2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 「PL花火と“だんじり”についての法務省からの回答(2011年9月22日)」 | トップページ | 「2011年版・だんじり批判(その1)」 »

2011年10月 2日 (日)

「一人一票つぶやき祭り(2011年9月25日)より、私生活主義への反省」

「一人一票つぶやき祭り(2011年9月25日)より、私生活主義への反省」

 

「一人一票実現国民会議」hp

http://www.ippyo.org/

 

毎週日曜日の21時から22時30分まで、「一人一票つぶやき祭り」を行っています。

2011年9月25日の分をまとめます。

 

<最高裁判官の国民審査ですが、ぎりぎり過半数ではなく、どうせなら圧倒的多数の方に「×」を付けて頂きたいです。>

 

<一人一票運動の理論について、今の所、強力な反論はありません。反対意見もお待ちしております。皆が賛成では、面白くありません。>

 

<一人一票問題も原発問題もですが、私生活主義(私生活が楽しければ、政治や社会問題なんてどうでも良いという考え)が今の日本を作ったのでしょうね。反省です。ただし、政治や社会について語ると排除されるような風潮がある(あった)事も事実です。>

 

ここからは追記です。

私の実体験から言うと、(東日本大震災以前は、)日常会話で「原発の危険性」の話をするような人は、「共産主義者」(おかしな人)のレッテルを貼られ、排除され(避けられ)てきました。

「憲法」や「人権」については、今でもそうかも知れません。

(なお、「人権」や「反原発」と「共産主義」とは、特に何の関係もありません。)

 

しかし、これからは自分の生命・財産を守るために政治や社会に関心を持ち、国家権力や社会的権力を監視し続けざるを得ないでしょう。

そのための第一歩としての「一人一票」実現のために、最高裁判所裁判官の国民審査(憲法79条2項、3項)において、一人一票ではない状態を違憲としない裁判官に、私は「×」を付けます。

 

おわり

 

(関連記事)

「一人一票つぶやき祭り(2011年9月18日)から橋下氏批判へ」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-0d0b.html

 

一人一票つぶやき祭り(2011年8月21日)」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-69a0.html

 

「一人一票実現国民会議(2011年4月17日)」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-b19f.html

 

« 「PL花火と“だんじり”についての法務省からの回答(2011年9月22日)」 | トップページ | 「2011年版・だんじり批判(その1)」 »

憲法・人権」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/42195980

この記事へのトラックバック一覧です: 「一人一票つぶやき祭り(2011年9月25日)より、私生活主義への反省」:

« 「PL花火と“だんじり”についての法務省からの回答(2011年9月22日)」 | トップページ | 「2011年版・だんじり批判(その1)」 »

ウェブページ

無料ブログはココログ