2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 2011年5月1日 - 2011年5月7日 | トップページ | 2011年5月15日 - 2011年5月21日 »

2011年5月8日 - 2011年5月14日の4件の記事

2011年5月12日 (木)

どこで電話しとんじゃい…電車で女子高生に刃物

読売online2011416日)より

ただし、推定無罪の原則により被疑者について匿名とします。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110416-OYT1T00132.htm

 

(引用始め)

 

どこで電話しとんじゃい電車で女子高生に刃物

 

 電車内で電話していた女子高生をカッターナイフで脅したとして、大阪府警浪速署は15日、自称・建設作業員A容疑者(52)(大阪市大正区)を暴力行為等処罰法違反の疑いで現行犯逮捕した。


 「車内マナーの悪い人が多く、平素から腹が立っていた」と供述しているという。

 発表によると、A容疑者は同日午後6時10分頃、JR大阪環状線の車内で、携帯電話で会話中の高校1年女子生徒(15)にカッターナイフを突きつけ、「どこで電話しとんじゃい。殺すぞ」と脅迫した疑い。別の乗客が110番し、次の停車駅の芦原橋駅で駆けつけた署員が取り押さえたという。女子生徒にけがはなかった。

20114160845 読売新聞)

 

(引用始め)

 

JR大阪環状線>の<芦原橋駅>というかなり身近な所での事件です。

この方は、なぜ<カッターナイフ>を所持していたのでしょうか。

公共の場での携帯電話の使用が原因の事件については、後日まとめてコメントします。

 

おわり

2011年5月11日 (水)

「マクロスF」の大型ヴィジョン

2009年頃にTBS系テレビで放送されたアニメ「マクロスF(フロンティア)」をご存知ですか。

これは、近未来が舞台の音楽がテーマの作品なのですが、街の至る所に、大型ヴィジョンがあり、そこから音楽が流されています。

アニメ作家の思い描く未来像は、このようなものなのでしょうか。

音楽がテーマの作品なのである程度仕方が無いとも思えますが、現実にこのような社会にならないか心配です。

 

私の近所にパチンコ屋が何件かあるのですが、そこにも大型ヴィジョンがあり、音のない映像のみが流れています。

ここから音を出されたら、と想像するだけでぞっとします。

なお、パチンコ屋の入口では、かなり大きな音を出しています。

(私は、パチンコ屋とサラ金ばかりで、本屋があまりない非文化的な所に暮らしているのです。)

 

私は、マクロスシリーズを今回初めて見たのですが、作品自体の質は高いです。

少し気になったので書きました

おわり

2011年5月 9日 (月)

防災無線<車の窓を閉め切っていたため、聞こえなかった。>

毎日jp(2011年4月10日)より

ただし、人名は、仮名にします。

http://mainichi.jp/photo/news/20110410mog00m040015000c.html

 

(引用始め)

 

検証・大震災:3家族の3.11(1)陸前高田・Kさん(1/2ページ)

 

(前略)<地震から約30分。外では「津波だ。逃げろ」と絶叫する防災無線が鳴り響いていた。しかし、車の窓を閉め切っていたため、聞こえなかった。>(後略)

 

(引用終わり)

 

陸前高田>では、車の窓を閉め切っていた>だけで<防災無線>の音が<聞こえなかった。>そうです。

防災無線>という物の在り方を根本的に見直すべきです。

 

おわり

 

2011年5月 8日 (日)

岡村隆史(ナインティナイン)氏のピアノ騒音事件

「ナインティナインのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)hp

http://www.allnightnippon.com/nainai/

 

1)ラジオ番組の「ナインティナインのオールナイトニッポン」(2010年12月23日および2011年5月5日放送分)において、ピアノの騒音について話されていました。

岡村隆史氏は最近引っ越しをしたらしいのですが、旧居にて、下の階(マンションのオーナーの娘が住んでいたそうです。)からのピアノの音に悩まされていたという話をしていました。

なお、そのマンションは、ピアノ禁止だそうですが、オーナーの娘という事で、なぜか特別に許されていたそうです。

そこは、オーナーまたは管理会社にピアノを止めさせるように言って良いと思うのですが。

岡村氏が入居時に下の階の人(オーナーの娘)に引越しの挨拶をしたときに、下の階の人に小さい子供がいるので、「騒音はお互いさまなので」という趣旨の事を言われたそうですが、岡村氏には子供がいないので、意味が分かりません。

岡村氏によると、芸能人は騒ぐものと思われているようです。

朝の8時くらいから練習が始まり、間違えるたびにダンダンと鍵盤をたたくので、そのたびに起こされたそうです。

岡村氏は、テレビ・ラジオ等の収録が深夜に及ぶ場合もあり、朝の8時に起こされるのは、かなりつらかったそうです。

岡村氏は過労により倒れ半年ほど休んでいましたが、ピアノ騒音によるストレスも関係があるのかもしれません。

岡村氏は他にもそのマンションの管理の酷さについて話していましたが、ここでは省略します。

 

2)また、「引越しラップ」と言う、“引越しおばさん”のリズムに合わせて座布団をたたきながら葉書を読むコーナーもあります。

この点については、下記の関連記事をご覧ください。

 

3)六本木ヒルズに住んでいるらしい矢部浩之氏の下の階の人は自宅にカラオケの部屋があるそうです。

矢部氏は、下の階の人に、「うるさかったら、すぐに言って下さい」と言われているそうです。

私は、六本木ヒルズとやらに行った事はありませんが、高級なマンションなのでしょう。

当然、防音対策もしっかりされているはずです。

そのような所でも近隣騒音問題は、起きているのでしょうか?

防音対策がしっかりされていると思われている所だからこそ大きな音を出しても良いと思い、近隣騒音問題は起こるのかも知れません。

 

おわり

 

関連記事

「騒音おばさんの真実」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-2212.html

 

ピアノ殺人事件

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-c59a.html

 

「ピアノ騒音・無言電話」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-894d.html 

« 2011年5月1日 - 2011年5月7日 | トップページ | 2011年5月15日 - 2011年5月21日 »

ウェブページ

無料ブログはココログ