2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 「「「仮面の騎士」橋下徹」の感想(前半)」 | トップページ | 自治体の防災無線、デジタル化費用の一部補助 消防庁 »

2011年11月 7日 (月)

大阪ダブル選 自民国会議員、維新と対決 消極的

読売新聞hp20111030日)より 

http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20111030-OYO1T00213.htm?from=main1

 

(引用始め)

 

大阪ダブル選 自民国会議員、維新と対決 消極的

 

 「大阪ダブル選」(11月27日投開票)を前に、自民党大阪府連は29日、大阪市内で定期大会を開き、府知事選で池田市長の倉田薫氏(63)、大阪市長選で現職の平松邦夫氏(62)を、それぞれ府議団、市議団が推薦することを了承した。既に両氏の支援を決めている民主党と連携する。もっとも、国政選挙で民主と戦う国会議員の多くは両氏の支援や大阪維新の会との全面対決に消極的で、一枚岩にはほど遠い状況だ。

 自民の大会には平松氏も登壇。市長選で対決する知事で維新代表の橋下徹氏(42)について、「知事を放り投げ、『独裁が必要だ』と言い放っている」と批判した。平松氏は前回選で民主推薦で当選しており、大会出席は初めて。「公務の合間にたまたま立ち寄った」との体裁であいさつすることになったという。

 「(平松氏に)退出してもらえっ」

 西野陽・衆院議員が声を上げたのは、平松氏があいさつを終え、壇上の来賓席に座った時。平松氏は慌てて降壇せざるを得なかった。

 市議会で維新と対立する自民市議団は、「反維新」で平松氏との連携を強めているが、次期衆院選で維新との連携を期待する国会議員の多くは、逆に平松氏支援に後ろ向きだ。西野氏は息子2人が維新府議。読売新聞の取材に対し、「たまたま来たなら出席はやむを得ないが、来賓席に座るのはおかしい」と説明した。

 知事選候補を巡っても、国会議員と地方議員の思惑はねじれたままだ。

 28日に突然、出馬の意向を府連幹部に伝えた自民党参院議員の丸山和也氏(65)については、府議らの間で「倉田氏で話が進んでいるのに今更乗り換えられない」などと批判的な意見が強い。だが、ある国会議員は「知名度が高い」と出馬に期待。谷川秀善・参院議員も報道陣に、「頑張れ」と丸山氏を激励 したと明かし、「決意は固いようだ。府議団が(倉田氏推薦を)決めたからやめとけ、というわけにはいかない」と語った。

20111030 読売新聞)

 

(引用終わり)

 

スポニチ(20111030日)より

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/10/30/kiji/K20111030001921450.html

 

(引用始め)

 

平松氏 自民大会初出席も親橋下議員から「座るな」

 

   

 市長選で再選を目指す平松邦夫市長は29日、党府連大会に初めて出席、鞍替え出馬する橋下知事に関し「残り任期がある知事職を放り投げ、大阪をわが物にしようとしている。見過ごすわけにいかない」と批判した。1期目の市政運営に関し「市政改革で予定を上回る成果を挙げることができた。皆さんのおかげ」と 謝意。市長はあいさつ後、市内選出の衆院議員の指示で壇上の空席に着席。ところが知事に近い別の衆院議員が、市長を来賓として招待していないとして「そこに座るんじゃない」と声を荒らげ、市長が足早に退席する一幕もあった。

 

[ 20111030 06:00 ]

 

(引用終わり)

 

1)2つの記事が微妙に違いますが、事実としてコメントします。

平松邦夫氏が自民党の大会にたまたま立ち寄ったので挨拶をするという事にして挨拶したそうです。

そして、来賓席に座った平松氏に対して、西野あきら衆議院議員(自民党)が「声を荒げ」て反対したそうです。

(「声を荒げ」たかどうかは、かなり主観的ですが。)

「たまたま来たなら出席はやむを得ないが、来賓席に座るのはおかしい」>という西野あきら氏の説明は一応理屈としては通っていますが、「声を荒げ」る必要はないと思います。

自民党の市議団・府議団が推薦を決めた平松氏に対して失礼にあたります。

除名処分を含めた内部処分をしても良いレベルだと思います。

 

2)一応書いておきますが、自民党の西野あきら氏の子供の西野こういち氏と西野修平氏は、共に大阪維新の会所属の大阪府議会議員です。

「維新」なんて言いながら世襲議員ですからね。古い政治体制そのものです。

先日、自民党の掲示板に維新の会の西野修平氏のポスターが貼られているのを見ました。この矛盾をどう説明するのでしょうか?

 

3)先日、エヴァンゲリオンの惣流・アスカ・ラングレーさんに大阪維新の会の世襲議員についてインタビューしました。

 

「あんた、バカァ?

どうせ親がいないと何にも出来ないんでしょ。

いざという時に役に立たない「七光り」。

「維新」なんて言いながら古い体質なんだから。

ちょっと選挙で勝ったからって調子に乗って。

何でもかんでも大阪市のせいにして、外罰的過ぎんのよ。

あんた、バカァ?」

 

おわり

 

« 「「「仮面の騎士」橋下徹」の感想(前半)」 | トップページ | 自治体の防災無線、デジタル化費用の一部補助 消防庁 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/42888805

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪ダブル選 自民国会議員、維新と対決 消極的:

« 「「「仮面の騎士」橋下徹」の感想(前半)」 | トップページ | 自治体の防災無線、デジタル化費用の一部補助 消防庁 »

ウェブページ

無料ブログはココログ