2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 2011年5月8日 - 2011年5月14日 | トップページ | 2011年5月22日 - 2011年5月28日 »

2011年5月15日 - 2011年5月21日の5件の記事

2011年5月20日 (金)

大型電子看板 新名所に…大阪駅・ノースゲートビルディング

読売online2011510日)より

http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20110510-OYO1T00216.htm?from=newslist

 

(引用終わり)

 

大型電子看板 新名所に大阪駅・ノースゲートビルディング

 

 5月4日に全面開業したJR大阪駅の新駅舎と駅北側のノースゲートビルディングに設けられた大型画面を使った電子看板(デジタルサイネージ)が関心を集めている。デジタル通信を活用し、時間帯や対象を絞って映像などを配信できるのが特長で、新しい広告媒体として注目されそうだ。

 駅構内の関西最大となるシャープ製の206型(縦2・7メートル、横4・5メートル)相当の電子看板=写真=は、60型の液晶画面12枚を組み合わせた。それぞれのパネルの外枠の幅が6・5ミリ・メートルと世界で最も細く、継ぎ目が目立たないのが特長で、JR西日本が観光地の情報や企業広告を流している。

 ノースゲートビルディング2階には、パナソニック製の世界最大のプラズマディスプレー(152型)2台が設置され、JR大阪三越伊勢丹や専門店街ルクアなど施設の情報を紹介している。

2011510 読売新聞)

 

(引用終わり)

 

先日新しく出来た大阪駅に行ってきました。

駅のあちらこちらにディスプレイがあり、音も出ていました。

しかし、(良い事なのか悪い事なのか分かりませんが、)強い風(ビル風?)や、“ざわざわ”という人の話し声や、電車の発車音・発車メロディー等にかき消されて、ほとんど聞こえませんでした。

今後は、聞こえるように音を大きくするような気がするのですが。

この記事は、ほとんど<シャープ>、<パナソニック>、<三越伊勢丹や専門店街ルクア>という特定の企業の広告だと思うのですが、どうなのでしょう。

 

この記事とは関係ないのですが、大阪駅前のヨドバシカメラがうるさいです。

店の前の歩道に向かって拡声器で音を出しています。

信号待ちの人は、聞かざるを得ません。

これもある種の「囚われの聴衆」ですね。

恐らくですが、今の日本にうるさくない家電量品店は存在しないでしょう。

 

おわり

 

関連記事

「マクロスF」の大型ヴィジョン

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-9c6f.html


2011年5月19日 (木)

施設で男性刺され死亡=「うるさいと言われた」46歳逮捕-警視庁

時事ドット・コム(2011/05/10-10:21)より

ただし、推定無罪の原則およびプライバシー権より、被疑者・被害者について匿名にします。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011051000238

 

(引用始め)

 

施設で男性刺され死亡=「うるさいと言われた」46歳逮捕-警視庁

 

 9日午後10時50分ごろ、東京都八王子市川口町の障害者支援施設「東京玉葉会浅川園」で、「利用者同士のけんかでけが人がいる」と110番があった。警視庁八王子署員が駆け付けたところ、入所者の無職Xさん(43)が首や腹などから血を 流して倒れており、搬送先の病院で死亡が確認された。
 同署は殺人未遂容疑で、現場にいた入所者の無職A容疑者(46)を現行犯逮捕。「酒を飲んでいてうるさいと言われ、腹を立ててはさみで刺した」と容疑を認めているという。同署は殺人容疑に切り替えて調べる方針。
 逮捕容疑は同10時40分ごろ、Xさんの首や胸などをはさみで刺し、殺害しようとした疑い。
 同署などによると、浅川園は内臓疾患で障害が残った患者らの体力回復や社会復帰を支援する施設。A容疑者は結核のリハビリのため、2009年9月から入所していた。(2011/05/10-10:21

 

(引用終わり)

 

障害者支援施設「東京玉葉会浅川園」>では、<利用者>は、お酒を飲んでも良いのでしょうか。

音の問題は健康な人も障害のある人も関係なく生じます。

特にコメントはありません。

 

おわり

 

関連記事

「せきがうるさい」結核病棟で殺人未遂 容疑の男逮捕 大阪府警

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-68c0.html


2011年5月18日 (水)

東日本大震災:千葉市、津波警報流さず 防災無線改修工事で--震災当日 /千葉

毎日jp2011424日)より

http://mainichi.jp/area/chiba/news/20110424ddlk12040068000c.html

 

(引用始め)

 

東日本大震災:千葉市、津波警報流さず 防災無線改修工事で--震災当日 /千葉

 

 東日本大震災が起きた3月11日、千葉市が防災無線による津波警報を流さず、情報が住民に伝わっていなかったことが23日、わかった。市は消防庁の緊急情報を衛星を通じて自動的に防災無線で流す「全国瞬時警報システム」を導入。しかし、昨年12月から改修工事中で、地震直後の午後3時半に気象庁から出された千葉市沿岸部などの津波警報が防災無線で流れなかった。市職員による肉声での警報も可能だったが、被害状況の調査などで手が回らず、実施しなかった。

 同日は隣の市原市で最大90センチの津波を観測、千葉市では床下浸水が17件、床上浸水が3件発生。市には震災後、「防災無線が聞こえなかった」 という苦情が多数あったという。市総合防災課は「床下浸水の大部分は水道管の破裂で津波と関係ないと思われるが、被害が出た以上きちんと警報や避難勧告を伝えなければいけなかった」と話している。【黒川晋史】

毎日新聞 2011424日 地方版

 

(引用終わり)

 

1)<千葉市>は、<消防庁の緊急情報を衛星を通じて自動的に防災無線で流す「全国瞬時警報システム」を導入>したそうですが(いわゆる「Jアラート」と言う物ですね。)、<改修工事中で、><千葉市沿岸部などの津波警報が防災無線で流れなかった。>そうです。

このことは、<千葉市>だけではなく、どこの市町村でも起こりうることです。

何十年に一回の大地震で使えなかったということは、もう駄目だということです。

防災無線塔からの放送という形態を全面的に見直すべきです。

 

2)さらに、<市職員による肉声での警報も可能だったが、被害状況の調査などで手が回らず、実施しなかった。>とのことです。

床下浸水の大部分は水道管の破裂で津波と関係ないと思われる>とのことですが、これは後から結果として分かったことです。

地震が起きた時点においては、<千葉市>は、市民の生命・身体・財産よりも<被害状況の調査>を優先したという事になります。

 

防災無線で伝えるべきなのは、<隣の市原市で最大90センチの津波を観測>したという緊急の情報でしょう。

千葉市では床下浸水が17件、床上浸水が3件発生>したという情報は、緊急性がありません。

 

おわり

2011年5月17日 (火)

東日本大震災:エフエムかしま、生活情報が好評 市民の輪広がる /茨城

毎日jp2011317日)より

ただし、私人の人名は仮名にします。

http://mainichi.jp/universalon/clipping/archive/news/2011/03/17/20110317ddlk08040198000c.html

 

(引用始め)

 

東日本大震災:エフエムかしま、生活情報が好評 市民の輪広がる /茨城

 井戸水提供やライフライン

 

 「大きな地震が発生しました。慌てずに落ち着いて行動してください」

 東日本大震災の発生後、鹿嶋市鉢形のコミュニティー放送「エフエムかしま市民放送局」は、緊急放送に切り替えて生活情報などを流し、多くの市民から喜ばれている。市内の一部で断水の続く中、市民から寄せられた井戸水提供の情報を紹介するなど、復旧に向けた市民同士の支援の輪も広がっている。

 開局11年目の同放送局は、同市などが出資する第三セクターのコミュニティー放送局。市役所そばの市施設にスタジオを持ち、普段は出力20ワットで市民密着の情報を流す。

 緊急放送には、2人の女性アナウンサーと市内に住むパーソナリティー3人があたり、市役所の情報政策課職員と連携して避難場所や市災害対策本部の情報のほか、道路状況や給水場所など、ライフラインの情報を提供した。リスナーからの情報提供を呼び掛けたところ、「家の井戸水を自由に使ってください」 という情報が寄せられた。その後、放送を聴いた多くの市民から続々と井戸水やトイレ提供が寄せられた。自身も水の提供を受けたアナウンサーのKさん (49)は「見知らぬ人に本当に助けられました」と放送で感謝の言葉を述べた。

 震災4日後の14日からは、総務省の許可を得て臨時的に出力を50ワットに上げ、同災害対策本部長の内田俊郎市長の下で、「かしま災害エフエム」として潮来、神栖両市の情報も流している。

 放送に出演した内田市長は「防災無線が壊れて使えず、情報の伝達手段が限られた。放送に感謝している。市民の皆さんの力を信じこの厳しい状況を乗り切りましょう」と呼び掛けた。【岩本直紀】

毎日新聞 2011317日 地方版

 

(引用終わり)

 

茨城>県の<鹿嶋市>では、震災の緊急情報をFMラジオ放送で流していたそうです。

とても良い事だと思います。

このような方式が日本中に広がる事を願っています。

ただ一つ問題は、FMラジオ放送は偶然役に立ったという事です。

災害時には<防災無線が壊れて使えず、情報の伝達手段が限られ>るという事を事前に想定し、対策を立てて欲しかったです。

 

おわり

2011年5月15日 (日)

山口県周南市・防災無線工事の契約が条例に違反?

毎日jp2011429日)より

http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20110429ddlk35010415000c.html

 

(引用始め)

 

ニュースファイル:第1回の政倫審 /山口

 

 周南市の防災無線工事の契約を巡り市内の会社員男性(35)が島津幸男市長の不正を指摘している問題で、市政治倫理審査会は28日、第1回の審査会を開いた。男性の調査請求を受けたもので、審査結果は初の審査会翌日から60日となる6月27日以内に市長に報告される。

 審査会は弁護士や税理士、元大学教授ら5人で構成。次回は5月12日で、男性に陳述、島津市長に弁明の機会が与えられる。

 請求書によると、島津市長は10年6月、防災無線工事の仮契約をした日本無線(東京)の担当者と電話した際、特定の業者に有利に取りはからったなどと条例に違反する疑いがあるとしている。島津市長は28日の市長会見で「業者を特定はしていない。堂々と話しをする姿勢に変わりはない」と強調した。

〔山口東版〕

毎日新聞 2011429日 地方版

 

(引用終わり)

 

<防災無線工事>は、道路や原発と同じような(悪い意味での)公共事業になっているのでしょうか?

 

おわり

 

関連記事

「渋谷区防災行政無線 緊急放送」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-f2a6.html

 

« 2011年5月8日 - 2011年5月14日 | トップページ | 2011年5月22日 - 2011年5月28日 »

ウェブページ

無料ブログはココログ