2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 狙われる室外機、九州などで今年920台盗難 | トップページ | 追跡2011ひろしま:国道2号騒音訴訟判決から1年 「安心できる日いつ」 /広島 »

2012年1月20日 (金)

大津波警報“防災無線で”58%

NHKニュース(2011年12月26日)より、長いのですが全文引用します。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111226/k10014914161000.html

 

(引用始め)

 

大津波警報防災無線で58%

1226 1640

 

東日本大震災の被災者が当日、「大津波警報をどうやって知ったか」を聞いたところ、「防災無線の屋外にある拡声器」と答えた人が58%と最も多いことが分かりました。

国土交通省は、東日本大震災の被災者1万人を対象に、地震発生直後からどう行動して避難したかを詳 細に聞き取る調査を進めていてこれまでにまとまった5000人分の結果を公表しました。このうち「大津波警報をどうやって知ったか」を聞いたところ、「防災無線の屋外にある拡声器」と答えたが58.2%に上り、最も多くなりました。次いで、「ラジオ」が27.8%「警察や消防の人」が9.1%、「家族や近所の人」は8.1%、「テレビ」も7.8%、「ワンセグ」は3.8%でした。また、地震発生から日没までの間、情報を得るのに役立ったものを尋ねたところ、「ラジオ」が40.4%で最も多く、次に多い回答は、「役に立ったものはなかった」が25.3%、「家族や近所の人」が 24.6%と続き、震災の当日、被災者に情報が届かなかったことが改めて浮き彫りになりました。一方、地震のあと、津波が押し寄せるまでの間、避難しようと思ったかどうか聞いたところ、75%の人は「避難しようと思った」と答えました。しかし、20.1%の人は、「避難しようとは思わなかった」と答え、この人たちにその理由を尋ねたところ、「過去の地震でも津波は来なかった」と答えた人が45.4%と最も多く、次いで、「海から離れた場所にいた」が 40.3%、「様子を見てからでも大丈夫だと思った」が14.7%、「津波の恐れのない高台にいると思った」が12.7%などでした。また、今回の調査では、リアス式海岸の地域と平野部での防災意識の違いも明らかになりました。「地震の揺れのあと、大津波警報を聞く前に自分がいる場所に津波が来ると思ったか」を聞いたところ、石巻市より北側のリアス式海岸の地域では、「必ず来ると思った」と、「来るかもしれないと思った」人は合わせて65.4% だったのに対し、石巻市より南側の「平野部」では41.3%で、過去に何度も被害に遭ったリアス式海岸の地域の方が津波に対する防災意識が高かったことも裏付けられました。

 

(引用終わり)

 

1)東日本大震災において、津波警報を知った手段として<「防災無線の屋外にある拡声器」と答えた人が58%と最も多い>そうです。

東日本大震災で屋外式の防災無線は停電や海水により破損し役に立たなかったという記事が多かったのですが、この記事によると、役に立ったようです。

当たり前と言えば、当たり前です。

そのために設置しているのです。

試験放送をどうするかという問題です。

「ワンセグ」は3.8%>とかなりの少数派です。

今後増えて行くのでしょう。

 

2)<地震発生から日没までの間、情報を得るのに役立ったものを尋ねたところ、・・・「ラジオ」が40.4%・・・「役に立ったものはなかった」が25.3%、>だったそうです。

AMかFMかは分かりませんが、ラジオは強いという事です。

「役に立ったものはなかった」>と答えた人も結構多かったです。

災害時の情報提供についての課題は山済みです

 

おわり

 

« 狙われる室外機、九州などで今年920台盗難 | トップページ | 追跡2011ひろしま:国道2号騒音訴訟判決から1年 「安心できる日いつ」 /広島 »

拡声器騒音・文化騒音」カテゴリの記事

防災行政無線放送」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/43574175

この記事へのトラックバック一覧です: 大津波警報“防災無線で”58%:

« 狙われる室外機、九州などで今年920台盗難 | トップページ | 追跡2011ひろしま:国道2号騒音訴訟判決から1年 「安心できる日いつ」 /広島 »

ウェブページ

無料ブログはココログ