2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 隣人に「死ね、コラ」?“騒音おばさん”、法廷でCD-ROM再生され… | トップページ | 「報道ステーション・サンデー(2012年1月15日)の感想」 »

2012年1月29日 (日)

隣家夫婦の性生活で「騒音訴訟」、プライバシー侵害と却下

CNN(2011.07.14)より

http://.cnn.co.jp/fringe/30003379.html

 

(引用始め)

 

隣家夫婦の性生活で「騒音訴訟」、プライバシー侵害と却下

2011.07.14 Thu posted at: 17:44 JST

 

(CNN) 南米ブラジルの地方裁判所は14日までに、マンションに居住する夫婦の性生活に伴う騒音がうるさいとした隣人男性の苦情申し立てを却下、2人のプライバシーを侵したとしてそれぞれ約3200米ドル相当の賠償金を支払うことを命じた。
対抗の意義申し立てを行った夫婦側の勝訴となっている。夫婦は、問題解決は当事者間のみで図るべきだとも主張していた。
リオデジャネイロ市郊外のマンションを舞台にした訴訟騒ぎで、ノバ・フリブルゴ裁判所の声明によると、隣人の男性は夫婦は「売春宿や路上そばのモーテル」のみで許容される騒音を出していると主張。このような振る舞いはマンションの他の住民のイメージをも損なうものともしていた。
今回の苦情申し立ては、
マンションの隣人問題などを管理する委員会と共に行われていた。
賠償金支払いなどを命じた判断の中で判事は、隣人男性の主張は不当、過度で、夫婦の評判をおとしめるものと述べた。

 

(引用終わり)

 

ブラジルのお話です。

何というか、外国の裁判はコミカルな印象を受けます。

原告(訴えた方)が被告(訴えられた方)に対して<約3200米ドル相当の賠償金を支払うことを命じた。>そうです。

現在(2012年1月)、1ドルは約77円だそうです。

という事は、賠償額はおよそ24万円(3200×77円)になります。

ブラジルには<マンションの隣人問題などを管理する委員会>という近隣問題解決の専門の機関があるという事ですね。

近隣問題解決に関しては、ブラジルは日本よりも進んでいるという事でしょうか。

 

おわり

 

« 隣人に「死ね、コラ」?“騒音おばさん”、法廷でCD-ROM再生され… | トップページ | 「報道ステーション・サンデー(2012年1月15日)の感想」 »

拡声器騒音・文化騒音」カテゴリの記事

近隣騒音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/43719660

この記事へのトラックバック一覧です: 隣家夫婦の性生活で「騒音訴訟」、プライバシー侵害と却下:

« 隣人に「死ね、コラ」?“騒音おばさん”、法廷でCD-ROM再生され… | トップページ | 「報道ステーション・サンデー(2012年1月15日)の感想」 »

ウェブページ

無料ブログはココログ