2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 「2011年10月8日・9日の「だんじり」の報告」 | トップページ | 「大阪維新の会・さわのしげひろ氏のツイッター(2011年7月12日)より、選挙騒音について」 »

2011年10月18日 (火)

11.27大阪ダブル選:ドキュメント 橋下氏が呼び掛け、討論会に平松氏欠席

毎日新聞hp20111015日)より

http://mainichi.jp/kansai/hashimoto/news/20111015ddf001010010000c.html

 

(引用始め)

 

11.27大阪ダブル選:ドキュメント 橋下氏が呼び掛け、討論会に平松氏欠席

 

 前哨戦でさらに溝

 「焦点が定まらず、市民の期待に応える討論ができない」。7日午後4時ごろ、橋下徹大阪府知事(42)が率いる「大阪維新の会」の松井一郎幹事長(47)あてに、「公開討論会延期の申し入れ」と題したファクスが届いた。

 送り主は平松邦夫大阪市長(62)を支える後援団体「元気ネット大阪」幹事長の岩本洋子弁護士。橋下知事と平松市長の公開討論会が予定されていた 15日が迫る中、維新側と平松氏側の交渉が決裂した。「平松市長が示した日程で調整してきたのに。ボイコットとしか思えない」。文面を読んだ松井氏は怒りをあらわにした。

 騒動の発端は8月29日だった。橋下、平松両氏が大阪市内で開かれたフォーラムに出席し、近く公開討論会を開くことで合意。維新の市議が市幹部と調整を進めた。平松氏側が4案の日程を示し、維新側がその中で最も早い10月15日を選んだ。

 4日、維新側から平松氏側に電話がかかってきた。「チラシのチェックをしてほしい」。「何を言うてるんや」。平松氏側は「共催なのに、維新が勝手に会場を決めた」と反発した。

 翌5日、大阪市役所近くの法律事務所で、岩本弁護士と維新の喜多義典事務局長が向かい合った。「出馬宣言をしていない知事と討論する理由がどこにあるの」。初対面だったが、岩本弁護士はこう言い放ち、「準備が足りない。延期した方がよい」と畳み掛けた。事務所内に緊張感が走った。

 この打ち合わせで、平松氏側は、維新側が延期を了承したと受け取った。しかし、維新側は了承したとの認識はなく、5日夕に延期を受け入れない考えを伝えた。橋下知事は「僕の感覚では理解しがたい。ずっと討論を避けられる。これは選挙戦略だ」と批判した。

 「直接討論から逃げるつもりはない。大阪市長選に立候補するということで出た方が、お互いが目指す大阪の方向性の話ができる」。6日朝、平松氏は こう反論した。岩本弁護士は府庁に松井氏を訪ね、改めて延期を要請。チラシの参加申込書の送付先が維新事務局になっている点を挙げて「おかしい」と指摘した。「申込書はなしでいい」。松井氏は譲歩したが、岩本弁護士の返答は冒頭のファクスだった。

 主導権争いの末、両陣営の溝はさらに深まった。討論会は15日午後1時、橋下、松井両氏と、共産党の推薦を受け市長選に出馬する前市議、渡司(わたし)考一氏(59)、知事選に立候補する弁護士の梅田章二氏(60)が出席して大阪市内で始まった。

毎日新聞 20111015日 大阪夕刊

 

(引用終わり)

 

1)下記関連記事の追記です。

下記の関連記事では、平松市長に参加して欲しかったと書きましたが、少し訂正します。

上記新聞記事のように、維新の会の側から一方的に時間や会場を指定したり、勝手にポスターを印刷していたという情報もあります。

社会常識を持ち合わせた人なら、相手(平松市長側)の同意を得た上でチラシを印刷するものですよね。

平松市長側が怒るのも参加しないのも無理ありません。

このような事情を知らずに討論会を観た人は、「平松市長は公開討論から逃げた」と思いますよ。

維新側はあえて失礼な態度を取り、平松市長を怒らせ参加しないようにして、不参加を非難している様な感じです。

酷いですね。

ただ、討論自体は良かったという事です。

 

2)「goo辞書」より

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/200843/m0u/%E3%81%BC/

 

ボイコット【boycott 

[名](スル)

 組織的、集団的にある商品を買わずに、取引を拒絶すること。不買同盟。

 団結して特定の人を排斥したり、会合や運動などに参加しないこと。「投票をする」

[補説]1880年ごろのアイルランドで、小作人から排斥された土地差配人ボイコット大尉の名に由来。

 

松井一郎氏の「ボイコット」という言葉ですが、「ボイコット」とは上記のように、「組織的・集団で」何かをするという意味です。

平松市長独りでは、「ボイコット」とは言えません。

使い方が変ですよね。

どうでも良いのですが、「ボイコット」という言葉は、<小作人から排斥された土地差配人ボイコット大尉の名に由来。>しているそうです。

そう言えば、「ゲリマンダー」(<自分の所属する政党に有利なように選挙区を区割り>すること(wikipediaより))もゲリー氏に基づいているそうですね。

何百年か後の人々は、テレビの人気で当選して好き勝手する政治家の事を「ハシシタ」と呼んでいるかも知れません。

 

おわり

 

関連記事

「大阪維新の会の公開討論会(2011年10月15日)」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-dd9f.html

 

« 「2011年10月8日・9日の「だんじり」の報告」 | トップページ | 「大阪維新の会・さわのしげひろ氏のツイッター(2011年7月12日)より、選挙騒音について」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/42537877

この記事へのトラックバック一覧です: 11.27大阪ダブル選:ドキュメント 橋下氏が呼び掛け、討論会に平松氏欠席:

« 「2011年10月8日・9日の「だんじり」の報告」 | トップページ | 「大阪維新の会・さわのしげひろ氏のツイッター(2011年7月12日)より、選挙騒音について」 »

ウェブページ

無料ブログはココログ