2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 「朝まで生テレビ(2012年1月27日)の感想」 | トップページ | 「東日本大震災から一年(橋下徹氏)」 »

2012年3月16日 (金)

梅田駅火災:非常放送流れず 報知器と未接続

毎日新聞HP(2012225日)より

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120225k0000e040132000c.html

 

(引用始め)

 

梅田駅火災:非常放送流れず 報知器と未接続

 

 大阪市営地下鉄御堂筋線梅田駅(同市北区)で22日に起きた火災で、市交通局は24日、火災発生時に自動音声で駅構内に火災を知らせる非常放送が流れなかったと発表した。火災報知機が作動すると自動的に放送が流れる仕組みだが、報知機が放送設備に接続されていなかったことが原因。接続端子が人為的に外されていた可能性があり、同局が詳しい経緯を調べている。

 同局によると、通常は火災報知機が作動すると、ケーブルでつながれた駅長室の非常放送設備に情報が伝わり、5分後にホームや改札付近に自動的に非常放送が流れる。しかし、改札付近にあるテナントの関係者が「非常放送が流れなかった」と22日夜に指摘。同局が確認したところ、ケーブルをつなぐ端子が外れていた。

 非常放送設備は10年9月に設置。以後、消防法に基づいて半年ごとに点検しているが、接続状態は項目になかった。非常放送の試験もしておらず、いつから端子が外れていたのかは不明。端子の接続部分はふたで覆われ、普段駅員が操作することはないといい、工事などで端子を外さなかったかを調査する。

 この火災では、駅員がスピーカーによる業務用放送で火災発生を知らせており、交通局は「実害はなかった」としている。ただ、改札外の一部エリアでは火災の発生が伝わっておらず、火災の勢いが強ければ大惨事につながった可能性もある。

 同局は今後、市営地下鉄・ニュートラムの全133駅を点検する。M・鉄道事業本部長は「今後は点検の方法や項目を見直したい」と陳謝した。【津久井達】

毎日新聞 2012225日 854分(最終更新 225日 857分)

 

(引用終わり)

 

先日、地下鉄梅田駅で発生した<火災発生時に自動音声で駅構内に火災を知らせる非常放送が流れなかった>そうです。

普段は電車内や駅構内で余計な注意放送をしていても、本当に必要な時には放送されない・役に立たないという事例が多いです。

東日本大震災の時の防災無線も同じです。

役に立たなかった事例のみが報道されているのかも知れませんが。

火災に関しては<非常放送の試験もしておらず>との事なので、この事件を機に火災のついての注意放送を開始する可能性もあります。

火災の原因が作業員の煙草の火の不始末だという情報があります。

それが事実なら失火と火災による被害との間の因果関係の判断に緊急時の放送が流れなかったという事情は考慮されるのでしょうか。

なお、大阪市営地下鉄は下記の参考文献「24 車内広告放送と「とらわれの聴衆」の問題があります。

 

おわり

 

(参考文献)

「24 車内広告放送と「とらわれの聴衆」(「別冊ジュリスト憲法判例百選Ⅰ(第5版)」(有斐閣、2007年)のP50、51)

 

(参考サイト)

「内心の静穏の権利」

http://www5a.biglobe.ne.jp/~kaisunao/seminar/706seion-ken.htm

 

« 「朝まで生テレビ(2012年1月27日)の感想」 | トップページ | 「東日本大震災から一年(橋下徹氏)」 »

嫌煙権」カテゴリの記事

拡声器騒音・文化騒音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/44430507

この記事へのトラックバック一覧です: 梅田駅火災:非常放送流れず 報知器と未接続:

« 「朝まで生テレビ(2012年1月27日)の感想」 | トップページ | 「東日本大震災から一年(橋下徹氏)」 »

ウェブページ

無料ブログはココログ