2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 2011年6月19日 - 2011年6月25日 | トップページ | 2011年7月3日 - 2011年7月9日 »

2011年6月26日 - 2011年7月2日の4件の記事

2011年7月 1日 (金)

兵庫県立大職員、騒音トラブルで隣人殴り逮捕

産経jp2011.6.16より

ただし、推定無罪の原則により被疑者について匿名とします。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110616/crm11061611420009-n1.htm

 

(引用始め)

 

兵庫県立大職員、騒音トラブルで隣人殴り逮捕

2011.6.16 11:40

 

 騒音をめぐるトラブルで殴ってけがをさせたとして、兵庫県警飾磨署などは16日、傷害の疑いで、姫路市飾磨区阿成(あなせ)の同県立大職員、A容疑者(37)を逮捕した。同署によると、A容疑者は容疑を認めているという。

 逮捕容疑は4日午前5時ごろ、県職員住宅で、同県立姫路循環器病センターの男性放射線技師(32)の顔を殴り、骨折などの重傷を負わせたとしている。

 同署によると、A容疑者は職員住宅1階に居住。2階の技師が同日午前2時ごろから同僚2人と自室で酒を飲んで騒いでいたことに立腹。早朝に出てきたところを注意したが、技師らが聞き入れなかったため殴ったという。

 

(引用終わり)

 

騒音の被害者が刑事事件の被疑者となってしまいました。

この事件は、兵庫<県立姫路循環器病センターの男性放射線技師>(傷害罪については被害者かもしれませんが、騒音については加害者です)が<午前2時ごろから同僚2人と自室で酒を飲んで騒いでいた>事が原因の全てでしょう。

被疑者が<早朝に出てきたところを注意したが、技師らが聞き入れなかった>そうですが、注意して聞きいれるような人は、そもそも夜中にアルコールを摂取して騒ぎません。

原因を作りだした方が(傷害罪の)被害者で、騒音の被害者が被疑者となってしまう事に納得が行きません。

 

軽犯罪法<第一条  左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する。

(略)

十四  公務員の制止をきかずに、人声、楽器、ラジオなどの音を異常に大きく出して静穏を害し近隣に迷惑をかけた者

 

兵庫<県立姫路循環器病センターの男性放射線技師(32)>の<午前2時ごろから同僚2人と自室で酒を飲んで騒いでいた>行為は軽犯罪法の1条14号に該当しそうです。

ここでいう「公務員」は警察官等を意味するのでしょうか。

この被疑者も<同県立大職員>なので公務員といえば公務員です。

もし該当するなら、「制止」をしておけば軽犯罪法1条14号違反で刑事告訴出来るかも知れません。

 

私は特にこの事件を追跡していきたいと思います。

私は無力で何も出来ませんが、被疑者の方のご連絡をお待ちしております。

 

おわり


2011年6月29日 (水)

騒音・悪臭110番 4、5日に開設 大阪・東住吉の市民団体

産経jp2011.6.3)より

http://sankei.jp.msn.com/region/news/110603/osk11060301560004-n1.htm

 

(引用始め)

 

騒音・悪臭110番 4、5日に開設 大阪・東住吉の市民団体

2011.6.3 01:55

 生活騒音などの相談活動に取り組む大阪市東住吉区の市民団体「騒音公害被害者の会」(F会長)が4、5日に「騒音・悪臭110番」を開設する。相談内容を自治体などに伝え、改善を求めるという。午後2~8時。(電)06・6702・4915。

 

(引用終わり)

 

もう終わってしまいましたが、<生活騒音>についての相談を受け付ける日があったそうです。

「騒音公害被害者の会」>という<市民団体>があるそうですが、yahooで検索しても出てきませんでした。

何かあったら、ここに電話してみます。

 

おわり

2011年6月28日 (火)

世界遺産決定 防災無線で報告

NHK(2011年626日)より

個人名は仮名にします。

色変えは引用者です。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110626/t10013771031000.html?utm_source=feedburner&utm_medium=twitter&utm_campaign=Feed%3A+or%2FyBbv+%28NHK%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%29&utm_content=Twitter

 

(引用始め)

 

世界遺産決定 防災無線で報告

626 1140

 

岩手県平泉町では「平泉の文化遺産」が世界遺産に登録されることが決まったことを防災行政無線を使って、26日朝、住民に報告しました。

町役場の近くで、日曜日に野菜などの直売を行っている市場の会場では、集まっていた生産者や買い物 客20人ほどが、午前7時に防災行政無線を聞いたあと、りんごジュースで乾杯しました。市場の運営をしているTKさんは「みんなの顔を見ながら報告 を聞き、お祝いすることができてうれしいです。登録になって本当によかった」と話していました。

 

(引用終わり)

 

岩手県平泉町>の人達は、<午前7時に>特に緊急性がなく、住民の生命・財産を守るためのものではない拡声器を使った<防災行政無線>の放送を強制的に聴かされて、喜んでいるそうです。

病気で寝ている人や夜勤の人、老人や乳幼児もいるのですよ。

この放送は、違法ではないのでしょうか?

防災行政無線>の放送が一種の災害(人災)になっています。

日本の近代化は、まだまだ遠い先のようです。

ただ、NHKのテレビでは放送されていないだけで、<世界遺産>自体に反対している人や<防災行政無線>による<報告>に反対している人もいるのかも知れませんが。

 

おわり

 

関連記事

「世界遺産:「平泉」登録へ 「起死回生の光明に」 地元から評価の声 /岩手」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-81f1.html


2011年6月27日 (月)

世界遺産:「平泉」登録へ 「起死回生の光明に」 地元から評価の声 /岩手

毎日新聞hp201158日)より

http://mainichi.jp/area/iwate/news/20110508ddlk03040006000c.html

 

(引用始め)

 

世界遺産:「平泉」登録へ 「起死回生の光明に」 地元から評価の声 /岩手

 

 柳之御所は除外

 「起死回生の光明」--。世界遺産登録への関門となる国際記念物遺跡会議(イコモス)が7日、条件付きながら平泉の登録を勧告した。地元をはじめ関係者からは「前進だ」と評価する声があがった。【湯浅聖一、山中章子、狩野智彦】

 吉報を待ちわびていた平泉町役場では7日午前4時45分、千葉秀樹・町世界遺産推進室長が控室で待つ報道陣に一報を伝えた。「午前4時16分に県から連絡があり、内容は記載(登録)でした。ただし、柳之御所遺跡は除外するという条件付きです」と話した。感想を求められた千葉室長は「登録はうれしいが、六つの資産が五つになったのは残念だ」と複雑な表情をみせた。

 勧告の情報は、防災無線を通じて町民に伝えられた。

 午前10時からの会見で菅原正義町長は「悲願の登録に向けて大きく前進し、ホッとしている」と喜んだ。一方で柳之御所遺跡が外されたことについて は「びっくりしている。文化庁や県教委と勧告内容を確認し、今後の対応を決めたい」と述べるにとどまった。中尊寺の「不滅の法灯」に使う菜種油の奉納活動 をしているまちおこし団体「平泉なのはな会」の千葉正吾会長(65)は「地元としてうれしい。前回の『落選』から、平泉の世界平和を願う思想を、イコモスも理解してくれたのだと思う」と喜んだ。

 世界遺産への登録は6月にパリで開かれるユネスコ(国連教育科学文化機関)世界遺産委員会で正式決定する。達増拓也知事は県庁で報道陣に対し「平泉は戦乱から東北が復興する中心にあった歴史的経緯があり、今回の災害からの復興の象徴にもなる。国際的に評価され復興を力強く進めていくことの励みになる」と述べ、委員会に出席する考えを示した。

 震災で落ち込んだ県内の観光客回復への期待も大きく膨らむ。平泉観光協会の小野寺邦夫会長は「震災で大打撃を受け、明るい話題のなかった東北地方にとって、起死回生の光明となった。震災を乗り越えて日本の元気を取り戻すためにも、世界遺産登録によって平泉から光を発していきたい」とコメントした。

 盛岡市西青山、食品店従業員、TYさん(35)は「登録されれば、下り坂だった県内の観光収入アップに期待できる。県民一丸でアピールする と同時に世界遺産の名に恥じない受け入れをしなければならない」と話す。県観光協会の佐藤義正理事長は「震災でかなり観光客が落ち込むと予想しているが、 登録により回復が早まれば」と話し「多くの観光客を誘致して復興に寄与したい」と力を込めた。   (以下略)

毎日新聞 201158日 地方版

 

(引用終わり)

 

1)私は、<世界遺産>について何の興味もありませんが、<平泉町>では、<世界遺産登録への関門となる国際記念物遺跡会議(イコモス)>からの<条件付き>の<平泉の登録>の<勧告の情報は、防災無線を通じて町民に伝えられた。>そうです。

(放送の時刻は書いてありませんが、さすがに<午前4時45分>ではないですよね。)

この放送に緊急性はありますか?

また、<町民>全員に強制的に伝える必要がありますか?

新聞やテレビ・ラジオ・インターネットで十分でしょう。

防災無線>の濫用です。

確認した訳ではありませんが(確認の仕方が分かりません)、<世界遺産>への登録を<防災無線>で放送するのは世界中で日本だけだと思います。

この辺りが日本の音に対する意識の低さを表わしていると思います。

 

2)<千葉室長>の<「登録はうれしいが、六つの資産が五つになったのは残念だ」>と言う発言も気に懸ります。

仮に<世界遺産>に<登録>されなくても<資産>は<資産>でしょう。

例え他からは認められなくてもその地域の住民が大切だと思う建物や美術品等を大切にするのが文化だと思います。

表向きは<歴史的経緯>や<世界平和>などと言っていますが、<観光客回復>というお金儲けが本当の目的でしょう。

 

3)なお、以下のサイトにあるように、世界遺産の登録に地元の人全員が賛成している訳ではないようです。

 

「三重県・尾鷲市の熊野古道八鬼山道沿いに「世界遺産反対」の落書き」

http://kisyu21.wewe.jp/kiji/2006/060728/kiji.html

 

落書きには「県や市が相談もなく登録の話を勝手に進めた」り、「観光客の増加に伴い、山の動物たちが生活の場を失い、麓の田畑などを荒らしている」といった悲痛なメッセージが込められている。

 

おわり

« 2011年6月19日 - 2011年6月25日 | トップページ | 2011年7月3日 - 2011年7月9日 »

ウェブページ

無料ブログはココログ