2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 「橋下徹氏を批判しているhp(その4)」 | トップページ | 閉鎖病棟:入院中の31歳男逮捕、患者を絞殺容疑 横須賀 »

2011年11月28日 (月)

「たねまきジャーナル(2011年11月23日)平松氏と橋下氏の討論」

「たねまきジャーナル(2011年11月23日)平松氏と橋下氏の討論」

 

MBSラジオ「たねまきジャーナル(2011年11月23日)」を聴きました。昨日の生放送(下記関連記事①参照)の後に収録したものです。

 

「たねまきジャーナル」が始まりました。昨日言い足りない所。

平松氏「無いです。」

橋下氏「教育基本条例は、上から目線ではない。子供の事を考えた上でのもの。」

 

1)会場から、2重行政について。

橋下氏「大阪府全体に係わる事は大阪都がやる。住民の皆さんに身近な事は特別自治区がやっていく。」

平松氏「2重行政の定義が問題。2重マル行政になったらよい。補完性の原則。やれない所は府県に任せる。」

 

2)会場から、交通局の不祥事は給料が高いから?

平松氏「給料が高いという事はない。不祥事が多いのは事実。不祥事根絶プログラムを条例にした。仕事が緩い訳ではない。」

橋下氏「(先程の)2重行政について。財政がもつのか。大阪市は市町村並みの小規模なもので良い。身分保障があるから不祥事が多い。交通局は民営化。君が代を立って歌わない。民間で社歌を歌わなかったら左遷される。」

 

出ました。民間出羽の守(かみ)ですよ(下記関連動画②参照)。

公務員の仕事と「天皇の世が続きますように」という歌を歌わせる事の間に何の関係があるのでしょうか?

仕事をしない公務員には、仕事をしないということに対して何らかの懲戒処分をすれば良いのです。

 

3)会場から、都構想は賛成だが、「大阪都」という名称が気になる。住所表示も。都構想のメリット・デメリット?

橋下氏「メリットは、大阪の都市の力を最大限に発揮。世界と競争するため。大阪府域全体で成長戦略。デメリットはしっかりした都知事を選ばなきゃいけない。」

平松氏「大阪市民にとってメリットはありません。デメリットは、大阪市がバラバラになる。8・9区から24色に変わっているのはなぜ?」

 

平松氏はメリットは無いと言い切ってしまいましたね。私もそう思います(関連記事③参照)。

 

橋下氏「役所の組織と地域コミュニティーは別。」

平松氏「見事な詭弁。区割りを示していない。橋下さんは選挙で嘘を言っても良いと思っているのか。」

橋下氏「24色は政治のプロセス。(区割りは)住民の皆さんに住民投票で選択してもらう。」

 

住民が選択と言っても、いくつかの区割り案の中から住民投票により多数決で選ぶということになりますよね。その(現時点での)区割り案を出して欲しい所です。これでは住民は、判断のしようがありません。

 

平松氏「大阪市を潰す、とはっきり言ったらよい。特別区には議会が必要だが、議会の経費はどこにもない。」

橋下氏「特別区の議会は、市のお金を配分するだけ。地域はバラバラにしない。」

平松氏「財政調整に問題がある。大阪市の税収の4割を吸い上げる。具体的なものを何も示さないで観念的。」

橋下氏「権限を移すのでその分の税源を移す。」

 

生活保護等の福祉予算も移すのでしょうか?橋下氏の今までの政策から見ると、どうも信じられません。

 

4)地下鉄の今里筋線、民営化?

橋下氏「民間に委ねる。民間の合理的な判断。LRT(路面電車)。」

 

民間に委ねたら利用者の少ない路線は減らされるという事です。

 

平松氏「民営化も否定しないが公営企業で。」

 

5)会場から、原発関連について。

平松氏「関西電力の筆頭株主。関西電力と協力し代替エネルギー。夢洲で発電所。太陽光パネルの発電所。」

橋下氏「株主提案。蓄電。短期的には新型火力発電。関西広域連合に入る。」

株主提案については、大阪市は約8%しか保有していないので、否決される可能性が高いそうです(下記の参考サイト④参照)。

 

6)会場から、放射能が含まれた瓦礫の受け入れについて。

橋下氏「安全性をきちんと確認した上で受入れ。(受け入れないと)東北地方の支えにならない。」

平松氏「大阪市には埋める所が無いので、現時点では受け入れられない。」

 

7)最後に30秒。

橋下氏「新しい行政組織を作るのかどうか。」

平松氏「大阪市を市民に近い形にしたい。」

おわり。パチパチ(拍手)。

 

何度か司会の方から公職選挙法抵触への懸念が示されました。

前半と後半の間に激しいやり取りがあったとは思えないくらい良い討論でした(下記関連記事①参照)。

 

おわり

 

(関連記事)

①拙ブログ「たねまきジャーナル(2011年11月22日)平松氏と橋下氏の討論会」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-f519.html

 

②関連ユーチューブ動画「戸田の激烈演説:「民間出羽の守」のヘタレ共を嗤い、粉砕し、改心

http://www.youtube.com/watch?v=VPTVwWobcbM

 

③拙ブログ「大阪都構想にたいする現時点での考え(2011年11月)」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-5d92.html

 

④「橋下徹・松井一郎氏の維新の会 大阪ダブル選挙マニフェストの経済政策がまたカジノ誘致」(宮武嶺氏)

http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/9fb9df6623743aee9a8846e7faf32516

 

« 「橋下徹氏を批判しているhp(その4)」 | トップページ | 閉鎖病棟:入院中の31歳男逮捕、患者を絞殺容疑 横須賀 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/43165900

この記事へのトラックバック一覧です: 「たねまきジャーナル(2011年11月23日)平松氏と橋下氏の討論」:

« 「橋下徹氏を批判しているhp(その4)」 | トップページ | 閉鎖病棟:入院中の31歳男逮捕、患者を絞殺容疑 横須賀 »

ウェブページ

無料ブログはココログ