2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 「2011年版・だんじり批判(その1)」 | トップページ | 「だんじりの練習(2011年9月2日(日曜日))の実況中継」 »

2011年10月 4日 (火)

「反だんじり非公式ソング「死ね死ね団のうた」」

「反だんじり非公式ソング「死ね死ね団のうた」」

 

1)「だんじり」についてですが、初めは拡声器を使った掛け声や太鼓の音が嫌なだけだったのに、交通渋滞も含めて、今ではもう「だんじり」の全てが嫌いになっています。

もうすぐ日本社会や日本の文化全てが嫌いになりそうです(一般化のしすぎです)。

次の歌をお聴き下さい。

 

「死ね死ね団のうた「レインボーマン」より」http://www.youtube.com/watch?v=LxxojOMIAqw&NR=1

 

「死ね死ね団のテーマ(フルVer )-谷山紀章」

http://www.youtube.com/watch?v=Mj7U9Je0w5w&feature=related

 

<黄色い豚めをやっつけろ>

<金で心を汚してしまえ>

<日本人は邪魔っけだ>

<黄色い日本ぶっ潰せ>

<世界の地図から消しちまえ>

 

私は「レインボーマン」を観た事がないのでこの曲を初めて聞いたのですが、すごい歌詩ですね。

作詩は川内康範先生でしょうか。

この歌がテレビで放送されていたとは・・・

原曲は勢いがあって良いですし、谷山紀章さんのバージョンは、洗練されていて、それぞれの良さがあります。

 

この<黄色い豚>に私も含まれているのでしょうが、この曲を日本の伝統文化・神事「だんじり」参加者の皆さまへ送ります。

無関心な人や反対していても声を上げない人も不作為により加担しているのと同じです。

「だんじり」の練習に拡声器って必要ですか?

深夜0時まで拡声器を使って掛け声を出すのが「伝統」「神事」ですか?

この歌を勝手に反だんじりの非公式ソングに認定します。

 

2)余談ですが、Wikipedia「愛の戦士レインボーマン」より

色変えは引用者です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9B%E3%81%AE%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3#.E6.AD.BB.E3.81.AD.E6.AD.BB.E3.81.AD.E5.9B.A3

 

「死ね死ね団」<地底戦車「モグラート」による人工地震と人工津波により日本の国際的信用と国際競争力を失墜させ孤立させるなど、現実感のある作戦が行われた。

 

「人工」という所を除くと、先見の明があるというか、ほとんど予言の域ですね。

 

おわり

 

« 「2011年版・だんじり批判(その1)」 | トップページ | 「だんじりの練習(2011年9月2日(日曜日))の実況中継」 »

だんじり・祭り騒音」カテゴリの記事

拡声器騒音・文化騒音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/42129701

この記事へのトラックバック一覧です: 「反だんじり非公式ソング「死ね死ね団のうた」」:

« 「2011年版・だんじり批判(その1)」 | トップページ | 「だんじりの練習(2011年9月2日(日曜日))の実況中継」 »

ウェブページ

無料ブログはココログ