2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 2011年4月17日 - 2011年4月23日 | トップページ | 2011年5月1日 - 2011年5月7日 »

2011年4月24日 - 2011年4月30日の7件の記事

2011年4月30日 (土)

余録:日本永住の決意をしたドナルド・キーンさんの…

毎日jp2011428日)より

http://mainichi.jp/select/opinion/yoroku/news/20110428ddm001070078000c.html

 

(引用始め)

 

余録:日本永住の決意をしたドナルド・キーンさんの

 

 日本永住の決意をしたドナルド・キーンさんの話は先日の小欄で触れたが、そのキーンさんが昔、作家の谷崎潤一郎の家を訪ねた時だ。「さし迫った必要」はなかったのに、お手洗いを借りることにした谷崎が「陰翳礼讃(いんえいらいさん)」でほめたような薄暗く、ほんのりと障子越しの光の中で瞑想(めいそう)にふけることのできる日本の厠(かわや)を見たかったからだ。しかし、期待は見事に裏切られた。「なぜならそれは、白いタイル張りの、ピッカピカの便所だったからである」(「声の残り」)谷崎には自宅新築の際、やはり「陰翳礼讃」に感動した建築家が書斎をほの暗くしようとしたら、陽光がさんさんと入る設計を求められたという逸話もある。美意識と生活の用は、文豪も使い分けざるを得なかったようだ「近頃のわれわれは電灯に麻痺(まひ)して、照明の過剰から起こる不便ということに対しては案外無感覚になっているらしい」。「陰翳礼讃」はこうも述べていた。その指摘を思わぬかたちで再考せざるを得なくなったのが、節電で照明を減らした街で暮らす日本人である明かりを減らした駅や店で思わぬ空間の奥行きを発見したり、ほの暗い一角の不思議なたたずまいに心奪われることのある昨今の東京である。だが一方でちょっと暗いなという通路に不安を感じ、気分が沈むのも長年にわたり明るい照明に慣れた感覚ゆえに仕方ない「まあどういう具合になるか、試しに電灯を消してみることだ」とは「陰翳礼讃」の結びだった。図らずも節電により実現した「試し」である。美意識と生活の用、省エネの要請との間の最適の照明を考え直すきっかけにすればいい。

毎日新聞 2011428日 東京朝刊

 

(引用終わり)

 

私は、音について人一倍気を使っているであろうクラシック音楽の関係者(の多くの人々)は、なぜ今の日本の拡声器騒音・文化騒音の酷さについて発言しないのか、と常々疑問に思っていました。

この文章の<照明>を「音」に置き換えると、この疑問が解明するような気がします。

本来なら、<近頃のわれわれは>拡声器騒音・文化騒音<に麻痺(まひ)して、>拡声器の使用・音量<の過剰から起こる不便ということに対しては案外無感覚になっているらしい>となりそうです。

しかし、実際はそうではなく、<美意識と生活の用は、文豪も使い分けざるを得なかった>ように、クラシック音楽家(の多くの人々)も音についての<美意識>と<生活の用>を使い分けているのでしょう。

思想の上では、<まあどういう具合になるか、試しに>拡声器の音<を消してみることだ>と考えても、生活の場では実践しないのでしょう。

図らずも節電により実現した「試し」である。美意識と生活の用、省エネの要請との間の最適の>拡声器の使用・音量<を考え直すきっかけにすればいい。>となれば良いのですが。

静寂礼賛です。

 

おわり

 

関連記事

nhkサイエンスzero

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/nhkzero-7677.html

 

2011年4月29日 (金)

ノルウェー人客がホテル従業員刺す、騒音注意され逆切れ タイ東部

日本語総合情報サイト@タイランド(2009/9/20)より

http://www.newsclip.be/news/2009920_025232.html

 

(引用始め)

 

ノルウェー人客がホテル従業員刺す、騒音注意され逆切れ タイ東部

2009/9/20 (17:50)

 

【タイ】タイのテレビ報道によると、20日未明、タイ東部チョンブリ県のホテルで、宿泊客のノルウェー人の男(50)がホテル従業員のタイ人男性 (32)の腹をナイフで刺し重傷を負わせ、警察に逮捕された。男は取り調べに対し、音楽の音量を絞るよう男性に注意され、かっとして男性を刺したと話して いる。

 

(引用終わり)

 

このような事件は、国籍や洋の東西を問わずに起こりえるのですね。

どこの国でも、<音楽の音量を絞るよう>に言いに行くのは文字通り“命懸け”なのです。

音楽の音量を絞るよう男性に注意され、>とのことですが、何語で<注意>したのでしょうか?

 

おわり

2011年4月28日 (木)

選挙運動中、男がマイク奪い「うるさい!」(札幌市)

読売online2009821日)より

ただし、推定無罪の原則により被疑者について匿名とします。

http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin2009/news2/national/20090821-OYT1T00940.htm

 

(引用始め)

 

選挙運動中、男がマイク奪い「うるさい!」

 

 札幌南署は21日、札幌市中央区南9西7、会社員A容疑者(50)を公職選挙法違反(選挙の自由妨害)の疑いで現行犯逮捕した。

 道警によると、今回の衆院選で、同法違反容疑の逮捕者が出るのは道内で初めて。

 発表では、A容疑者は21日午後0時55分頃、自宅近くで街頭演説中だった候補者の男性運動員(66)からマイクをつかみ取り、拡声機を通じて「うるさいんだ」と大声でどなって演説を妨害した疑い。

 運動員らは当時、幹線道路沿いで拡声機を使って演説をしていた。調べに対し同容疑者は、「家で食事をしていたが、演説がうるさくて腹が立った」などと話しているという。

20098212039 読売新聞)

 

(引用終わり)

 

コメントは、選挙騒音(カテゴリ)と同じです。

 

おわり
 

2011年4月27日 (水)

「暗い日曜日」(静かな反原発デモ)hp

「暗い日曜日」(静かな反原発デモ)hpを紹介します。

http://ameblo.jp/kurai-nitiyoubi/

 

1)皆さんは、「デモ行進」と聞いて何が思い浮かびますか。

私は、拡声器等による騒音を思い浮かべてしまいます。

デモ行進は、大衆媒体(テレビ・新聞等)にアクセスする事が出来ない一般市民が意見を表明するための手段として、表現の自由(憲法21条1項)の一環として保障されます。

ただし、表現の自由といえども絶対無制約ではなく、「公共の福祉」(憲法12条後段、同法13条後段)による制約に服します。

特に、拡声器等を使用するデモ行進は、一方で近隣住民の静穏権(憲法13条、19条、25条、人格権等)を侵害する場合があり、調整が必要になります。

駅前や商業地域といえども、住んでいる人はいるのです。

しかし、法律や条例等での規制は、行政権による濫用の可能性・蓋然性があります。

(実際に濫用されています。)

 

2)「天皇・反戦・日本」(幻冬舎、浅羽通明、2007年)の138ページより、引用します。

 

デモンストレーションはそも示威運動と訳されてきた。威力、威嚇の「威」である。それが政治的に意味のあるものとされたのは、行進する頭数がいつなんどき、野党へ政権を取らせる票に、反対勢力を潤す政治資金に、さらには反政府地下組織や武装暴動に、変貌するかもしれない可能性を秘めつつ、プラカードやシュプレヒコールが誇示される限りにおいてだ。

 

これによると、デモンストレーションは、デモ行進の様子が、テレビ、新聞、インターネットの動画サイト等に掲載され、政権与党の人々に見られて初めて意味を持つという事になります。

そうすると、サウンドデモ等の拡声器は別に必要不可欠なものではないという事になります。

(良く考えたら、当たり前と言えば、当たり前ですよね。)

 

3)池田香代子氏のブログ

http://blog.livedoor.jp/ikedakayoko/

 

音を鳴らさないデモなんてあるのかなと思っていたら、twitterで池田香代子氏が「暗い日曜日」の情報をリツイートして下さいました。

「暗い日曜日」のhpから、少し引用します。

http://ameblo.jp/kurai-nitiyoubi/entry-10865263403.html

 

これは、「自由なデモ」ではありません。
「規則に縛られるパフォーマンス」です。

守ってほしいことはこの5つ。

マスク、サングラス、お面、被り物等で顔を半分以上隠す。
大声を出したり楽器を鳴らしたりしない。
警察官の注意や交通整理には必ず従う。
喧嘩や言い争いをしない。
プラカードや洋服など、音を出さない手段で「反原発」「脱原発」のアピールをする。>だそうです。

 

私が求めていたのは、これです。

私は、この「暗い日曜日」こそが、これからの市民社会を牽引していくものと信じています。

ただし、国家権力を甘く見るべきではありません。

デモの主催者側がいくら<警察官の注意や交通整理には必ず従う。>事を実践していても、警察が弾圧しようと思ったら“転び公妨”、“当たり屋公妨”等のなりふり構わない手段により逮捕してきます。

ここには注意が必要です。

 

4)さて、第一回目の日時は、2011年<5月29()
新宿・大久保公園(東京都新宿区歌舞伎町2-43)集合
原宿・神宮橋解散
13:30
集合/14:00スタート
1時間~1時間半程度のルートです。
>だそうです。

 

東京近辺にお住まいで興味のある方は、ぜひ参加してみて下さい。

関西方面でも「暗い日曜日」を行って欲しいです。

ルートは、御堂筋(難波から梅田)で良いと思います。

 

おわり

 

関連記事

「プレカリアート運動」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-a230.html

2011年4月26日 (火)

街頭演説「うるさい」運動員に頭突き、名古屋で男逮捕

読売online200741日)より

ただし、推定無罪の原則により、被疑者氏名を匿名とします。

http://www.yomiuri.co.jp/election/local2007/news/20070401i405.htm

 

(引用始め)

 

街頭演説「うるさい」運動員に頭突き、名古屋で男逮捕

 

 1日午前8時5分ごろ、名古屋市熱田区大宝の路上で、愛知県議選の街頭演説をしていた男性候補に向かい、男が「マイクを使うな。うるさい」などと大声を出しながら近づいた。

 男は、制止しようとした選挙運動員の男性(65)の腹に頭突きをしたが、その場で取り押さえられ、県警熱田署が公職選挙法違反(選挙の自由妨害)で現行犯逮捕した。運動員や候補者にけがはなかった。

 男は同市港区、無職A容疑者(49)。同署で詳しい動機を追及している。

2007412015 読売新聞)

 

(引用終わり)

 

この立候補者は、<午前8時5分ごろ、><路上で、><街頭演説>を行っていたそうです。

恐らくですが、<午前8時>から始めたのでしょう。

そうすると、始めてから5分で善良(?)な市民を怒らせ、<選挙運動員の男性(65)の腹に頭突き>をさせる程“うるさかった”、という事になります。

どれだけ“うるさい”のでしょう。

後は、他の選挙騒音(カテゴリ)へのコメントと同じです。

 

おわり

 

2011年4月25日 (月)

「日本の選挙はうるさい」立候補者のマイクつかみ怒鳴る 英国人を選挙妨害容疑で逮捕 埼玉県所沢市

産経jp2011.4.24より

ただし、推定無罪の原則により被疑者氏名を匿名とします。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110424/elc11042401060000-n1.htm

 

(引用始め)

 

「日本の選挙はうるさい」立候補者のマイクつかみ怒鳴る 英国人を選挙妨害容疑で逮捕 埼玉県所沢市

2011.4.24 01:05

 

 埼玉県警所沢署は23日、公選法違反(自由妨害)の疑いで、英国籍で自称英会話教師のA容疑者(34)=東京都荒川区西日暮里=を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は23日夕、同県所沢市東所沢5丁目のJR東所沢駅前歩道で、演説中の所沢市議選立候補者が持っていたマイクをつかみ、「日本の選挙はうるさい」などと怒鳴って妨害した疑い。

 所沢署によると、A容疑者は直前まで友人と飲酒していた。運動員が近くの交番に届け、駅構内にいた同容疑者を署員が取り押さえた。

 

(引用終わり)

 

東京都>在住の<英国籍>と聞いて、一瞬驚きました。

今回の選挙で4人目の逮捕者です。

 

高度の公益性があるにもかかわらず、この<所沢市議選立候補者>の氏名をなぜ報道しないのでしょう。

うるさい<立候補者>には投票したくない、と思う国民・住民の知る権利(憲法21条1項)が侵害されています。

演説中の所沢市議選立候補者が持っていたマイクをつかみ、「日本の選挙はうるさい」などと怒鳴って妨害した疑い。>とのことですが、これくらいで<妨害>と言えるのでしょうか?

自由な討論・対話の範囲内ではないでしょうか。

可罰的違法性が無いと思います。

 

「日本の選挙はうるさい」>という本当のことを言うと逮捕されるのです。

この事を肉声で言ったら、どうなるのでしょうか?

直前まで・・・飲酒していた。>かどうかなんて、関係ありません。

うるさいものは、うるさいのです。

もう、どこかに穴を掘って叫びたいです。

「日本人の耳はロバの耳」と。

 

おわり

 

関連記事

県議選の候補者に投石・選挙妨害で男を逮捕」

 

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-1fd5.html

 

「県議候補者の肩引っ張った疑い(神奈川県藤沢市)」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-4f1c.html

 

「都知事選立候補の小池氏にナイフ持ち接近、男を現行犯逮捕」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-1046.html

 

2011年4月24日 (日)

候補者の街頭演説に「やめろ!」自衛官逮捕

読売online2009824日)より

ただし、推定無罪の原則により、被疑者氏名を匿名とします。

http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin2009/news2/national/20090824-OYT1T01197.htm

 

(引用始め)

 

候補者の街頭演説に「やめろ!」自衛官逮捕

 

 衆院選立候補者の街頭演説を中断させたとして、滋賀県警は24日、京都府福知山市天田、陸上自衛官A容疑者(26)を公選法違反(選挙の自由妨害)容疑で逮捕した。

 発表によると、A容疑者は20日午後5時20分頃、同県近江八幡市のJR近江八幡駅前で、街頭演説中の小選挙区立候補者の前に立ちはだかり、「うるさい、やめろ」と繰り返しどなって演説を中断させるなどした疑い。調べに対し、A容疑者は「うるさくてやった」などと供述しているという。

20098242355 読売新聞)

 

(引用終わり)

 

自衛隊法は、<(自衛隊の任務) 第三条 >において、<自衛隊は、我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、直接侵略及び間接侵略に対し我が国を防衛することを主たる任務とし、必要に応じ、公共の秩序の維持に当たるものとする。 >と規定しています。

 

陸上自衛官A容疑者(26)>を含めた自衛隊員は、静かな環境という<我が国の平和・・・を守り、>選挙時の拡声器騒音という<直接侵略及び間接侵略に対し我が国を防衛することを主たる任務とし、>ているので、<街頭演説中の小選挙区立候補者の前に立ちはだかり、「うるさい、やめろ」と繰り返しどなって演説を中断させるなどした>行為は、静かさという<国の安全を保つため>の<必要に応じ、>た<公共の秩序>を<維持>する行為に該当するのではないでしょうか。

 

自己を犠牲にし、国民・住民の静かな生活環境を体を張って守る。

彼こそ、まさに自衛官の鑑ではないでしょうか?

 

おわり

« 2011年4月17日 - 2011年4月23日 | トップページ | 2011年5月1日 - 2011年5月7日 »

ウェブページ

無料ブログはココログ