2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 2011年11月6日 - 2011年11月12日 | トップページ | 2011年11月20日 - 2011年11月26日 »

2011年11月13日 - 2011年11月19日の7件の記事

2011年11月19日 (土)

憤慨!橋下氏、市立中のイベント会場に入れず

産経jp2011.11.13)より

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/111113/waf11111314220010-n1.htm

 

(引用始め)

 

憤慨!橋下氏、市立中のイベント会場に入れず

2011.11.13 14:18 

 

 大阪市長選に立候補した橋下徹氏(42)が13日、選挙運動の一環として訪問予定だった同市福島区の市立中学校の地域イベント会場に入れず、憤慨する一幕があった。主催者側が混乱を恐れて入場を断ったというが、橋下氏は学校前でスピーカーを使って「大阪維新の会は、教育現場のこのような感覚を変えていきたい」と演説した。

 橋下氏は13日午前11時ごろ、福島区の中学校で開かれていたイベント会場を訪問。会場ではクイズ大会などが行われ、地元小学生らが参加していた。

 維新市議によると、橋下氏側は事前に主催者に訪問を伝えていたが、主催者側は、橋下氏が会場に着いた後「現場が混乱する」と判断して入場を断ったという。

  学校前で演説した橋下氏は「校長に『候補者だから入るな』と言われた。市長候補であるにもかかわらず、学校に入れてくれない。これが保護者の感覚に合っているのか極めて疑問だ」と反発。「保護者とふれあうのが本来の市長の仕事。保護者の皆さん、われわれは保護者を守ります」と声を張り上げた。

 「中に入って保護者の意見を伺いたかった」という言葉を残し、次の演説会場に向かった橋下氏。中学校の校長は「主催のPTAが決めたことなので」と複雑な表情を浮かべていた。

 

(引用終わり)

 

スポニチ(2011年11月14日)より

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/11/14/kiji/K20111114002026600.html

 

(引用始め)

 

橋下氏波乱スタート!?トイレ貸してもらえず

 

大阪市長選告示 (1113日)

   

 任期満了に伴う大阪市長選が13日、告示され、再選を目指す無所属の平松邦夫氏(62)と地域政党「大阪維新の会」代表で前大阪府知事の橋下徹氏 (42)が届け出た。同市福島区の中学校前で演説後にトイレを借りようとした橋下氏が門前払いに遭うハプニングがあり、波乱の選挙戦スタートとなった。知事辞職に伴う10日告示の府知事選とともに、27日に投開票される。

 PTA主催行事開催中の中学校前。橋下氏は街宣車上で公立校へのクーラー設置や給食の導入、医療費助成など
保護者に聞こえの良い公約を並べ「僕も7人の子供がいるから教育を何とかしたい」と訴えて喝采を浴びた。

 車から降り、報道陣とやじ馬にもみくちゃにされながら、
トイレを借りようと正門へ歩を進めた時だった。

 
「危ないじゃないですか。入らないでください。何が子供を守るですか!」

 いら立った表情で婦人が仁王立ち。これまで強い実行力をアピールしてきた橋下氏もさすがに強行突破はできず、慌てて退散。
再び街宣車に乗ると「僕に反発する人もいると思う」と苦笑いするしかなかった。

  維新の会は大阪都構想や公務員改革だけでなく、教育改革もマニフェストの一つに掲げ、教育委員会制度を見直し、住民の意思を反映できる仕組みを構築するなどと主張している。しかし、知事時代に「ダメな公立は廃校にする」などと発言し、一部から猛反発を受けた橋下氏。投開票まで2週間、保護者らの根強い不信感を払しょくすることも課題となりそうだ。

 その一方、組織票を持たないだけに浮動票を掘り起こすことも急務。午後には若者が集うミナミのアメリカ村を訪れ、これまで「GIRL NEXT DOOR」や「黒夢」がライブを開いたテナントビル2階からゲリラ演説した。

 「
楽しんでるかい!大阪を変えてニューヨークやロンドンに勝とう!」と絶叫。ただ、府知事選に出馬している維新の会の松井一郎幹事長(47)が「選挙いつか知ってる人?」と問うと、ほとんど反応がなく、まだまだ若者には浸透していない状況も露呈した。

 

[ 20111114 06:00 ]

 

(引用終わり)

 

これらの記事を事実としてコメントします。

1)<橋下氏は学校前でスピーカーを使って「大阪維新の会は、教育現場のこのような感覚を変えていきたい」と演説した。>そうです。

 

公職選挙法<(連呼行為の禁止)

第百四十条の二  何人も、選挙運動のため、連呼行為をすることができない。ただし、演説会場及び街頭演説(演説を含む。)の場所においてする場合並びに午前八時から午後 八時までの間に限り、次条の規定により選挙運動のために使用される自動車又は船舶の上においてする場合は、この限りでない。

  前項ただし書の規定により選挙運動のための連呼行為をする者は、学校学校教育法第一条 に規定する学校をいう。以下同じ。)及び病院、診療所その他の療養施設の周辺においては、静穏を保持するように努めなければならない。

 

公職選挙法140条の2、2項に違反するような気もしますが、政策を述べているので「連呼行為」ではない、と言い訳するのでしょうか?

 

2)<橋下氏は「校長に『候補者だから入るな』と言われた。市長候補であるにもかかわらず、学校に入れてくれない。>と述べたそうですが、公立の学校が特定の候補者の選挙運動に利用されたら中立性の観点から問題です。

市長候補であるにもかかわらず、>ではなく、市長候補者だから学校に入れてくれないのです。

平松氏でも入れないでしょう。

単なる不審者ですからね。

(良い悪いは別にして)最近では橋下氏でなくても関係者以外は学校には入れてもらえませんよ。

場合によっては入校証が必要な場合もあるそうです。

 

中学校の校長>によると<「主催のPTAが決めたこと>だそうです。

これこそがまさに民意ですね。

 

3)<保護者に聞こえの良い公約>との部分ですが、何か悪意がありそうな表現です。

 

4)<トイレを借りようと正門へ歩を進めた時だった。「危ないじゃないですか。入らないでください。何が子供を守るですか!」いら立った表情で婦人が仁王立ち。これまで強い実行力をアピールしてきた橋下氏もさすがに強行突破はできず、慌てて退散。>との事です。

この主婦の意見だって民意ですからね。

自分に都合のよい意見だけ民意にするつもりでしょうか。

 

5)心斎橋で<楽しんでるかい!>と若者に呼び掛けたそうです。

何か古くないでしょうか?

 

おわり

 

2011年11月18日 (金)

「橋下徹氏の公職選挙法違反についての回答」

「橋下徹氏の公職選挙法違反についての回答」

 

下記の関連記事に対して、

 

(引用始め)

 

大阪市長選挙立候補予定者の公職選挙法違反について

20111116

 

平素は、明るい選挙の推進にご協力いただきありがとうございます。

 さて、ご指摘の件ですが、公職選挙法では129条において告示日(大阪市長選挙の場合は11月13日)前の選挙運動は禁止されています(事前運動の禁止)。

 また、
選挙運動とは、「特定の選挙について、特定の候補者の当選を目的として、投票を得又は得させるために直接又は間接に必要かつ有利な行為」のこととされています。

 このツイッターの記載について公職選挙法239条により処罰を行うようにとのお申出ですが、
取締りの権限は警察にあり、私どもが公職選挙法に基づき処罰することはできませんのでご理解のほどよろしくお願いします。

 なお、お茶様からのご指摘を受け、このような記載がインターネット上に存在することについては
大阪府警に連絡しています。

 

(引用終わり)

 

選挙管理委員会には取り締まりの権限はないそうです。

私のメールの内容は大阪府警に届いているそうです。

 

おわり

 

関連記事

「公職選挙法違反・橋下徹氏のツイッター(2011年11月8日)より」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-8817.html

 

2011年11月17日 (木)

「梅田章二氏についての選挙管理委員会からの回答(2011年11月)」

「梅田章二氏についての選挙管理委員会からの回答(2011年11月)」

 

以下の関連記事に対して、選挙管理委員会から回答(2011年11月11日)が来たので掲載します。色変えは引用者です。

 

(引用始め)

 

既にご承知のことかと存じますが、今回の大阪府知事選挙は、告示日が11月10日()、投票日・開票日は、11月27日(日)の日程で執行いたします。
原則として選挙運動ができる期間は、告示日の立候補届出後から投票日前日の11月26日(土)までとなっています。この期間外に選挙運動を行った場合、
事前運動となり公職選挙法に抵触することになります。
立候補予定者の皆さんには、大阪府で開催された立候補予定者説明会において選挙運動等につき詳細に説明を行い、選挙違反のない公明且つ公正な選挙の執行にご理解ご協力をお願いされているところでございます。
しかし、選挙の告示日が近づくにつれ、立候補予定者や政党等の街頭宣伝車等による活動が活発となり、このような行為が事前運動となるのか、又は、一定の規制があるものの本来自由に行うことが可能である政治活動が行われているのか、その判断は難しいところでありますが、
単に、立候補予定者名を連呼し、投票を依頼するような言動があるのであれば、事前運動性が高まり、公職選挙法に抵触する恐れが強くなるものと考えられるところです。
基本的に選挙違反に対する取り締まりは、
警察において実施されているところですが、選挙管理員会といたしましても、明らかに公職選挙法に違反する行為等が継続して確認される場合につきましては、当該陣営に対し注意させていただき、警察との連絡を密にし選挙違反のない公明且つ公正な選挙の管理執行に努めてまいりたいと考えていますので、ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。

(引用終わり)

 

結局、選挙管理委員会は行き過ぎな場合に注意するだけだそうです。

基本的に警察が取り締まるそうです。

 

おわり

 

(関連記事)

「2011年11月の大阪府知事選挙における梅田章二氏の選挙違反」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-1d7f.html

 

2011年11月16日 (水)

「キャスト(2011年11月11日(金))の感想」

「キャスト(2011年11月11日(金))の感想」

 

大阪市長選立候補の平松邦夫氏と橋下徹氏の公開討論を録画したものを観ました。

今回は、お互いに質問し合う方式だそうです。

 

1)まず初めに、橋下氏が平松氏に対して「独裁」とは何かを質問していました。

恐らくですが、橋下氏が「独裁」という言葉に強いリーダーシップという意味に限定したのはここ数週間の事です。

初めに言い出した時は、このような限定はついていませんでした。

最近各メディアで批判され始めたので修正したのでしょうか。

本当に頭の良い独裁者は、自ら「独裁」という言葉は使わないと思うのですが。

 

独裁とは(立憲)民主主義を破壊する事です。

民主主義とは①適正な手続きに従い多数派の議員・首相(意思)を選び、その議員・首長が審議討論により②少数派の意思を尊重しながら意思決定をしていく事です。

公約にない君が代強制の教職員条例を強行採決しました(①適正手続き違反)。

精神医療オンブズ制度・稲スポーツセンター・通勤寮の廃止など福祉予算を削減しています(②少数者無視)。

私はこれらを民主主義の破壊・独裁だと見ています。

 

橋下氏は、全く政策の違う自民党と共産党が平松氏を支持する事を批判し、「既存の体制を守りたいだけ」「大政翼賛会」「独裁」と言います。

平松氏を支持する人々が守りたい既存の体制とは、憲法や民主主義です。

全く正反対の政策の自民党と共産党が応援しなければ民主主義を守ることが出来ないと危機感を持っているという事でしょう。

自民党は今回の選挙の時だけ平松氏を推薦していますが、議会での討論では反対に回ることがあるでしょうから、「独裁」「大政翼賛会」ではないでしょう。

民主主義を守ろうとしている人たちを「大政翼賛会」と呼ぶとは・・・

心理学で言う「投影」かも知れません(下記関連記事①参照)。

 

2)教育基本条例について、橋下氏は、教員の評価を保護者がすると言っていましたが、保護者が見た目の良い教師(美男・美女)が良いと言ったら、そうなるのでしょうか?何か変ですよね。

教育に保護者の意見(民意)を反映させるとのことですが、PTAが署名を集めて反対していましたよね。これが民意だと思います。

 

3)最後に平松氏は橋下氏の「優良会社の従業員」という発言について疑問を呈していました。多くの人は変だと思いますよね(下記関連記事②参照)。

 

4)全体的にお互いに質問に対する答えになっておらず、会話・対話が成立していない印象を受けました。

 

おわり

 

(関連記事)

①「橋下徹氏の平松邦夫氏への批判について(投影)」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-6874.html

 

②橋下・大阪府知事:「優良会社の従業員」 退任訓示で表現一転

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-8fa6.html

 

2011年11月14日 (月)

確定死刑囚:複雑な思いの死刑囚 市民団体調査、86人回答

毎日新聞HP(20111113日)より、記事の引用です。

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20111113ddm041040115000c.html

 

(引用始め)

 

確定死刑囚:複雑な思いの死刑囚 市民団体調査、86人回答

 

 市民団体「死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム90」は、今年6月時点で死刑が確定していた120人を対象に実施したアンケートの結果をまとめた。約7割に相当する86人が回答しており、死刑囚のナマの声が伝えられるのは異例。死刑制度に対する思いや、東日本大震災の被災者への配慮をつづった内容もみられた。【伊藤一郎】

 刑受けるのが遺族様にできること/いつ執行か、精神的な拷問と同じ/3分でいいから生の会話したい

 ある男性は「その時がくれば、あらがうことなく刑を受けようと思う。それくらいしか被害者御遺族様にできることはない」と記入。一方で別の72歳の男性は、刑事訴訟法が「(死刑の執行命令は)判決確定日から6カ月以内にしなければならない」と定めているのに、既に6カ月が経過したことを理由に「断固、執行は拒否する」とつづった。

 また、64歳の男性は「(死刑執行は)事前に告知して心の準備をする機会を与え、死刑囚自ら苦痛の軽減を図れるようにする」ことを要望。39歳の 男性は「自分のした事の重さは十分に分かっているが、いつ執行で身体を持っていかれるか分からないという気持ちが分かりますか? 精神的な拷問と同じで す。(中略)生きて償いをしたい」と訴えている。

 3月の大震災に触れたある男性は「被災地で生活している方々がいまだに不自由で苦難な生活をしているなかで、私は毎日3食も食事をいただき、入浴もさせていただいています」と記載。そのうえで「大切な血税にて生かされて、罪のない被災地の方々が苦労されていることを考えると、アンケートに答える気になれない」と被災者を気遣った。

 アンケートでは、再審請求の状況や処遇の実情についても質問。回答者の約6割に当たる52人が再審請求中で、20人が請求予定とした。また、親族などとの面会・文通が一切ないと答えたのは5人。他人と会話する機会がなく「3分でいいから生の会話がしたい」と訴える記述もみられた。

 <確定死刑囚の主なメッセージ>

 奥西勝死刑囚(名張毒ぶどう酒事件)

 調書は誘導と強要によるもので、事実と全く違います。一日も早く再審開始して、無罪を決定してください。

 間中博巳死刑囚(茨城同級生殺害事件)

 死刑囚というと極悪非道をイメージしますが、ほとんどの死刑囚は普通の人たちなのです。普通の人たちが道をふみ外して殺人などを犯してしまったのです。

 小林光弘死刑囚(弘前武富士強殺放火事件)

 共同室(雑居房)から大きな笑い声が聞こえてきます。しかし、死刑囚が大声で笑うことはほとんどありえない事です。このような状況で、心情安定に努めなさいという事など無理な話です。

 幾島賢治死刑囚(富山暴力団組長夫婦射殺事件)

 死刑問題には関係ないが、この国難の時に政争はやめてもらいたい。(中略)被災者を一日も早く救ってください。それが政治の仕事と思います。

==============

 ことば

 確定死刑囚

 法務省刑事局によると、11月10日現在で124人。全国の拘置所の単独房に収容されている。原則として他の収容者との接触は禁じられ、外部との手紙のやり取りや面会も限定されている。死刑執行は直前まで死刑囚には伝えられない。

 刑事訴訟法は「法相は確定から6カ月以内に(執行)命令を出さなければならない」と定めているが、再審請求中や共犯者の裁判中は原則見送られている。歴代法相の中には思想・信条を理由に執行命令を出さなかったケースもある。法務省には現在、死刑制度の是非について検討する「死刑の在り方についての勉強会」が設置されている。

毎日新聞 20111113日 東京朝刊

 

(引用終わり)

 

橋下・大阪府知事:「優良会社の従業員」 退任訓示で表現一転

毎日新聞hp2011111)

http://mainichi.jp/chubu/seikei/news/20111101ddq041010011000c.html

 

(引用始め)

 

橋下・大阪府知事:「優良会社の従業員」 退任訓示で表現一転

 

 11月13日告示・27日投開票の大阪市長選への出馬を表明した大阪府の橋下徹知事(42)は31日退任、任期を約3カ月残して約3年9カ月間の知事生活を終えた。08年2月の就任初日の訓示では「破産会社の従業員」と職員を酷評したが、退任あいさつでは「優良会社の従業員」と一変させた。

 橋下知事は午後に登庁後、府議会の正副議長や各会派にあいさつ回り。「大激論があったが、議会のいろんな意見のおかげで、道を誤らず綱渡り状態で 踏みとどまった」などと話した。退任会見では府民に向けて「若年知事だったが応援してくれ、本当に感謝している。年齢不相応な重い職を背負ってきたので、 しばらくは普通の42歳に戻れれば」と語った。

 本庁舎正面玄関での退庁セレモニーでは、職員数百人に拍手で出迎えられ、花束を受け取った。「本当にありがとうございました」と何度も頭を下げ、笑顔を浮かべて公用車で府庁を後にした。

 ある幹部は「知事とは本当によく議論した。府庁改革を強力に進めた」と評価した。別の幹部は「財政再建も職員給与カットも全て理屈は後付け。これまでやってきたことの矛盾や府民生活への影響がこれから出てくるはずだ」と批判した。【堀文彦、佐藤慶】

 「大人の対応をしてくれれば」--平松市長

 大阪市の平松邦夫市長は31日、橋下氏の知事退任を受けて記者団に対し、「地域政党の代表と行政のトップを二股するのは議会制度ではあるべきではない。私とは根本的な部分で違う」と批判。「大人の対応をしてくれれば、市民や府民、経済成長のためにいくらでも話し合うことはできた」と振り返り、「就任当初言っていたように国の無駄を省くことに取り組めば、こんな矮小(わいしょう)化したような市の分解を巡って仲たがいすることもなかった」と語った。 【津久井達】毎日新聞 2011111日 中部朝刊

 

(引用終わり)

 

時事ドットコム(2011/10/31)より

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201110/2011103100801&rel=y&g=pol

 

(引用始め)

 

「皆さんは優良会社の従業員」=知事退任の橋下氏、職員に謝意-大阪

 

 「皆さんは優良会社の従業員です」-。任期満了に伴う大阪市長選(11月27日投開票)にくら替え出馬するため、31日付で退任する大阪府の橋下徹知事 (42)が同日、職員に別れのあいさつを行った。2008年2月の就任時には、財政悪化に苦しむ府の職員を「破算会社の従業員」と評した橋下氏だったが、 この日は歳出削減などで苦労を共にした幹部らにこう語り掛け、謝意を表した。
 退任会見では、1期目の任期途中で辞職することについて「いろいろなご意見はあると思う」としながらも、「大阪の将来像を大きく変えるのは政治の力しかない」と強調。府と同市などを再編する「大阪都」構想の実現を目指すためには、やむを得ない選択だったとの認識を示した。 
 橋下氏は同日夕、府庁本館の正面玄関前で、見送りに集まった職員らに「本当にありがとうございました」と、笑顔で大きく一礼。女性職員から受け取った花束を手に車に乗り込み、府庁舎を後にした。(2011/10/31-18:35

 

(引用終わり)

 

橋下徹大阪府知事は2011年10月31日で任期を3カ月残して辞職しました。

早く辞めてくれて良かったと思うのと同時に、なぜ任期最後まで勤め上げなかったのかなと思います。

橋下氏に投票した有権者は最後まで勤めて欲しいと思っている人もいるでしょう。

 

さて、今回言いたいのは、ここからです。

橋下氏は、就任時のあいさつでは職員を<「破産会社の従業員」>と言いましたが、辞職時には職員を<「優良会社の従業員」>と言ったそうです。

就任時でも「破産会社」と言うような状態かどうかはともかく、下記の参考サイト①によると、大阪府の借金は平成17年度の57257億円から平成22年度見込みの60879億円と増えているそうです。

(橋下氏のいつもの無責任な発言をまともに受け止めるのもどうかと思いますが、)辞職時には<「破産会社の従業員」>と言った就任時よりも借金が増えているにもかかわらず、<「優良会社の従業員」>って、そんなのありますか?

このように言うと、まるで橋下氏の政策によって大阪府の借金が減っているかのように思う人もいるでしょう。

 

大阪市に対して、橋下知事(当時)は、下記参考サイト②で反論しています。

要約すると、<平成20年度から、国の方針で市町村より都道府県に多く割り当てられるようになった>こともあり、大阪府は臨時財政対策債を多く発行しているが、これはいずれ国から償還されるので借金に含めるべきではない、と言う事です。

 

仮にこの言い分が正しいとしても、就任時が<「破産会社の従業員」>で、辞職時が<「優良会社の従業員」>とはならないでしょう。

また、<税収が需要を上回り、地方交付税が不交付>となったら、どうするのでしょう?

 

また、<(3)大阪府の借金は、他の都道府県と比較すると少ない>、<(4)大阪市の借金は、他の政令市と比較すると多い>との事です。

大阪府は大都市なので他の地方都市より税収は多いでしょう。また、大阪市は生活保護費が財政を圧迫しているでしょう。

よって、他の自治体と比べる事に意味があるとは思えません。

 

おわり

 

(参考サイト)

①大阪市HP「大阪市と大阪府の借金の状況について」

http://www.city.osaka.lg.jp/zaisei/page/0000129446.html

 

②大阪府HP「大阪府と大阪市の借金の残高について」

http://www.pref.osaka.jp/koho/chiji/20110510_husi.html

 

③マガジン9条「第7回 橋下徹の言論テクニックを解剖する その2-ありえない比喩、前言撤回、ふっかけ、涙、脅し、言い訳……」(中島岳志氏)

http://www.magazine9.jp/hacham/111111/

 

(注意・このサイトと部分的にほとんど同じ事を書いていますが、別に真似した訳ではありません。)

 

2011年11月13日 (日)

「公職選挙法違反・橋下徹氏のツイッター(2011年11月8日)より」

「公職選挙法違反・橋下徹氏のツイッター(2011年11月8日)より」

 

以下のメールを送りました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2011年11月12日

 

大阪市選挙管理委員会様

 

「大阪市長立候補予定者・橋下徹氏の公職選挙法違反について」

 

2011年11月27日の大阪市長選挙の立候補(予定)者の橋下徹氏のツイッターより一部を引用します(色変えは引用者です。)。

 

いよいよ明日から大阪府知事選の告示です。僕自身の告示は13日ですが、僕は政治団体の代表でもあるので本日をもってツイッターの更新はできなくなります。そもそも今の公職選挙法は前近代的。およそ今の世にあっていない 不合理、非生産的、非効率な作業の羅列です。収支報告書もそうですね。posted at 22:15:43

 

政治の力の源泉は皆さんのお力です。どうか大阪維新の会松井一郎と橋下徹にお力をお貸し下さい。では、11月27日に。posted at 23:09:21

 

どうか大阪維新の会松井一郎と橋下徹にお力をお貸し下さい。>の部分についてですが、立候補を表明した人の<お力をお貸し下さい。>との発言は、社会常識に照らすと、「投票して下さい」と言う意味でしょう。

これは事前運動に該当し、公職選挙法129条に違反します。

よって、同法239条による処罰を求めます。

 

以上

 

« 2011年11月6日 - 2011年11月12日 | トップページ | 2011年11月20日 - 2011年11月26日 »

ウェブページ

無料ブログはココログ