2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 「橋下徹氏のツイッター(2011年9月19日)より」 | トップページ | 「マスコミに媚びぬ小泉純一郎(佐高信氏、1997年)」 »

2011年10月22日 (土)

教職員下位5%免職案「確かに乱暴」…橋下知事

読売新聞hp20111012日)より

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111012-OYT1T00288.htm?from=tw

 

(引用始め)

 

教職員下位5%免職案「確かに乱暴」橋下知事

 

大阪府の橋下徹知事は11日の民放番組で、5段階の相対評価による人事評価を明記した教育基本条例案について、絶対評価に修正する考えを示した。

2年連続で最低評価(下位5%)の教職員を分限免職の対象とする条例案に反対する府教育委員の陰山英男・立命館大教授 が、番組内で「必ず誰かが貧乏くじを引く」と相対評価の問題点を指摘。これに対し、橋下知事は「(5%と)数を決めるのは確かに乱暴。絶対評価に直す代わりに審査を厳しくする」と応じた。府立学校の全校長公募制についても、「現実的に無理なら、全員じゃなくてもいい」と述べた。

 橋下知事は終了後、報道陣に、「教育現場に世間の風を入れるのが一番重要。住民の意見を教員の評価に反映させる仕組みができれば、評価が絶対か相対かは大した問題じゃない」と語った。

201110121027 読売新聞)

 

(引用終わり)

 

この新聞記事を事実と仮定してコメントします。

1)橋下氏は、いつものように、<(5%と)数を決めるのは確かに乱暴。>、<評価が絶対か相対かは大した問題じゃない>などと、前言を翻すような発言です。

もう驚きませんが・・・

 

例えば、現在が「100」だとしましょう。

そして、橋下氏が「60」にしたいと思っているとしましょう。

(反発を覚悟して)初めに「20」というかなり極端な数字にすると言います。

予想通り激しい反発があり、それを受けて最終的に「60」になったとしましょう。

そうすると、まるで議論の結果として修正し妥協し「60」になったかのように見せかけることができますよね。

結局は、橋下氏が初めに目指していた所になっているのです。

このような手法を積み重ねる事によりと橋下氏の思い通りになっている様な感じです。

だからツイッター等で激しく批判されるのは橋下氏の想定の範囲内なのでしょう。

私も含めたツイッター等で橋下氏を批判する人達は、橋下氏の掌の上で踊らされているのかも知れません。

また、橋下氏にとっては、結果が思い通りになれば、発言がぶれるかどうかなんて、<大した問題じゃないのでしょう。

橋下氏に騙されないためにも、始め(議論前の制度)と終わり(議論後の制度)、および橋下氏が最初に何を言っていたのかを記録し記憶する事が大切です。

 

2)「世間」については、下記の関連記事を参照下さい。

 

おわり

 

関連記事

「橋下徹氏が「世間」という言葉を使う時」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-7d59.html

 

« 「橋下徹氏のツイッター(2011年9月19日)より」 | トップページ | 「マスコミに媚びぬ小泉純一郎(佐高信氏、1997年)」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/42503779

この記事へのトラックバック一覧です: 教職員下位5%免職案「確かに乱暴」…橋下知事:

« 「橋下徹氏のツイッター(2011年9月19日)より」 | トップページ | 「マスコミに媚びぬ小泉純一郎(佐高信氏、1997年)」 »

ウェブページ

無料ブログはココログ