2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 記者の目:名張毒ぶどう酒事件から半世紀 | トップページ | 藤川氏超え? 新人市議は26歳「タレント」 ぶっちぎり独占取材! »

2012年2月24日 (金)

「「拝啓 大阪府知事橋下徹様 あなたは日本を変えてくれますか」の感想」

「「拝啓 大阪府知事橋下徹様 あなたは日本を変えてくれますか」の感想」

 

「拝啓大阪府知事橋下徹様 あなたは日本を変えてくれますか」(倉田薫、情報センター出版局、2011年8月、820円、新書本)を今頃ですが読んだので、感想を書きます。

先(2011年11月27日)の大阪府知事選挙で惜しくも落選した元池田市長の倉田薫氏の著書です。

 

1)この本の方向性は、例えば、<私は橋下知事の政治的センスを買っております。>(P100)に見られるように、倉田氏は橋下氏について、手法は荒いが目指す政策については概ね賛成している様子です。

そして、何かある度に倉田氏は橋下氏に手紙を渡して助言をしていたのですね。知りませんでした。それに対して、橋下氏から返事は来ていないようなので橋下氏が手紙を読んでいるのかどうかも分かりません。

 

2)P98から、平松邦夫氏との対談も収録されています。

 

3)気になる個所があります。P128より、東日本大震災において、<関西に被害はありませんでした。>との事ですが、咲洲庁舎は地震によって壁や天井が崩れたり、エレベーターに閉じこめられた職員がいましたよね。ここに触れないというのは、私には意図的に隠しているとしか思えません。

 

4)また、橋下氏が大阪府の借金を増やした事については、何も書かれていません。この本が書かれた時期の問題でしょうか?

どこまで本気で書いているのか分かりませんが、「橋下総理待望論」(P144)まで出てきます。

 

5)全体的に橋下氏礼賛本です。公平性を装うために平松氏との対談を収録している感じです。もう少し早く(選挙前に)読んでおくべき本でした。

 

おわり

 

(関連記事)

「密着ルポ:11大阪ダブル選 知事選 倉田薫候補」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-c16f.html

« 記者の目:名張毒ぶどう酒事件から半世紀 | トップページ | 藤川氏超え? 新人市議は26歳「タレント」 ぶっちぎり独占取材! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

橋下氏の問題点の一つは、最初からそれを狙っていたとは思えない
変心ぶりです。
大阪府知事になった直後は、それなりに府民の立場に立っていたと思います。
しかし、そのうち「権力者」として、より大きなものを目指していると思います。
自分がいくら檄を飛ばしても届かない大阪市、その位置を狙い、
さらには国政です。
結局は権力が欲しいのかな、としか思えません。
「大大阪」ってなんですか。文化も何もない、やたら競争が激しく、
ぎすぎすしてて。
「いい大阪」目指してくださいよ。
市長は経営者じゃないですよ。
市長は市民の声を聞く人ですよ。
選挙で橋下氏に入れた人は入れっぱなしなだけな層じゃないでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/44225403

この記事へのトラックバック一覧です: 「「拝啓 大阪府知事橋下徹様 あなたは日本を変えてくれますか」の感想」:

« 記者の目:名張毒ぶどう酒事件から半世紀 | トップページ | 藤川氏超え? 新人市議は26歳「タレント」 ぶっちぎり独占取材! »

ウェブページ

無料ブログはココログ