2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 「月刊「創」(2011年12月号)の感想」 | トップページ | 拘置所の独房で凍死、国に4360万円賠償命令 »

2011年12月 7日 (水)

反格差集会はハンドサイン マイク使わず議事進行

47news2011/10/17)より

http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011101701000627.html

 

(引用始め)

 

反格差集会はハンドサイン マイク使わず議事進行

 

 【ニューヨーク共同】米ニューヨークの反格差社会デモは16日、大きな動きがなく、数千人が声を上げた前日と打って変わって静かな日となった。毎日開かれる「総会」はこの日も開催。運動方針を決める会議で、マイクは使わず、参加者が賛成や反対を手のサインで示しながら議事を進行する独特のスタイルが用いられている。

 「これがきょうの議題です」と真ん中に立った男性が話すと、周囲の参加者が「これがきょうの議題です」と声を合わせて復唱。こうして全員に会議の中身が聞こえるという原始的な仕組みだ。意思決定は全会一致制。参加者は「ラジカル(根源的)な直接民主制」と胸を張る。

2011/10/17 17:47   【共同通信】

 

(引用終わり)

 

アメリカのニューヨーク州の反格差集会の「総会」では、<マイクは使わず、参加者が賛成や反対を手のサインで示しながら議事を進行する独特のスタイル>が採られているそうです。

この<手のサイン>は、市場(いちば)の競りのような感じでしょう。

マイクを使わない理由がこの記事からは分かりません。

この「総会」は、どこで行われているのでしょうか(室内・屋外)?

そして、出席者は何名くらいなのでしょうか?

「ラジカル(根源的)な直接民主制」という所から古代ギリシャの直接民主制を思い浮かべました。

観た事はありませんが。

 

おわり

 

« 「月刊「創」(2011年12月号)の感想」 | トップページ | 拘置所の独房で凍死、国に4360万円賠償命令 »

拡声器騒音・文化騒音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/43016157

この記事へのトラックバック一覧です: 反格差集会はハンドサイン マイク使わず議事進行:

« 「月刊「創」(2011年12月号)の感想」 | トップページ | 拘置所の独房で凍死、国に4360万円賠償命令 »

ウェブページ

無料ブログはココログ