2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 2011年1月9日 - 2011年1月15日 | トップページ | 2011年1月23日 - 2011年1月29日 »

2011年1月16日 - 2011年1月22日の14件の記事

2011年1月22日 (土)

だんじりの騒音は、「伝統」・「神事」だから仕方がないの?

「だんじりの騒音は、「伝統」・「神事」だから仕方がないの?

 

私の「だんじりの拡声器騒音」に反対する意見に対して、だんじりは、「伝統」・「神事」だから仕方がない、という反論があるでしょう。

1)しかし、「伝統」と言うならば、拡声器を使わずに肉声で行うべきなのです。なぜなら、「だんじり」が始まった何百年前には拡声器など無かったはずであり、拡声器の使用は「伝統」に反するからです。

2)また、「神事」と言うならば、拡声器を使わずに、肉声で行うべきなのです。なぜならば、近代の利器である拡声器の使用は、“手抜き”であり神に対する冒涜になるからです。

「伝統」・「神事」を持ち出す人々は、私の再反論ににどう答えるのでしょうか?

 

おわり

 

だんじり・「河内長野市part94」より

「河内長野市part94」より、いくつかを引用します。

http://www3.machi.to/bbs/read.cgi/osaka/1281692097/l50

 

(引用始め)

 

383 名前: ななしやねん 投稿日: 2010/10/15() 00:36:36

2年ほど前に此方に引っ越してきた全国を転々としている転勤族です
ただ何処の祭りでも多かれ少なかれ不良やヤンチャな人が集まり騒ぎますが、決してそれがメインで無くて主たる祭行事は節度を持って行われています。
それに比べ此処の祭は主となる『だんじり』自体が暴走族の改造単車の状態になっていることに問題があると思います。
此処の祭が良い意味で発展継続するにはあの屋根の拡声器を撤去することが一番の良策だと思います。
そうすれば騒音も無くなるし。変な替え歌や意味不明の唸り声を張り上げてる人もいなくなるでしょう。
あの拡声器が無くなれば間違った自己主張やパーフォマンスが出来ず自然とまともな祭に近づくのではないでしょうか?

 

388 名前: ななしやねん 投稿日: 2010/10/15() 01:15:51

あのね、祭りをやってる人達さん!
ここで叩かれてる内容をまずは理解せんとあかんわ。
騒ぎ過ぎとか他もろもろ、自分達で度を越してるとは思わんか?

>>374さんも神様の名を借りて、
あんたらのやってる行いにそんな屁理屈が
本気でまかり通せるとは思っとらんやろ?
なんで、すなおに来年から少しづつでも改善に努めますって言えんのですか?

もう一度いいますが、
神様への奉納のためにしてる祭りなんて言う資格などないです。
市民に目をつむってもらえない程の迷惑かけてるのは事実なのですよ。

 

(引用終わり)

 

河内長野市民で“だんじり”を嫌っているのは、私だけではないようです。この方々が声をあげて下さると、少しでも変わってくるのかな、と思います。私独りでは“しんどい”です。青年団・町内会という「隣組」に殺されそうです。

無許可で廃品回収 「再生工房」グローバルマネジメントの社長らを逮捕 宮城

産経jp(2010年12月3日)より

推定無罪の原則により、匿名とします。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110113/crm11011322470283-n1.htm

 

(引用始め)

 

無許可で廃品回収 「再生工房」グローバルマネジメントの社長らを逮捕 宮城

2010.12.3 22:31

 廃品回収会社「グローバルマネジメント」(神奈川県藤沢市)が無許可で廃棄物を回収し、廃 棄物処理法違反(無許可営業)などの疑いで宮城支店長の男ら13人が逮捕された事件で、宮城など4県警の合同捜査本部は3日、同法違反容疑で同社社長のA容疑者(33)=横浜市=ら6人を新たに逮捕した。A容疑者は「回収はしたが、犯罪になるとは知らなかった」と話しているという。

 A容疑者ら本店に勤務していた元社員3人の逮捕容疑は、2月~7月ごろ、各自治体の許可を得ずに、宮城、埼玉、千葉、愛媛の4県で、一般家庭から処理委託を受けた木くずなどの廃棄物計約1730キロを有料で回収したとしている。

  合同捜査本部によると、同社は「再生工房」の名称で、軽トラックなどで市街地を周回し、拡声器を使って不要品を無料で回収すると宣伝。荷台に積み終えたあ とに料金を請求する「先積み」と呼ばれる手口で、平成19年11月の本社設立後、年間約27億円を売り上げていたとみられる。

 同社をめぐっては、8月に消費者庁が特定商取引法違反(迷惑勧誘など)で宮城県警に告発。合同捜査本部はこれまでに、全国の各支店から作業マニュアルなどを押収しており、本社からの指示で組織的に違法回収が繰り返されていたとみて、全容解明を進める。

 

(引用終わり)

 

私は、毎日、新聞を読んでいるのですが、気付きませんでした。

11月30日に<4支店の元支店長5人を略式起訴>し、その3日後の12月3日に社長の逮捕です。

何か関係があるのでしょうか。

責任の重い社長を先に逮捕するものかと思っていましたが。

証拠を集めるのに時間がかかったのでしょうか。

なお、無許可の廃棄物回収による逮捕ですので、拡声器騒音とは関係ありません。

 

おわり

 

関連記事

「再生工房」略式起訴

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-21d7.html


 

 

2011年1月20日 (木)

道警警部補が虚偽調書…聴取せず作成

読売jp2011119日)より

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hokkaido/news/20110119-OYT8T00653.htm

 

(引用始め)

 

道警警部補が虚偽調書聴取せず作成

 元北海道職員の男が障害の程度を偽装し、札幌市から介護給付費をだまし取ったとして逮捕された事件で、捜査を担当していた北海道警捜査2課の40 歳代の男性警部補が、事情聴取をしていない参考人の供述調書を作成していたことが19日、分かった。道警は警部補を虚偽公文書作成・同行使の疑いで札幌地 検に書類送検するとともに、懲戒処分にする。

 道警監察官室によると、警部補は障害偽装事件を担当し、介護給付費を支給するまでの審査の流れを捜査していた昨年10月下旬、実際には事情聴取を していないのに、介護給付費の申請受理業務を担当する市職員の供述調書を作成した疑い。男性警部補は、供述調書に職員の名前を書き入れて正規の調書である ように偽装していたという。

 昨年12月下旬、市職員が「聴取は受けていない」などと話し、虚偽調書作成が発覚した。別の捜査員が改めて参考人調書を作成したが、虚偽調書の内容に誤りはなく、同地検に証拠提出もされていなかったため、捜査に影響はないという。

 調べに対し、男性警部補は「市職員と会えず、時間に追われていた」などと供述し、容疑を認めているという。

2011119 読売新聞)

 

(引用終わり)

神戸大学院生リンチ殺人事件―警察はなぜ凶行を止めなかったのか

税理士、消防署のサイレンにぶちギレ、拡声器で応酬

街の灯(2003年9月26日)りより、少し前の記事ですが、引用します。

ただし、推定無罪の原則により、被疑者の氏名を匿名とします。

http://matinoakari.net/news/na/item_47143.html

 

(引用始め)

 

税理士、消防署のサイレンにぶちギレ、拡声器で応酬 / (03-09-26 17:37)

 

消防署から出るサイレン音に激怒して、消防署長に「ストーカー行為をやめろ!」などと拡声器で叫び、嫌がらせをしていた三重県松坂市の税理士・A容疑者(43)が、名誉棄損容疑で逮捕された。

同県警松坂署の調べによると、A容疑者は715日から31日にかけ、自宅向かいにある松坂南消防署に向かって「署長はストーカー行為をやめろー」などと拡声器で叫び、所長の名誉を傷つけた疑い。署長が8月に事実無根として同署に告訴して発覚した。A容疑者はかなりしつこい性格のようで、同消防署がこの場所へ移転した2001年にも「うるさくて眠れない」と同消防署に約2000回の無言電話をかけ、偽計業務妨害で有罪判決を受けて執行猶予中だったという。今回の事件でも、毎日かかさず数回にわたり叫んでおり、任意同行を求めた日も「ストーカーをやめろー」と叫んでいたという。

参考:夕刊フジ

 

(引用終わり)

 

<消防署から出るサイレン音に激怒して、消防署長に「ストーカー行為をやめろ!」などと拡声器で叫び、>と書かれていますが、この方は、しつこい<サイレン音>を<ストーカー行為>と思っ

たのかも知れません。

 

サイレンの音が、何デシベルぐらいだったのかが書かれていないので、評価の仕様がありません。

 

<同消防署がこの場所へ移転した2001年にも>

 

このように書いてあるということは、行為者が先に住んでいる所に、後から消防署が来たことになります。

 

<毎日かかさず数回にわたり叫んでおり>

 

1日に数回しか言っていない、という評価も出来ます。

 

公務員が被害にあった場合には、すぐに警察は動きますね。

この事件の裁判がどうなったのか、調べても分かりません。

何とかして、この方に連絡を取る事は出来ないのでしょうか。

 

おわり

 

関連記事

「救急車なんて知らない!」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-481b.html


 

2011年1月19日 (水)

捜査費74万円で不倫デート、警視庁巡査部長

Yahooニュース(2010年12月17日)より

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101217-00001018-yom-soci

 

(引用始め)

 

捜査費74万円で不倫デート、警視庁巡査部長

読売新聞 1217()2245分配信

 捜査費74万円を不倫相手との飲食代に流用したなどとして、警視庁は17日、同庁公安2課巡査部長・M容疑者(48)を詐欺容疑などで東京地検に書類送検し、同日付で懲戒免職にした。

 当時の上司ら8人も同日付で減給処分などにした。

 発表によると、M容疑者は同課で過激派に関する情報収集などを担当していた2007年9月~09年11月、捜査協力者との飲食代などと偽り、21回にわたって計74万円の捜査費をだまし取るなどした疑い。

 M容疑者は「捜査協力者と頻繁に接触しているように見せかけたかった」などと容疑を認めているという。

 同庁は「警察への信頼を根底から覆す言語道断の行為」として、全部署に捜査費の使途のチェックを徹底するよう通達した。

最終更新:1217()2245

 

(引用終わり)

 

警視庁は、<「警察への信頼を根底から覆す言語道断の行為」>と述べていますが、誰も<警察への信頼>なんて持っていません。

そもそも、国家権力は信頼の対象ではありません。

権力を疑い、監視することが、立憲民主主義の基本なのです。

そして、そのために(立憲的意味での)憲法が在るのです。

 

おわり


「うるさい日本の私」(中島義道、日経ビジネス人文庫、2011年1月、700円)

「うるさい日本の私」(中島義道、日経ビジネス人文庫、2011年1月、700円) について

新潮文庫版が絶版になっていた「うるさい日本の私」が再販されるそうです。

(私は新潮文庫版を持っているので、買おうかどうか迷っています。加筆等はあるのでしょうか?)

アマゾンhpより引用します。

<内容紹介

バスや電車の中、駅や観光地、デパートから不用品回収車まで、日本中いたるところでおせっかい放送が聞こえてくる。「戦う哲学者」が孤軍奮闘、静かな街を求めて「音漬け社会」に異議を申し立てた話題の書。

内容(「BOOK」データベースより)

バスや電車の中、駅や観光地、デパートから不用品回収車まで、日本中にいたるところでおせっかい放送が聞こえてくる。「戦う哲学者」が孤軍奮闘、静かな街を求めて「音漬け社会」に異議を申し立てた話題の書。 >

 

是非読んでみて下さい。

 

おわり

2011年1月18日 (火)

アニメ「RAINBOW 二舎六房の七人」

1)現在、アニメ「RAINBOW 二舎六房の七人」(原作・安部譲二、柿崎正澄、小学館ヤングサンデーコミックス)を少しずつ観ています。

一年くらい前のテレビ放送(日本テレビ系・マンデーパーク)を録画していたものです。

雑誌・週刊ヤングサンデーでかなり昔(10年ほど前)に連載されていたと記憶していますが、最近アニメ化されたようです。

 

公式サイト

http://www.ntv.co.jp/rainbow/

 

2)初めの舞台は、戦争直後の少年院です。

敗戦直後の混乱した日本社会、社会の矛盾は弱者である子供達に襲いかかります。

貧しさや貧しさによる人間不信ゆえに犯罪を犯してしまった7人の少年達の物語です。

初めのうちは、アンちゃん(桜木六郎太)と他の6人が対立するのですが、様々な事件を経て信頼関係が出来上がります。

(自分の身を犠牲にして仲間を助けるのが主なのですが、基本は暴力です。)

その後、それぞれの特技を活かし、医務官や教官や他の収容者からの暴力(殺人未遂です)に立ち向かいます。

 

3)林原めぐみの極力感情を入れないナレーションが、少年たちの孤独感・絶望感を引き立てます。

エヴァンゲリオンの綾波レイに近いのかも知れませんが、女になった時のらんま(らんま2分の1)と同じ声優だとは思えません

4)少し時代が違いますが、元死刑囚の永山則夫氏もこのような感じなのでしょう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B8%E5%B1%B1%E5%89%87%E5%A4%AB

 

また、医務官による虐待は、最近の徳島刑務所での事件を思わせます。

http://www.news.janjan.jp/government/0712/0712040673/1.php

良くあることなのでしょうか?

 

5)なお、私は、野本龍次(通称バレモト)に感情移入しています。

彼は、いろいろな知識があり、作戦を立てたりするのですが、その作戦は多くの場合失敗し、バレてモトモトなので、「バレモト」と呼ばれているそうです。

 

6)この7人は、何かある度に煙草を回して吸うところが少し気になります。

全員が煙草好きという前提なのでしょうが、一人でも煙草が嫌いな人がいたらどうするのかな、と思ってしまいます。

また、においで刑務官に知られそうな気がするのですが、刑務官も黙認しているのでしょうか?

 

7)私は、まだ真理雄(声・小栗旬)達が少年院を脱走(「うさぎ」と言うそうです)した所までしか見ていませんが、これからどうなるのか楽しみです。

 

是非観てみて下さい。

お勧めします。

 

おわり

住居侵入:警視庁の警部補逮捕 のぞき目的 千葉・船橋

毎日jp201116日)より

ただし、推定無罪の原則により、被疑者について匿名・匿住所とします。

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110106k0000e040034000c.html

 

(引用始め)

 

住居侵入:警視庁の警部補逮捕 のぞき目的 千葉・船橋

 民家の敷地内に無断で立ち入ったとして、千葉県警船橋東署は6日、警視庁警備部警護課の警部補、A容疑者(47)=同県習志野市●●●=を住居侵入容疑で逮捕した。「風呂場をのぞこうと思った」と容疑を認めているという。

 関係者によると、A容疑者は自民党の石原伸晃幹事長のSP(要人警護官)を務めている。

 逮捕容疑は5日午後11時10分ごろ、船橋市の男性契約社員(63)方の敷地に無断侵入したとしている。

 同署によると、男性の家族が風呂場付近に立っていたA容疑者を発見。「何してるんだ」と声を出すと逃走した。近くにはA容疑者の自転車があり、数分後「何かありましたか」などと無関係を装って戻ったため取り押さえた。当時女性が入浴中だったという。【斎川瞳】

   

 警視庁の桜沢健一警務部参事官は「職員が逮捕されたことは誠に遺憾。千葉県警の捜査結果を待って、厳正に対処したい」とコメントした。

毎日新聞 201116日 1057

 

(引用終わり)

ポチの告白 [DVD]

2011年1月17日 (月)

「せきがうるさい」結核病棟で殺人未遂 容疑の男逮捕 大阪府警

産経jp(2010年2月11日)より、少し前の記事ですが。

ただし、推定無罪の原則により、被疑者氏名を匿名とします。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100211/crm1002111607015-n1.htm

 

(引用始め)

 

「せきがうるさい」結核病棟で殺人未遂 容疑の男逮捕 大阪府警

2010.2.11 16:05

 入院先での口論から同室の患者をナイフで切り付けたとして、大阪府警北堺署は11日、殺人未遂容疑で、大阪市西成区萩之茶屋、無職、A容疑者(63)を逮捕した。「殺すつもりはなかった」と一部容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は11日午前2時半ごろ、入院中の国立病院機構近畿中央胸部疾患センター(堺市北区)で、同室で就寝中の男性患者(64)=大阪府和泉市=の首や顔をナイフ(刃渡り約6センチ)で切り付けたとしている。男性は命に別条はないという。

 北堺署によると、2人は結核病棟に入院しており、10日午後8時ごろ、男性に「せきがうるさい」と注意したことから口論になっていたという。A容疑者は8日から入院していた。

 

(引用終わり)

 

<結核>による<せき>について<うるさい>と言われても困ってしまいます。

この記事に書かれていない事情もあるのかもしれません。

 

おわり

結核という文化―病の比較文化史 (中公新書)

評論家の呉智英氏

評論家の呉智英さんは、防災行政無線に苦しめられているそうです。
「日本人を<半分>降りる 」(ちくま文庫、中島義道、2005年)の解説(246ページ)で、呉さんは、「この辺りの詳しい経緯については、いずれ一冊にまとめるつもりだ。」と書いています。

この本が出てから5年経っているのですが、呉さんの騒音の本は、出ていません。

私は、ずっと楽しみにして待っているのですが、どうなっているのでしょうか。

おわり

プレカリアート運動

「プレカリアート運動」


プレカリアート運動というものをご存知ですか。


プレカリアート運動とは、貧乏人の労働運動のようなものです。
主に、湯浅誠氏(もやい)、雨宮処凛氏(作家)、松本哉氏(素人の乱)、らが行っています。
主な活動として、例えば、サウンドデモなどがあります。
サウンドデモとは、バンドやDJが音楽を演奏しながら、デモ行進することです。


毎日新聞2010年5月19日「異論反論」(雨宮処凛)「雨宮さん!ギリシャ財政危機で暴動です 日本はあきらめているの?」より引用します。


(引用始め)


<声を上げれば冷笑され、デモなどをすれば「迷惑」といわれ、、、>


<3日の「自由と生存のメーデー」では、東京,新宿で約400人の「貧乏人」と音楽などを鳴らして歩くサウンドデモを敢行。
「残業反対!」、「早起き反対!」、「パワハラ反対!」などと叫んだ。>


(引用終わり)


(参考)マガジン9条、雨宮処凛がゆく!
http://www.magazine9.jp/karin/100512/



確かに、労働者の団結する権利、団体行動をする権利は、憲法28条により保障されています。
また、表現の自由も、憲法21条1項で保障されています。
そして、デモ行進は、住宅地ではなく、都会の街中で行われるのでしょう。

しかし、都会の街中に住んでいる労働者もいるでしょう。
病気で横になっている労働者もいるかもしれません。
また、夜勤で昼間に寝ている労働者もいるかもしれません。
デモ行進を肉声で行ったり、インターネットや街頭でのビラ配りなど、
もう少しマシな方法は、他にいくらでもあるでしょう。
(最近は、マンションへのビラ配りは、建造物侵入罪になるそうですが。)


デモを行う人々は、これらの人々の生命、身体を害しても、
なんとも思わないのでしょうか。
この程度の音は受忍しろ、ということなのでしょうか。
私は、なぜ受忍しなければならないのか、理由が分かりません。


私は、貧乏人なので、このような活動について、目的は、賛成なのですが、拡声器騒音という手段については、どうしても賛成したくありません。

経済的な問題の解決と静かな街とは、無関係なのでしょうか。
それどころか、矛盾、対立するのでしょうか。
多数派に対抗するいわゆる少数派が、私のような拡声器騒音が嫌いな絶対的少数者を
踏みつぶす、というどう仕様もない構造に、本当にどう仕様もないのです。


貧乏人で貧困なのに拡声器騒音が嫌いな私は、どこにも行き場がありません。

おわり

2011年1月16日 (日)

「救急車なんて知らない!」

月刊「創」(創出版・2011年2月号)の130ページの「ぢぢ対談 第19回 救急車なんて知らない!」(永六輔・矢崎泰久)より

http://www.tsukuru.co.jp/

 

永六輔氏は、交通事故に遭い、救急車で運ばれたそうです。

 

<永 それがさ、救急車の「ピーポー、ピーポー」というサイレンって、ふだん外で聞いているぶんには遠いけど、中にいると、これがもう耳触りなの。

あんまりうるさいから、「止めてくれ」と言った。

でも、「止められません」って。>(132ページより)

 

永六輔氏にとって<サイレン>の音は、<ふだん外で聞いているぶんには遠い>そうですが、私にはかなりうるさく感じます。

静かな住宅地域内では、エンジン音により自動車が来たということが分かるので、サイレンの音を消す、または小さくしても良いと思います。

法律や規則で鳴らさなければならないと決まっているのなら、法律や規則を変えれば良いのです。

そのために議会は存在しているのです。

 

おわり


警察官2人が不正精算=JICAから比派遣中

時事ドット・コム2011/01/07より

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011010700398

 

(引用始め)

 

警察官2人が不正精算=JICAから比派遣中

http://web-jp.ad-v.jp/adam/noscript?cat=jiji-press.soc&format=LRec

 国際協力機構(JICA)からフィリピン国家警察に派遣されていた警察庁の警視長と京都府警の警部が、活動経費2万8000円相当を不正に精算していたことが7日、警察庁などへの取材で分かった。
 同庁によると、昨年7~9月ごろ、同僚らとの私的な飲食費について、警視長は8000円相当、警部は2万円相当分を、フィリピン国家警察関係者との交際費として請求したという。
 警察庁は警視長を帰国させ、訓戒処分とした。京都府警も警部を本部長注意処分とし、近く帰国させる。(2011/01/07-12:44

 

(引用終わり)

 

「神奈川県警不正経理:531人を処分」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-ecf2.html

 

この記事では、警察官による公金の<私的流用>について、<もしあったら大問題です>と書きましたが、ほとんど<私的流用>と言えるような事件が起きてしまいました。

<私的な飲食費>を<フィリピン国家警察関係者との交際費として請求>しており、「欺いて財物を交付させた」と言えるので、詐欺罪(刑法246条1項)が成立するのではないでしょうか?

 

おわり

裏金―警察の犯罪

« 2011年1月9日 - 2011年1月15日 | トップページ | 2011年1月23日 - 2011年1月29日 »

ウェブページ

無料ブログはココログ