2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 「橋下徹氏の公職選挙法違反についての回答」 | トップページ | 「2011年11月12日 【公開討論会】 平松邦夫 VS 橋下徹 大阪市長選直前 の感想」 »

2011年11月19日 (土)

憤慨!橋下氏、市立中のイベント会場に入れず

産経jp2011.11.13)より

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/111113/waf11111314220010-n1.htm

 

(引用始め)

 

憤慨!橋下氏、市立中のイベント会場に入れず

2011.11.13 14:18 

 

 大阪市長選に立候補した橋下徹氏(42)が13日、選挙運動の一環として訪問予定だった同市福島区の市立中学校の地域イベント会場に入れず、憤慨する一幕があった。主催者側が混乱を恐れて入場を断ったというが、橋下氏は学校前でスピーカーを使って「大阪維新の会は、教育現場のこのような感覚を変えていきたい」と演説した。

 橋下氏は13日午前11時ごろ、福島区の中学校で開かれていたイベント会場を訪問。会場ではクイズ大会などが行われ、地元小学生らが参加していた。

 維新市議によると、橋下氏側は事前に主催者に訪問を伝えていたが、主催者側は、橋下氏が会場に着いた後「現場が混乱する」と判断して入場を断ったという。

  学校前で演説した橋下氏は「校長に『候補者だから入るな』と言われた。市長候補であるにもかかわらず、学校に入れてくれない。これが保護者の感覚に合っているのか極めて疑問だ」と反発。「保護者とふれあうのが本来の市長の仕事。保護者の皆さん、われわれは保護者を守ります」と声を張り上げた。

 「中に入って保護者の意見を伺いたかった」という言葉を残し、次の演説会場に向かった橋下氏。中学校の校長は「主催のPTAが決めたことなので」と複雑な表情を浮かべていた。

 

(引用終わり)

 

スポニチ(2011年11月14日)より

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/11/14/kiji/K20111114002026600.html

 

(引用始め)

 

橋下氏波乱スタート!?トイレ貸してもらえず

 

大阪市長選告示 (1113日)

   

 任期満了に伴う大阪市長選が13日、告示され、再選を目指す無所属の平松邦夫氏(62)と地域政党「大阪維新の会」代表で前大阪府知事の橋下徹氏 (42)が届け出た。同市福島区の中学校前で演説後にトイレを借りようとした橋下氏が門前払いに遭うハプニングがあり、波乱の選挙戦スタートとなった。知事辞職に伴う10日告示の府知事選とともに、27日に投開票される。

 PTA主催行事開催中の中学校前。橋下氏は街宣車上で公立校へのクーラー設置や給食の導入、医療費助成など
保護者に聞こえの良い公約を並べ「僕も7人の子供がいるから教育を何とかしたい」と訴えて喝采を浴びた。

 車から降り、報道陣とやじ馬にもみくちゃにされながら、
トイレを借りようと正門へ歩を進めた時だった。

 
「危ないじゃないですか。入らないでください。何が子供を守るですか!」

 いら立った表情で婦人が仁王立ち。これまで強い実行力をアピールしてきた橋下氏もさすがに強行突破はできず、慌てて退散。
再び街宣車に乗ると「僕に反発する人もいると思う」と苦笑いするしかなかった。

  維新の会は大阪都構想や公務員改革だけでなく、教育改革もマニフェストの一つに掲げ、教育委員会制度を見直し、住民の意思を反映できる仕組みを構築するなどと主張している。しかし、知事時代に「ダメな公立は廃校にする」などと発言し、一部から猛反発を受けた橋下氏。投開票まで2週間、保護者らの根強い不信感を払しょくすることも課題となりそうだ。

 その一方、組織票を持たないだけに浮動票を掘り起こすことも急務。午後には若者が集うミナミのアメリカ村を訪れ、これまで「GIRL NEXT DOOR」や「黒夢」がライブを開いたテナントビル2階からゲリラ演説した。

 「
楽しんでるかい!大阪を変えてニューヨークやロンドンに勝とう!」と絶叫。ただ、府知事選に出馬している維新の会の松井一郎幹事長(47)が「選挙いつか知ってる人?」と問うと、ほとんど反応がなく、まだまだ若者には浸透していない状況も露呈した。

 

[ 20111114 06:00 ]

 

(引用終わり)

 

これらの記事を事実としてコメントします。

1)<橋下氏は学校前でスピーカーを使って「大阪維新の会は、教育現場のこのような感覚を変えていきたい」と演説した。>そうです。

 

公職選挙法<(連呼行為の禁止)

第百四十条の二  何人も、選挙運動のため、連呼行為をすることができない。ただし、演説会場及び街頭演説(演説を含む。)の場所においてする場合並びに午前八時から午後 八時までの間に限り、次条の規定により選挙運動のために使用される自動車又は船舶の上においてする場合は、この限りでない。

  前項ただし書の規定により選挙運動のための連呼行為をする者は、学校学校教育法第一条 に規定する学校をいう。以下同じ。)及び病院、診療所その他の療養施設の周辺においては、静穏を保持するように努めなければならない。

 

公職選挙法140条の2、2項に違反するような気もしますが、政策を述べているので「連呼行為」ではない、と言い訳するのでしょうか?

 

2)<橋下氏は「校長に『候補者だから入るな』と言われた。市長候補であるにもかかわらず、学校に入れてくれない。>と述べたそうですが、公立の学校が特定の候補者の選挙運動に利用されたら中立性の観点から問題です。

市長候補であるにもかかわらず、>ではなく、市長候補者だから学校に入れてくれないのです。

平松氏でも入れないでしょう。

単なる不審者ですからね。

(良い悪いは別にして)最近では橋下氏でなくても関係者以外は学校には入れてもらえませんよ。

場合によっては入校証が必要な場合もあるそうです。

 

中学校の校長>によると<「主催のPTAが決めたこと>だそうです。

これこそがまさに民意ですね。

 

3)<保護者に聞こえの良い公約>との部分ですが、何か悪意がありそうな表現です。

 

4)<トイレを借りようと正門へ歩を進めた時だった。「危ないじゃないですか。入らないでください。何が子供を守るですか!」いら立った表情で婦人が仁王立ち。これまで強い実行力をアピールしてきた橋下氏もさすがに強行突破はできず、慌てて退散。>との事です。

この主婦の意見だって民意ですからね。

自分に都合のよい意見だけ民意にするつもりでしょうか。

 

5)心斎橋で<楽しんでるかい!>と若者に呼び掛けたそうです。

何か古くないでしょうか?

 

おわり

 

« 「橋下徹氏の公職選挙法違反についての回答」 | トップページ | 「2011年11月12日 【公開討論会】 平松邦夫 VS 橋下徹 大阪市長選直前 の感想」 »

拡声器騒音・文化騒音」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

選挙騒音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/43054331

この記事へのトラックバック一覧です: 憤慨!橋下氏、市立中のイベント会場に入れず:

« 「橋下徹氏の公職選挙法違反についての回答」 | トップページ | 「2011年11月12日 【公開討論会】 平松邦夫 VS 橋下徹 大阪市長選直前 の感想」 »

ウェブページ

無料ブログはココログ