2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 自治体検証1 帰宅難民対策に不安・防災無線 | トップページ | 密着ルポ:’11大阪ダブル選 知事選 梅田章二候補 »

2011年11月29日 (火)

「刈り込む作業も必要」 阿久根市長が講演で持論

47news(2009年12月21日)より、記録として保存するために、全文を引用します。

http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009122101000895.html

 

(引用始め)

 

「刈り込む作業も必要」 阿久根市長が講演で持論

 

 障害者差別ともとれるブログの記載が反発を招いている鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が21日、福岡市内で講演し「活力ある社会をつくるため、生命の部分に踏み込まなきゃ駄目。表現として厳しいかもしれないが、刈り込む作業もしないと全体が失われる」と持論を展開した。

 市長は自身のブログに「高度医療が障害者を生き残らせている」などと書き込み、障害者団体などの抗議を受けて18日夕に削除した。

 講演会で市長は「障害者への差別だの何だのという視点は、実は分からない」と述べた上で「植物で考えると分かりやすい。わたしたちは葉っぱや枝のようなもの」と解説。「社会づくりは木を育てるようにしなきゃならない。枝の先が腐ってきたら切り落とさないかん」と強調した。

 市長はウクレレを弾き、自作の歌詞で替え歌も披露。市議会の反市長派議員に向けて「市長下ろしを考える 反対討論考える 次の選挙は忘れてる」と皮肉ったり、自分の立場を「裁判対策考える ああやんなっちゃった」と歌ってみせた。

2009/12/21 21:19 【共同通信】

 

(引用終わり)

 

Wikipediaより

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E8%87%AA%E7%94%B1%E4%B8%BB%E7%BE%A9

 

新自由主義(ネオ・リベラリズム)とは、<市場原理主義経済思想に基づく、低福祉、低負担、自己責任を基本に小さな政府推進し、均衡財政・福祉・公共サービスなどの縮小、公営事業の民営化、経済の対外開放、規制緩和による競争促進、労働者保護廃止などの経済政策の体系。競争志向の合理的経済人の人間像、これらを正統化するための市場原理主義からなる、資本主義経済体制をいう。

 

簡単に言うと、新自由主義とは、お金儲けの競争に勝ち抜く人しか生きていてはいけないということです。

新自由主義の行きつく先は、病者や障害者の切り捨ての優生学・優生思想であり、ナチスドイツと同じなのです。

枝の先が腐ってきたら切り落とさないかん>とのことですが、これは、新自由主義の実践者・竹原信一氏の本音でしょう。

このような人物を落選させた阿久根市民の皆さんの民意の高さに敬意を表します。

それに対して、東京都民・大阪府(市)民は・・・

 

おわり

 

« 自治体検証1 帰宅難民対策に不安・防災無線 | トップページ | 密着ルポ:’11大阪ダブル選 知事選 梅田章二候補 »

精神科医療・福祉・自殺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/43182145

この記事へのトラックバック一覧です: 「刈り込む作業も必要」 阿久根市長が講演で持論:

« 自治体検証1 帰宅難民対策に不安・防災無線 | トップページ | 密着ルポ:’11大阪ダブル選 知事選 梅田章二候補 »

ウェブページ

無料ブログはココログ