2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 「マスコミに媚びぬ小泉純一郎(佐高信氏、1997年)」 | トップページ | 「「徹底検証「橋下主義」(ハシモトイズム)」の感想」 »

2011年10月24日 (月)

「河崎大阪市議、知事の特別秘書時代 公用携帯 4割時間外使用」

読売新聞hp20111013日)より

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20111013-OYT8T00076.htm

 

(引用始め)

 

河崎大阪市議、知事の特別秘書時代 公用携帯 4割時間外使用

昨年10月から今年2月

 

 地域政党・大阪維新の会(代表=橋下知事)の河崎大樹・大阪市議が橋下知事の特別秘書だった昨年10月~今年2月、公用携帯電話の使用の4割が勤務時間外だったことが府の調査でわかった。府は「特定の政治団体のために使用された事実は確認できなかった」としているが、一部の府議は「政治目的と疑われても仕方がなく、該当する使用料の返還を求めるべきだ」と批判している。

 12日の府議会総務委員会で、民主議員の質問に対し、府が明らかにした。

 河崎市議は2008年2月から3年間、橋下知事の特別秘書を務めた。記録が残る5か月分について府が調査したところ、公用携帯で通話した計916 件(通話料3万1480円)のうち、42%の383件(同1万3230円)が、平日の勤務時間(午前9時~午後6時)外や土日、祝日の使用だったという。

 河崎市議は08年11月の橋下知事の海外出張に随行した際に複数回、今年1月に1回、それぞれ公用携帯を私的に使用したとして、該当する通話料金2140円を府に返還したが、そのほかの使用については、「維新側に公用携帯で連絡を取ることはあったが、知事の日程調整の範囲内で、問題はない」と話している。

 特別秘書は、知事の政治活動を補佐する役目も担うが、橋下知事は維新の会を設立した昨年4月、「府民の誤解を招く」として、河崎氏に勤務時間中は維新の会に関する業務を控えるよう指示していた。

20111013 読売新聞)

 

(引用終わり)

 

新聞記事を事実と仮定してコメントします。

現在は大阪市議の河崎大樹氏が橋下徹氏の特別秘書をしていた時の携帯電話の私的使用疑惑です。

事実なら利息も含めて返還するべきです。

公金(府民の税金)という意識が低いのでしょう。

まさに「税金泥棒」です。

 

もう少し言うと、返還しただけで済む問題でしょうか。

河崎氏個人の問題でもあるのでしょうが、「大阪維新の会」という組織には責任は無いのでしょうか。

職員のカラーコピーを原則禁止にしたり、福祉予算を削ったり、お金に細かいと言いながら、自分達はこれですからね。

 

おわり

 

 

« 「マスコミに媚びぬ小泉純一郎(佐高信氏、1997年)」 | トップページ | 「「徹底検証「橋下主義」(ハシモトイズム)」の感想」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

後で、この記事を訂正します。

少し修正しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/42504460

この記事へのトラックバック一覧です: 「河崎大阪市議、知事の特別秘書時代 公用携帯 4割時間外使用」:

« 「マスコミに媚びぬ小泉純一郎(佐高信氏、1997年)」 | トップページ | 「「徹底検証「橋下主義」(ハシモトイズム)」の感想」 »

ウェブページ

無料ブログはココログ