2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 「「絶対弱者―孤立する若者たち」の感想」 | トップページ | 大阪市営地下鉄:火災感知また放送なし 助役喫煙で遅れ »

2012年4月 7日 (土)

精神医療センターの患者重傷:院長と看護部長、県が戒告処分 /新潟

毎日新聞HP(2012331日)より、新聞記事を保存します。

http://mainichi.jp/area/niigata/news/20120331ddlk15040013000c.html

 

(引用始め)

 

精神医療センターの患者重傷:院長と看護部長、県が戒告処分 /新潟

 

 県は30日、県立精神医療センター(長岡市)で入院患者が肋骨(ろっこつ)骨折などの重傷を負った問題で、職場の管理運営に問題があったとして和知学院長と女性看護部長を戒告処分にした。

 昨年7月、30代の男性入院患者が左右の肋骨など計10カ所の骨折や腹部の打撲などの重傷を負っていることが発覚。今月27日に第三者調査委員会が「看護師が関与した疑いがある」とした報告書を県病院局に提出した。

 県は処分理由を「入院患者の負傷につながるような組織風土を看過してきたことは、指導監督不適正であった」としている。

 調査委の調査では、患者を負傷させたのが誰かは不明。県は全容解明のためセンターを刑事告発することも検討している。【小林多美子】

毎日新聞 2012331日 地方版

 

(引用終わり)

 

また精神科の病院で患者に対する暴力事件が起きたようです。続報を待ちます。

このような事が起きないように「精神医療オンブズ制度」があったのですが、大阪府では橋下徹氏が知事の時に廃止しました。大阪府でもこのような事件が起きる(起きている)かもしれません。

 

おわり

 

« 「「絶対弱者―孤立する若者たち」の感想」 | トップページ | 大阪市営地下鉄:火災感知また放送なし 助役喫煙で遅れ »

憲法・人権」カテゴリの記事

精神科医療・福祉・自殺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/44752984

この記事へのトラックバック一覧です: 精神医療センターの患者重傷:院長と看護部長、県が戒告処分 /新潟:

« 「「絶対弱者―孤立する若者たち」の感想」 | トップページ | 大阪市営地下鉄:火災感知また放送なし 助役喫煙で遅れ »

ウェブページ

無料ブログはココログ