2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 2011年11月27日 - 2011年12月3日 | トップページ | 2011年12月11日 - 2011年12月17日 »

2011年12月4日 - 2011年12月10日の7件の記事

2011年12月10日 (土)

「「近所がうるさい! 騒音トラブルの恐怖」の感想の続き」

「「近所がうるさい! 騒音トラブルの恐怖」の感想の続き」

 

「近所がうるさい! 騒音トラブルの恐怖」(ベスト新書、橋本典久、2006年、780円)を読み終えました。

以前に書いた感想(下記関連記事)の続きを書きます。

 

1)「第3章 上階音が引き起こしたトラブルと事件」では、上階音は法律等ではどう仕様もない、という事が書かれています。

「第4章 無残、近隣騒音訴訟と判決」においては、題名通りの事が書かれています。

「第5章 騒音問題、古今東西」において、騒音についてのウンチクが語られています。

哲学者のカントとショーペンハウエルは、騒音に悩まされたそうです(P222から)。

騒音に悩まされている私も哲学者の素質があるのでしょうか?

「第5章」は読み物として興味深いです。

 

2)著者の主張をまとめると、日本は、音に関して「おおらか」だったが、<戦後、西洋化の波とともに、次第に敵対性の強い国民に変化してきている>(P232)。

そして、<騒音殺人事件や騒音傷害事件を引き起こすのは、騒音ではなく、結局、その人のパーソナリティーである。>(P236)との事です。

騒音の被害者の人格の問題としています。

その解決法の一つとして、<端的に言えば、気にしなければよいのである。>としています。

これで解決するなら、苦労しません・・・

さらに<近隣騒音、近隣煩音に関しては、・・・できるだけこれを許容するという社会をつくることが必要である。>(P252)とし、<隣人の騒音を許すことが、自分を救うことになるのである。>(P253)としています。

極め付けは、<“音がうるさくて何が悪い”>(P253)という言葉で本編が終わっています。

 

3)騒音被害者は、<睡眠障害、顔面神経症、自律神経失調症など、ストレスによる多くの生理的影響>(P247)により地獄のような苦しみを強いられている事を知りながら、この終わり方です。

どうやら著者には騒音被害者の気持ちが分からないようです。

恐らくですが、著者は騒音に悩まされた事がないのでしょう。

現在騒音に悩まされている人が解決法を求めてこの本を読んでも、何の解決にもなりません。

解決にならないどころか、騒音で悩むような貴方の人格が悪いと決めつけられ、余計な悩みが増えることになります。

読まない方が良いです。

 

おわり

 

(関連記事)

「「近所がうるさい! 騒音トラブルの恐怖」(第2章まで)の感想」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-c59a.html

 

2011年12月 9日 (金)

「市から「だんじり」の騒音についての回答(2011年10月)」

「市から「だんじり」の騒音についての回答(2011年10月)」

 

下記の関連記事のメールに対して市から回答が来たので、以下に転載します。色変えは引用者です。

 

(引用始め)

 

「だんじり」の騒音についての回答

2011107日 金曜日 午後2:38

 

市民の声をご利用いただきありがとうございます。
平成23年9月24日付け及び平成23年10月4日付にてお申し出をいただきました標記の件につきまして、別添(PDF)によりお答えいたしますので、ご理解いただきますようお願いいたします。 



(引用者注・以下が別添PDFの内容です。)

 

市民の声をご利用いただきありがとうございます。

「だんじり」についての質問および要求について下記のとおり回答いたしますのでご理解いただきますようお願いいたします。

【平成23年9月24日付けの意見について】

①「だんじり」主催者の連絡先につきましては、行政によっては岸和田市の様に観光事業として関わっているところもありますが、本市では、「だんじり」の曳行等の事業については関わっておりませんので、市役所においては把握しておりません

②太鼓の音量測定及び規制につきましては、祭礼、運動会、文化祭等地域の慣習としての行事については規制の対象外となっておりますので、規制は困難であると思われます。

③「だんじり」参加者等への暴力団等のかかわりについては、本市では、「だんじり」の曳行等の事業については関わっておりませんので、市役所においては把握しておりません

④交通規制については、主催者と警察とで協議を行うものですので、市役所では具体的な内容はお答えできません。しかし、緊急車両などが通行する場合には警察により優先的に誘導が行われるものと思いますので、詳しくは、河内長野警察署へご相談いただきますようお願いいたします。

⑤未成年者の飲酒・喫煙につきましては、河内長野警察署へご相談ください。

⑥「だんじり」に伴う拡声器の使用については、音量規制が適用されません。

深夜の迷惑行為については、河内長野警察署にご相談ください。

【平成23年10月4日付けの意見について】

①拡声器使用にかかる届け出については、市役所への届け出はありませんが、「だんじり」曳行に伴う、道路使用許可を河内長野警察署に届け出ているものと思われます。

②「だんじり」主催者の連絡先につきましては、行政によっては岸和田市の様に観光事業として関わっているところもありますが、本市では、「だんじり」の曳行等の事業については関わっておりませんので、市役所においては把握しておりません。

③「だんじり」における拡声器の使用については、強制力のある指導はできません。

深夜の迷惑行為については、河内長野警察署にご相談ください。

④騒音規制につきましては、祭礼、運動会、文化祭等地域の慣習としての行事については規制の対象外となっておりますので、規制は困難であると思われます。

⑤市長の意見は本回答とご理解願います。

⑥「だんじり」に対する意見は、○○様のほかに1 ございます

 

(引用終わり)

 

まとめると、①市は無関係、②警察に相談、③騒音規制は適用出来ない、という事です。

 

おわり

 

(関連記事)

だんじりについての質問および要求について(2011年9月24日)」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-ad31.html

 

「「「だんじり」の騒音について」(再度メール)」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-0454.html

 

2011年12月 8日 (木)

拘置所の独房で凍死、国に4360万円賠償命令

読売新聞(201198日)より

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110908-OYT1T01014.htm?from=tw

 

(引用始め)

 

拘置所の独房で凍死、国に4360万円賠償命令

 

 神戸拘置所(神戸市北区)の独房内で男性(当時29歳)が凍死したのは刑務官らが注意義務を怠ったのが原因として、男性の母親(64)が国に約5450万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が8日、神戸地裁であった。

矢尾和子裁判長は、死因を凍死と認定し、「男性の身体の異常に気づいていたのに、医師に診察させるなど適切な措置を取らなかった」として、国に約4360万円を支払うよう命じた。

 判決によると、男性は児童買春・児童ポルノ禁止法違反などで起訴され、2005年4月に同拘置所に収容された。公判中の06年1月6日、体調を崩して独房で寝たきりとなり、7日朝に死亡した。

 矢尾裁判長は、6日夜~7日朝に独房の窓が7~8センチ開けられたままで、氷点下の外気が入って凍死したと判断。刑務官らが6日夕、男性が嘔吐しているのを確認している様子が監視カメラに映っていたことなどから、刑務官らは、男性の生命を守る注意義務を怠ったとした。

2011982301 読売新聞)

 

(引用終わり)

 

日本で冬場(1月)に深夜から朝にかけて窓を7~8センチ開けておけば被告人が<氷点下の外気が入って凍死>する事は一般の人なら当然に予測できる事です。

拘置所職員に特別公務員凌虐罪どころか殺人罪は成立しないのでしょうか?

未必の故意どころか確定的故意を認定できそうです。

この裁判は民事訴訟(国家賠償訴訟)ですが、刑事訴訟はどうなっているのでしょうか?

 

児童買春・児童ポルノ禁止法違反>との事です。

都道府県によっては単純所持を罰する条例もありますよね。

国家が政治的・思想的に望ましくないと思う人物を単純所持で逮捕・起訴し、拘置所の窓を開けておくだけで死亡させる事が出来ると言う事です。

民事の損害賠償が認められたり、刑務官が刑事上有罪判決を受けても(当たり前ですが)被害者は生き返りません。

震災・原発・TPPなど他に社会的に重要な事があるのかもしれませんが、この事件が余り報道されていないことに驚きです。

 

おわり

 

2011年12月 7日 (水)

反格差集会はハンドサイン マイク使わず議事進行

47news2011/10/17)より

http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011101701000627.html

 

(引用始め)

 

反格差集会はハンドサイン マイク使わず議事進行

 

 【ニューヨーク共同】米ニューヨークの反格差社会デモは16日、大きな動きがなく、数千人が声を上げた前日と打って変わって静かな日となった。毎日開かれる「総会」はこの日も開催。運動方針を決める会議で、マイクは使わず、参加者が賛成や反対を手のサインで示しながら議事を進行する独特のスタイルが用いられている。

 「これがきょうの議題です」と真ん中に立った男性が話すと、周囲の参加者が「これがきょうの議題です」と声を合わせて復唱。こうして全員に会議の中身が聞こえるという原始的な仕組みだ。意思決定は全会一致制。参加者は「ラジカル(根源的)な直接民主制」と胸を張る。

2011/10/17 17:47   【共同通信】

 

(引用終わり)

 

アメリカのニューヨーク州の反格差集会の「総会」では、<マイクは使わず、参加者が賛成や反対を手のサインで示しながら議事を進行する独特のスタイル>が採られているそうです。

この<手のサイン>は、市場(いちば)の競りのような感じでしょう。

マイクを使わない理由がこの記事からは分かりません。

この「総会」は、どこで行われているのでしょうか(室内・屋外)?

そして、出席者は何名くらいなのでしょうか?

「ラジカル(根源的)な直接民主制」という所から古代ギリシャの直接民主制を思い浮かべました。

観た事はありませんが。

 

おわり

 

2011年12月 6日 (火)

「月刊「創」(2011年12月号)の感想」

「月刊「創」(2011年12月号)の感想」

 

月刊「創」(2011年12月号)(680円、創出版)の感想を簡単に書きます。

 

1)P14より、柳美里氏の「この夏の病」。柳美里さんは、この夏、原因不明の痛みで大変だったようです。病院の名前を出して、対応が悪かった、と書いていますが、大丈夫でしょうか?

 

2)P26からP37まで「ハシズム集会2回目」の中島岳志氏の講演が収録されています。微妙に編集してある感じです。

 

3)P52から、マツダ事件の被告人の手記が掲載されています。全く反省していない感じです。秋葉原の事件の加害者というより、池田小事件の加害者のような感じです。P54より、マツダ事件の加害者は非正規雇用だったが正社員になる気はなかったそうです。「所詮ワシは負け組じゃけーのー」との事です。P56より、600万円の借金があったので自己破産。リーマンショックで派遣切りで生活保護。

P61より、加害者によると、この事件はマツダによる集団ストーカー行為(アパートの部屋への住居不法侵入、車上荒らし、職場のロッカー荒らし)への復讐だそうです。集団ストーカー行為をマツダや大衆媒体は隠しているそうです。

これが事実なら事件の概要がかなり変わってきます。

 

4)P74より、自由報道協会主催の小沢一郎氏の記者会見にて、読売新聞の恒次徹記者がルール違反をした件について。恒次氏の「通常の記者会見では再質問は認められる」に対して上杉隆氏「通常の記者会見とは何だ」という所が印象に残りました。

 

5)P82より、香山リカ氏のスティーブ・ジョブズ氏について。ジョブズ氏は病気の治療で西洋医学的な治療を拒み民間療法へ。香山氏は、その理由をパーソナルコンピューターは既存の文化に対するカウンターカルチャーだから、という考察。

ジョブズ氏はヒッピーだったそうです。電子機器とヒッピー文化というのは私から見たら意外な組み合わせです。この辺りはゲイツ氏との違いでしょうか。私はウインドウズしか使った事が無いので、マックも良さは分かりません。

 

6)P87より、森達也氏の光市事件について。死刑判決が出た時、広島高裁の近くにいた人たちは一斉に拍手し万歳したという情報もあるそうです。しかし、遺族のM氏は笑顔すら見せなかったそうです。<遺族が抱くのは、そんな浅いレベルの悲しみではない。報復すれば収まるような怒りでもない。>という所が印象に残りました。

遺族の応報感情を死刑存置の理由にすると、被害者に遺族がいない場合は刑が軽くなるの?罪刑法定主義は?という指摘。あと法の下の平等もですね。また、この場合の民事訴訟はどうなるのでしょうか?

 

7)P90より、佐藤優氏、沖縄の方言で沖縄の人の事を正しくは「ウチナーンチュ」と言うそうです。「ウチナンチュー」は「沖縄の奴」という侮蔑の意味を含むそうです。

P92より、佐藤氏は「第5回世界のウチナーンチュ大会」に祝電を送った野田佳彦首相に若干期待し、祝電を送らなかった玄葉光一郎外相について致命的欠陥と評価しています。

 

8)P100より、知的障害者が女児を死なせたとされる「東金事件」について。事件の後にマスコミ関係者からの接触に警戒しない被疑者。そしてそれを利用する女性記者。知的障害者の犯罪およびその報道について考えさせられます。

この事件は被疑者が働いていた工場の主任と上手く行かず退職した次の日に起きています。父親は長期入院、母親は仕事。後から言っても仕方がありませんが、彼をサポートする人がいたらこの事件は起こらなかった可能性があります。

 

9)P111より、週刊誌による雅子妃バッシング報道について。週刊誌は雅子妃の行動をあげつらっていても敬語を使用。それに対して、<皇室敬語が記号として流通しているこのシステムこそが天皇制を支えている>と指摘しています。

 

10)P112より、渡辺文樹監督の最新作「金正日(キムジョンイル)」。ポスターを張っただけで条例違反(?)で逮捕。P116より、公安警察の人も「創」を読んでいるらしく「子供を学校に行かせた方が良いよ」とアドバイスされたそうです。福島在住の渡辺監督は震災の映像を撮っているそうです。

 

11)P140より、阿曽山大噴火氏の「バカ裁判傍聴記」より。報道各社が傍聴券を得るためにバイトの人を並ばせるのですが、それを裁判所職員が混乱しないように人員整理しているそうです。裁判所公認なのでしょうか?今回は布団泥棒のお話です・・・

読了。

 

今月号はマツダ事件の加害者の手記が印象的でした。この事件は震災や原発事故のせいで、あまり報道されていませんね。

今、雑誌業界は大変だそうで、創出版も経営がかなり苦しいそうです。何とか続けて行って欲しいです。「創」が廃刊になる時が日本の雑誌文化が終わる時です。

 

おわり

 

2011年12月 5日 (月)

選挙:大阪ダブル選 「橋下維新」が制覇 市長選圧勝、知事に松井氏 都構想、推進へ

毎日新聞(201111月28日)より、長いのですが引用します。

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20111128ddm001010064000c.html

 

(引用始め)

 

選挙:大阪ダブル選 「橋下維新」が制覇 市長選圧勝、知事に松井氏 都構想、推進へ

 

 大阪府知事・大阪市長のダブル選は27日投開票され、市長選は大阪維新の会代表で前知事、橋下徹氏(42)が、現職の平松邦夫氏(63)=民主府 連支援、自民府連支持=を破り、初当選した。知事選は大阪維新の会幹事長、松井一郎氏(47)が、前同府池田市長、倉田薫氏(63)=同=と弁護士、梅田 章二氏(61)=共産推薦=ら6人を破って初当選した。「大阪都構想」を掲げる維新が大差で両選挙を制したことで、府市は15年4月の都制移行に向けた制度設計に入る。実現には法改正が必要なため、維新は国政進出も視野に既成政党への攻勢を強める。

 ダブル選は40年ぶりで、大阪都構想の是非が最大の争点となった。橋下氏の政治手法や教育への政治関与を打ち出した教育基本条例案なども問われた。投票率は市長選が60・92%(前回43・61%)、知事選が52・88%(同48・95%)だった。

 維新公認の橋下、松井両氏に対し、民主、自民は平松、倉田両氏を支援。共産は市長選で公認・推薦候補の擁立を見送り、自主的に平松氏の支援に回った。自主投票の公明を除く既成政党と維新が対決する構図になった。

 橋下氏と松井氏は27日夜、そろって大阪市内で記者会見。橋下氏は選挙結果を「都構想が信任された。ゴールではなく、次のステップのスタートだ」 と位置づけ、「自民、民主、共産は全く理念がなかった。それが有権者に見抜かれたのでは」と勝因を分析した。戦後の大阪市長では最年少。知事から政令市長 になるのは全国初。有効投票総数に占める市長選の得票率は橋下氏が58・96%、平松氏が41・04%だった。

 大阪都構想は府と大阪、堺両市を解体して「都」と「特別自治区」に再編する構想で、人口約267万人の大阪市の場合、8か9の区に分割される。

 都構想の実現には法整備が必要となるため、橋下氏は「まずは既存の政党と話し合いたい。そのうえで、受け入れられる状況がない場合は、年内から候 補者擁立の準備に入りたい」と述べ、次期衆院選の近畿圏の小選挙区に維新の会から候補を擁立する意向を表明。橋下氏自身が市長の任期途中に辞職して国政に 転じる可能性は否定し、市長は1期で退く考えを示した。

 15年度の都構想実現を目指しており、橋下氏は「都知事は維新から出すことは考えていない。元気な若い世代に引き継いでいく」として、実現すれば維新はいったん解散する考えも明らかにした。

 これから乗り込む大阪市役所の職員に対しては「職員の給与体系も体質も変えていく。民意を無視する職員は市役所から去ってもらう」と「宣戦布告」。維新が過半数を占めていない市議会に対しては「リコール(解職請求)は考えていない。ノーサイドにして話し合う」と協議を求める一方、「それでも解決できなければもう一度民意を問うこともあり得る」とけん制した。

 橋下氏は08年1月の知事選で初当選。10年1月に都構想を提唱し、同4月に大阪維新の会を結成。今年4月の統一地方選では、維新が府議会で過半数、市議会では第1党になった。

 しかし、平松氏や市議会多数を占める既成政党が都構想に反発。橋下氏は「民意を問う」として、10月末に知事を辞職し、ダブル選に持ち込んだ。【小林慎、高山祐】

==============

 大阪府知事選確定得票数

当 2,006,195 松井一郎 <1>諸新

  1,201,034 倉田薫     諸新

    357,159 梅田章二    無新=[共]

     29,487 岸田修     無新

     27,809 高橋正明    無新

     22,347 中村勝     諸新

 21,479 マック赤坂   諸新

==============

 大阪市長選確定得票数

当 750,813 橋下徹 <1>諸新

  522,641 平松邦夫(1)無現

==============

 

(以下略)

 

(引用終わり)

 

1)<有効投票総数に占める市長選の得票率は橋下氏が58・96%、平松氏が41・04%だった。>そうです。およそ6対4です。「維新圧勝」と報道されていましたが、「圧勝」と言う程でもありません。

 

2)橋下氏は<「まずは既存の政党と話し合いたい。>と述べたそうですが、大阪維新の会も既存の政党ですからね。そして知事や市長は体制側・権力者です。

 

3)橋下氏は<「都知事は維新から出すことは考えていない。元気な若い世代に引き継いでいく」>と述べたそうです。

ここは自分達だけで地位を独占せずに若い世代に引き継ぐのかな とも思えますが、そうすることで仮に次の大阪都知事が(経済的な)成果を上げられなくても、都構想のせいではなく都知事の政策のせいにできます。上手く責任逃れをしているように見えるのですが。

 

4)<実現すれば維新はいったん解散する>と述べたそうですが、解散後の維新のメンバー(烏合の衆)は、どうするのでしょうか。

 

5)大阪市役所の職員に対して、<民意を無視する職員は市役所から去ってもらう>と述べたそうです。

行政権(憲法65条)の趣旨は、福祉主義による迅速・円滑な行政運営です。

選挙で選ばれていない行政職員にも裁量権があります。

大阪市の職員の皆さんには、裁量の範囲内で福祉削減に抵抗して頂きたいです。

「憲法(尊重擁護義務、99条)を無視する首長(公務員)は役所から去ってもらう。」と言いたいです。

 

6)議会へのリコール(解職請求)ですが、<「リコール(解職請求)は考えていない。ノーサイドにして話し合う」>、<「それでも解決できなければもう一度民意を問うこともあり得る」>と言う橋下語を日本語に翻訳すると、「数か月様子を見て、リコール」という意味です。

 

結局、大阪の「お笑い100満票」が「お笑い橋下劇場」に入っただけでしょう。「理屈」ではなく「気分」なのでしょう。

「不断の努力」(憲法12条前段)によって「自由及び権利」(同条)を保持するために、これからも大阪維新の会の監視を続けて行きます。

 

おわり

 

(関連記事)

拙ブログ「大阪府知事・市長選挙(2011年11月27日)」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-53d7.html

 

2011年12月 4日 (日)

「住宅地の中心で反原発を叫ぶ」

「住宅地の中心で反原発を叫ぶ」

 

2011年7月某日に日本共産党が反原発の講演会のお知らせと赤旗の購読を拡声器を使って告知していました。

音が悪くて何を言っているのかほとんど聞き取れませんが、頑張って聴いたら「日本共産党」、「赤旗」という単語だけ聞き取れました。

ここの所何日か来ています。

いつものように拡声器を積んだ軽自動車で来ていたのでしょう。

追いかけて行って止めるように言おうかなとも思ったのですが、あきらめました。

とろとろ走っているように見えても自動車は自動車です。

徒歩では追いつけません。

 

そもそも選挙運動期間以外に拡声器をつかった街宣活動について、公職選挙法は規制していないというのが変な話です。

これだとほとんど毎日拡声器をつかった街宣活動をしても良いという事になります。

 

私の住んでいる所では、今の季節は雨の日や曇りの日は、窓を開けて扇風機を付ければ丁度良く、本来は冷房が必要ないのです。

それにもかかわらず、反原発を求める日本共産党のせいで冷房をつけなければなりません。

彼等は原発推進派なのでしょうか。

拡声器騒音(ごとき)も無くす事が出来ない今の日本社会には、核兵器や原発を無くすことは不可能です。

 

おわり

 

関連記事

「原発ストップ:どうする夏の電力/中 「オール電化住宅」戸惑い」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-2a5a.html

 

« 2011年11月27日 - 2011年12月3日 | トップページ | 2011年12月11日 - 2011年12月17日 »

ウェブページ

無料ブログはココログ