に意見を言うようになった。貧困層の親が教育(子育て)の不満を教師に向けるようになった。富裕層の親は教育に協力してくれるので教師との関係は良い。>

 

<勤務評定が問題。少しでも嫌な教師を生徒や親が辞めさせようとする。教師が親の顔色を忖度するようになる。>

 

<教育の出口の就職では、コミュニケーション能力(人間力)至上主義。ここが矛盾。>

 

<橋下氏に(多くの人々の)支持が集まる理由。少し上の生活をしている人を嫉妬しバッシング。赤木智弘氏の「希望は戦争」も。>

 

「ハシズム」2回目は10月24日。中島岳志氏、寺脇研氏、雨宮処凛氏も出演だそうです。

 

結局、コミュニケーション能力に点数をつけ競争ということでしょうか?ある程度の学力は必要でしょう。学力が高い生徒はコミュニケーション能力が低いという型にはまったステレオタイプな人間観。橋下氏も教育委員もどちらも気に入りません。

 

コミュニケーション能力の低い人の個人・個性は認めないのでしょうか?結局は、どちらか一方ではなく、どの辺りでバランスを取るかという事でしょう。

 

あくまでも時間に限りがあるラジオの生放送(?)での発言です。中島岳志氏は、そこまで単純ではないでしょうが。

 

結局、学校は、企業が要求する人材を製造するベルトコンベアーに過ぎません。その企業が要求する能力が、学力重視なのかコミュニケーション能力重視なのかの違いがあるだけです。コミュニケーション重視が、うつ病や発達障害の人を増やしていると思うのですが。

 

おわり

 

(無関係動画)

「ピンク・フロイド・Another brick in the wall

http://www.youtube.com/watch?v=YR5ApYxkU-U&feature=related

 

« 「君が代強制大阪府条例はいらん!全国集会(2011年9月24日)」 | トップページ | 「動画「なぜ日本では「一人一票」の権利がないのか」の感想」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/42661739

この記事へのトラックバック一覧です: 「「中島岳志のフライデースピーカーズ」(2011年10月7日(金)」:

« 「君が代強制大阪府条例はいらん!全国集会(2011年9月24日)」 | トップページ | 「動画「なぜ日本では「一人一票」の権利がないのか」の感想」 »

ウェブページ

無料ブログはココログ