2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 番組とテレビCMの音量差を解消!来年10月から | トップページ | 「拍子木うるさい」防犯パトロールのボランティアを殴った容疑 男逮捕 奈良 »

2012年1月15日 (日)

「「たねまきジャーナル」(2011年12月30日)の感想」

「「たねまきジャーナル」(2011年12月30日)の感想」

 

MBSラジオ「たねまきジャーナル」(2011年12月30日17時30分から)を聴いたので、記憶を頼りに感想を書きます。

(なお、この日の放送は年末の特別番組だからこの時間に放送しているだけで、普段は21時から22時までです。)

 

1)18時30分頃から平松邦夫氏、吉冨有治氏(ジャーナリスト)登場。

平松氏は司会の水野晶子アナウンサーの上司だったのですね。

「(テレビの公開討論会の)土壇場キャンセルはなぜ?」という質問。「選対本部から出ないでほしい、と言われ、それを突っ切る迫力がなかったから。苦渋の決断。」

 

ここを突っぱねて欲しかったです。立候補者(主役)は平松氏ですからね。選挙対策本部はわき役に過ぎません。部外者には分からない様々なしがらみがあるのでしょうか?投票日直前に討論キャンセルの報道はマイナスイメージです。

 

平松氏がシンクタンクを立ち上げるかもしれないという事について、水野アナ「シンクタンクって、考えるだけでしょう?」

あのねえ・・・

 

平松氏「(震災後に)いまだに新自由主義みたいな事を言っている人がいる。」

 

こういう事を選挙運動(テレビやブログやツイッターを含む)でもっとアピールして欲しかったです。

 

平松氏「(橋下氏について)こんなに取材しやすい人はいない。ネタがなくても何かスパーンと言ってくれる。(橋下氏に)マイナスになる事も含めて。」

 

2)質問「既存政党(自民党・民主党)に支援を求めた事について、反既存政党の票が橋下氏に流れたのでは?」

平松氏「勝手連にしたらそうなった。」

吉冨氏「(自民党・民主党について)中央と府会・市会に温度差が」

平松氏「自民党・民主党の市会議員さんは、よくやってくれた。街の反応は、ものすごく良かった。既存政党に存在感は無い。」

 

結局良く分からない答えです。

 

吉冨氏「労働組合は政治活動(選挙活動)をするべきではない。労働運動(待遇改善)に徹するべき。」

「情報公開が進んだから不祥事が出てきた。」(どなたの発言なのか分かりません)

 

大阪府・市の職員の労働組合が「勤務時間外に」政治活動するのはそれほど批判されるような事でしょうか?(勤務時間内なら懲戒の対象になり得るでしょう。)組合員同士でまとまり特定の候補者へ投票するというのはあり得ると思うのですが。(一般市民への投票依頼は公選法違反でしょう。)それが労働条件の改善につながるなら、間接的ですが一つの方法だと思うのですが、どうなのでしょう?

 

ある方に地方公務員法36条について教えて頂きました。

 

地方公務員法<(政治的行為の制限)

第三十六条  職員は、政党その他の政治的団体の結成に関与し、若しくはこれらの団体の役員となつてはならず、又はこれらの団体の構成員となるように、若しくはならないように勧誘運動をしてはならない。

  職員は、特定の政党その他の政治的団体又は特定の内閣若しくは地方公共団体の執行機関を支持し、又はこれに反対する目的をもつて、あるいは公の選挙又は投票において特定の人又は事件を支持し、又はこれに反対する目的をもつて、次に掲げる政治的行為をしてはならない。(以下略)>

 

平松氏「(労組の選挙活動について)一事が万事(ほとんど全員が関わっている)なのか、一部の突出した人がしているのか検証されていない。」

 

3)次のやり取りは、平松氏の発言です。

おっちゃん「あんた4年間で何したんや!」

平松氏「借金を4000億円減らしました。」

おっちゃん「(ぽかーんとして)そんなんテレビで言うてへんで。」

 

コントみたいなやり取りですが、多くの方の認識はこのような感じなのでしょう。このような成果をもっとテレビ等でアピールしたり、ツイッター等で流せばよかったと思います。

 

平松氏「水道事業決裂が(橋下氏との)不仲の原因。」

「区長は初め「公選」だったのに「公募」になった。」(どなたの発言なのか分かりません。)

平松氏「しんどいと思っていた以上にしんどかった。市民共同に応えて下さった市民の皆さんがたくさんいた。」

最後の平松氏のリクエスト曲は河島英五「時代おくれ」

下記に動画へのリンクを貼ります。番組終了です。

 

4)下記の関連記事にもあるように、「たねまきジャーナル」の収録後に平松氏が激高したという新聞記事がありました。この件についても質問して欲しかったです。

関係無いのですが、「たねまきジャーナル」の水野晶子氏と「はやみみラジオ」の水野晶子氏が同じ方だという事に今頃気付きました。

「たねまきジャーナル」は京都大学の助教・小出裕章氏の出演もあるとても良い番組です。放送が関西のみなのがもったいないです。

 

おわり

 

(参考動画)

「河島英五(37才)「時代おくれ」」

http://www.youtube.com/watch?v=qSw05db92BI

 

(関連記事)

「たねまきジャーナル(2011年11月22日)平松氏と橋下氏の討論会」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-f519.html

 

「たねまきジャーナル(2011年11月23日)平松氏と橋下氏の討論」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-3692.html

 

« 番組とテレビCMの音量差を解消!来年10月から | トップページ | 「拍子木うるさい」防犯パトロールのボランティアを殴った容疑 男逮捕 奈良 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/43728758

この記事へのトラックバック一覧です: 「「たねまきジャーナル」(2011年12月30日)の感想」:

« 番組とテレビCMの音量差を解消!来年10月から | トップページ | 「拍子木うるさい」防犯パトロールのボランティアを殴った容疑 男逮捕 奈良 »

ウェブページ

無料ブログはココログ