2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 「“だんじり”についての質問および要求について(2011年9月24日)」 | トップページ | 「一人一票つぶやき祭り(2011年9月25日)より、私生活主義への反省」 »

2011年10月 1日 (土)

「PL花火と“だんじり”についての法務省からの回答(2011年9月22日)」

「PL花火と“だんじり”についての法務省からの回答(2011年9月22日)」

 

下記の関連記事のメールに対して、2011922日に法務省から、回答がありました。以下に転載します。色変えは引用者です。

 

(引用始め)

 

○○様からのメールを拝見しました。
法務省の人権擁護機関は,「人権を侵害された。」という被害者からの具体的な事実の申出を受け,人権侵害の疑いがある場合,救済手続を開始します。調査の結果,「人権侵害あり。」と認められれば,相手方に対する個別の啓発を行うなど,救済のための措置を講じています。
しかしながら,当機関から,「だんじり」の主催者やPL教団に対して,祭りや花火をやめるよう,若しくは音を控えるよう命令したり,処分するなどの
措置を講じることはできません
まずは,それぞれの
主催者側と話合いをなさってはいかがでしょうか。自治会に相談するのも一つの方法だと思います。
また,法的な手続きによる解決をお考えであれば,
弁護士などに相談していただくのも一つの方法です。以下に法律に関する相談窓口として「大阪弁護士会」及び「法テラス」を御案内しますので,参考にしてください。
なお,法テラスでは,民事法律扶助業務の一環として,経済的余裕のない方を対象とした無料法律相談を実施しています。当該無料法律相談を利用するためには,収入が一定額以下である等の条件に該当する必要があることを申し添えます。詳しくは,法テラスへお問い合わせください。
また,市区町村役場において,無料法律相談が開設されているところもあるようです。

(引用終わり)

 

要点をまとめると、①<主催者側と話合い>、②<自治会に相談

③<弁護士などに相談>、という事です。

①ですが、<主催者>が誰なのかも分かりません。役所に聞いても「有志」とだけしか言いません。

②ですが、<自治会>が主催者だと思って言ってみたのですが、<自治会>は関係ないそうです。

自治会>を通して主催者と交渉するというのも一つの手段かもしれません。

そもそも主催者が誰かも分からないのですが・・・

③<弁護士などに相談>について、無料の相談があれば行ってみようと思います。

こういう所にお金を払わないから駄目なのでしょうか?

お金を払っても、解決しそうな気がしないのです。

 

おわり

 

関連記事

「だんじり・PL花火の騒音についての法務省への人権相談(2011年9月16日)について」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post.html

 

« 「“だんじり”についての質問および要求について(2011年9月24日)」 | トップページ | 「一人一票つぶやき祭り(2011年9月25日)より、私生活主義への反省」 »

だんじり・祭り騒音」カテゴリの記事

拡声器騒音・文化騒音」カテゴリの記事

(PL教団)花火・騒音公害行為」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/42107477

この記事へのトラックバック一覧です: 「PL花火と“だんじり”についての法務省からの回答(2011年9月22日)」:

« 「“だんじり”についての質問および要求について(2011年9月24日)」 | トップページ | 「一人一票つぶやき祭り(2011年9月25日)より、私生活主義への反省」 »

ウェブページ

無料ブログはココログ