2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 教職員下位5%免職案「確かに乱暴」…橋下知事 | トップページ | 「河崎大阪市議、知事の特別秘書時代 公用携帯 4割時間外使用」 »

2011年10月23日 (日)

「マスコミに媚びぬ小泉純一郎(佐高信氏、1997年)」

「マスコミに媚びぬ小泉純一郎(佐高信氏、1997年)」

 

「ニッポンの大問題」(講談社文庫、佐高信、2001年)の「マスコミに媚びぬ小泉純一郎の「花も花なれ、人も人なれ」」(P116から)(初出は1997年です。)において、佐高信氏が今では批判しているであろう小泉純一郎氏を絶賛しています。

少しだけ引用します。

 

<信念を貫いてマスコミを追わない小泉>

(小泉氏の発言について)<国民への信頼がうかがわれた>

<小泉の意見は新鮮だった。>

<小泉のような政治家の存在はすがすがしい。>

<歯切れのよい小泉の発言は、小泉が貴重な政治家であることを証明して余すところがない。>

<自らを「引っ込み思案」と規定する小泉の健闘を祈る。>という文章で終えています。大絶賛です。

 

小泉氏の総理大臣就任時期は、2001年4月26日から2006年9月26日です。

そして、前述のように、この文章の初出は1997年であり、小泉氏の総理就任の少し前という事になります。

あの辛口評論家として有名な(?)佐高氏がこれなら、一般の多くの人達は、少し遅れて2000年頃に大絶賛していたのではないでしょうか。

 

ポピュリズムや新自由主義など、小泉氏と似たような政治家に橋下徹氏がいます。

2011年現在、橋下徹氏に人気があるのは、多くの人が橋下氏の発言に歯切れの良さや、すがすがしさを感じているからでしょう。

ただし、咲洲庁舎の防災拠点からの撤退など、そろそろボロが出てきている感じです。

橋下人気は、いつまで続くのでしょうか。

 

おわり

 

« 教職員下位5%免職案「確かに乱暴」…橋下知事 | トップページ | 「河崎大阪市議、知事の特別秘書時代 公用携帯 4割時間外使用」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/42587863

この記事へのトラックバック一覧です: 「マスコミに媚びぬ小泉純一郎(佐高信氏、1997年)」:

« 教職員下位5%免職案「確かに乱暴」…橋下知事 | トップページ | 「河崎大阪市議、知事の特別秘書時代 公用携帯 4割時間外使用」 »

ウェブページ

無料ブログはココログ